放射能に向き合う日々

福島第一原発についてあくまでも「汚染水の影響は港湾内」と言い張る安倍首相

東京へのオリンピック招致を決めるIOC総会で「状況は完全にコントロールされている」「汚染水は港内にブロックされている」と大嘘をついてしまった安倍首相だが、9月19日福島第一原発視察に訪れた福島で、「汚染水の影響は湾内の0.3平方キロメートル以内の範囲において完全にブロックされている」と重ねて強調している。

また、「汚染水による影響は、港湾内0.3平方km内で完全にブロックされているのは事実です。」とFacebookでも強調している。

発言を改める気はさらさら無いようだ。

前のブログで、何度か外洋に高濃度の放射性ストロンチウム(Sr-90)が流出したことはお示ししたが、百歩譲って現状を見ても、港湾口では放射性トリチウムが検出されているし、外洋と港湾の間に海水の出入りがあることは、東京電力が原子力規制委員会の汚染水対策検討ワーキンググループでで示した資料でも示されている。放射性トリチウム(H-3)は水分子の構成原子になっているから、海水の出入りがある以上港湾内の放射性トリチウムは外洋に流出しているはずで、「完全にブロックされている」はずがないことは、誰の目にも明らかだ。

子どもでも解るような間違いを、なぜ正しいと言い張り続けるのか。

自分の都合の悪いことにはどうしても向き合いたくないという姿勢が、一番不信を招くものなのだ。

首相がそのような姿勢を改めない限り、最近発動された韓国の東北産農林水産物輸入禁止措置のような、「不安を描き立てられた国民感情による過剰反応」が収まることは無いだろう。

福島第一原発5号機、6号機の廃炉を要請=安倍晋三首相
The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月19日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/19/fukushima-daiichi-decommission-of-unit-5-6_n_3952393.html?utm_hp_ref=japan

汚染水、東電が「今の状態はコントロールできていない」 安倍首相の「国際公約」と食い違い
The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月14日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/13/abe_tepco_polluted_water_n_3923939.html

第5回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ
資料1タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況と対策
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi_wg/data/0005_01.pdf
p.20に今年8月19日採取分で港湾口で68Bq/lのトリチウムが、検出されていること、
同日採取分で港湾外の北側(図では左側)岸近くで、5.4Bq/lのトリチウムが検出されていることが示されている。
p25で港湾口は海水が出入りしていることが図示されている。
[PR]



by touten2010 | 2013-09-20 06:42 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧