放射能に向き合う日々

やはり福岡県民は情が薄いのか?

福岡市の九州最大と称されるアウトレットモール、マリノアシティ福岡に開設が予定されていた福島応援ショップが、「放射能汚染が広がる」という批判メールが相次いで寄せられたことを理由に、中止となった。

・東日本大震災:福島応援ショップ中止 批判メール相次ぎ--福岡 ◇「農産物持ち込むな」「不買運動起こす」毎日新聞 2011年9月10日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110910dde041040027000c.html

・反応複雑…福島応援ショップ出店中止の福岡市民(2011年9月9日10時20分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110909-OYT1T00246.htm

・農産物販売所の開店断念 福島産、抗議メール相次ぎ(2011年9月8日)共同通信
http://www.47news.jp/47topics/e/220015.php

共同通信の記事がもっとも詳しいが、その記事によると、
「開設場所の、マリノアシティ内の農産物直売所「九州のムラ市場」から開設者の福岡市の市民団体「ふくしまショッププロジェクト」に「メールの問題で上からストップがかかった。出店を見送ってほしい」と連絡があったという」ことらしい、
「マリノアシティ福岡を運営する福岡地所(福岡市)は「反対意見や問い合わせがあったのは事実だが、開店中止はテナントとしての収益性を判断した」と強調した。」ということであるから、察するに他のテナントの売り上げ減少を恐れて福岡地所が開設にストップをかけたということだろう。

はっきり言って、この反応は過剰反応であり、偏見で福島県民の心を傷つけているものと言わざるを得ない。

以下の福島県の発表を見れば解かるように、もう福島県の農産物から放射能が検出されるのは、キノコや牛肉、水産物といったものに限定されており、ほとんどの農産物からは全く放射能が検出されていない。福島県における農産物の放射能検査は一桁のBQ/kgまで計測できる高い精度のものであり、50Bq/kg以下は計測できず検出せずと決め付けてしまう東京都や千葉県の検査よりはずっとしっかりしたものであることから、「福島県のほとんどの農産物は放射能汚染の恐れは無い」と断言して良い。

・原子力発電所事故による農産物被害等関連情報 福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23692

同じような事件である、京都の五山送り火で被災地の松が使用中止になったケースがあるが、この時は一度京都市が中止のコメントをした直後に京都市民から中止に対する抗議・非難の電話が殺到し、再度市は使用の検討をすることとなった。

・五山送り火被災松使用中止 抗議・非難の電話殺到2011.8.9 01:23 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110809/trd11080901240001-n1.htm

結果としては、当初予定していた被災者の祈りのコメントを記載した札の代わりに、被災地の松を表皮つきのまま持ち込んで使用することを検討することになり、念のためにその松の放射能を検査したところ、表皮から放射能が検出されて、最終的には使用中止の決断が下された。それでも京都在住の一部の識者からは中止に対する批判コメントが寄せられたのである。

 翻って、福岡市の今回のケースを考えてみると、京都市の場合と異なり、応援ショップを中止にしたと思われる福岡地所や九州のムラ市場に対して批判や抗議が寄せられているというは無いようだ。新聞各紙の記事も中止の意見をなんとなく肯定してしまっているようである。

 良く考えてみれば、震災地に乗り込んで「何もしないぞ」と言い放って日本中から顰蹙をかった松本龍元震災復興担当相は福岡県選出の国会議員である。

・【松本担当相発言】松本龍震災復興担当相の発言要旨(3~4日)2011.7.5 00:22 (1/2ページ)MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110705/plc11070500230000-n1.htm

 私としては「やはり福岡県民は情が薄いのか」という疑いをもたざるを得ない。

 確かに、福岡にも、震災地を支援するために一生懸命に活動している人が多いということは否定しない、現に「ふくしまショッププロジェクト」が市民の手で立ち上げられようとしていたのだから。

 問題は、そうした活動をしている人たちの周辺や、福岡県民全体の中に「何の根拠もなしに福島県産の産品を拒否することは、福島県民を見捨てるような行為であり、恥ずべきことだ」と考える普通の人たちが少ないということである。そこが千年の都である京都との決定的な大きな差である。

 それにしても、九州に済む者として「九州人は冷たい」と思われたままでは恥ずかしい。

 私としては「もうわたしはマリノア福岡には行きません」宣言をするというところから始めようと思う。良く考えもせずに偏見で福島県民の心を傷つけてしまうような人たちが一番大切なお客だというのであれば、私はマリノア福岡にとって「大切なお客ではない」ということだからだ。

 あなた自身はどうだろうか。

 福岡地所はこの件については、何もホームページで説明を行っていない、被災地へのお見舞いの言葉をしらじらしく載せているだけである。

・福岡地所50周年事業東日本大震災復興支援チャリティ企画劇団四季ミュージカル「ウィキッド」親子ペア招待実施報告 2011.08.26 福岡地所
http://www.fukuokajisho.com/news/110826.html

・福岡地所ホームページ
http://www.fukuokajisho.com/index.html
→「この度の東日本大震災に際し、心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。」というコメント有り。

・マリノアシティ福岡ホームページ
http://www.marinoacity.com/

 今日のニュースで愛知県の日進市の祭りで、福島の花火が拒否されたという事件が取り上げられていた。これも「不安を訴える声が市民からよせられたから」ということである。
・福島の花火、苦情で打ち上げず 愛知・日進市の祭り2011.9.19 13:44
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110919/dst11091913470009-n1.htm

 こういった偏見の満ちた心無い人たちの声を公共機関や社会に責任ある企業が認めて行動してしまうことが続くようでは、日本社会はやがて崩壊してしまう。崩壊を食い止めるために少しでも心ある人たちは自分の思いを行動に移そうではないか。
[PR]



by touten2010 | 2011-09-19 23:46 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧