放射能に向き合う日々

福島第一原発の護岸近くの地下水位が上昇し地表面に到達、港湾に高汚染水が流れ込む恐れ


福島第1原発の護岸近くで、台風16号の降雨で地下水の水位が上昇し、地表面に達したことから、高放射能汚染地下水が雨水と混じって港湾に流れ込む恐れが出てきた。

地下水上昇、地表面に=台風16号の降雨で-福島第1
jiji com
2016/09/21
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092100015&g=eqa

護岸近くの地下水は、最近でも数十万BQ/Lの全β線が計測されるなど、極端に高い放射能に汚染されている。

このような汚染水が海に流出したらどうなるか?

恐ろしい限りだ。


2016年9月17日
東京電力ホールディングス株式会社
福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/2tb-east_16091701-j.pdf
地下水観測孔

全β線 
No.1-6 380,000BQ/L
No.1-17 110,000BQ/L
1,2号機
ウェルポイント汲み上げ水 240,000BQ/L
[PR]



by touten2010 | 2016-09-21 07:39 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧