放射能に向き合う日々

カテゴリ:全般( 82 )




韓国が脱原発宣言

韓国の文(ムン)在寅(ジェイン)大統領が19日、南東部、釜山(プサン)郊外で前日深夜に運転を終了した古里(コリ)原発1号機を訪れ演説し、原発政策を全面的に見直して原発中心の発電政策を破棄し、「脱原発に進む」と宣言したと報道されている。


2017.6.19 11:27更新
【韓国新政権】
文在寅大統領が脱原発宣言、新規計画「全面白紙化」 福島原発事故にも言及「安全でも、安くも、環境に優しくもない」
産経
http://www.sankei.com/world/news/170619/wor1706190022-n1.html


韓国大統領、原発新設計画を白紙化 「ポスト原発の時代へ扉開く」
2017年06月19日 15:15 
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3132570


AFPによると、文氏は、脱原発を選挙公約として掲げ、エネルギー源としてより安全で環境に配慮した太陽光や風力などの利用を進めるとし、先月の大統領選で大勝した。


「文大統領は、人口密度の多い韓国では多くの原発が住宅地の近くに位置していると指摘し、メルトダウンが起きれば「想像を絶する結果」をもたらしかねないと警告。「韓国は地震のリスクから逃れられない。地震が原因で原発事故が起きた場合、壊滅的な影響を与えかねない」と語った。」(AFP)と報道されているが、こうした事情は日本も全く同じだ。

選挙で脱原発へ国の方向転換を図ることが可能であるということが、また一つ明らかになった。


日本国民も、韓国の国民を見習うべきだ。


[PR]



by touten2010 | 2017-07-06 07:32 | 全般 | Comments(0)

5月12日に衆議院は日印原子力協定を承認するな!院内集会が衆議院第一議員会館で開催されます、

日印原子力協定国会承認反対キャンペーンのFacebookが立ち上がっています。


日印原子力協定国会承認反対キャンペーン
https://www.facebook.com/NoNukesWithIndia/

ピースボート
http://peaceboat.org/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/npfree_india_2017_flyer.pdf


5月12日に衆議院は日印原子力協定を承認するな!院内集会が衆議院第一議員会館で開催されます、


[PR]



by touten2010 | 2017-05-09 07:44 | 全般 | Comments(0)

オランダ鉄道が全列車の発電運行を1年前倒し実現

オランダ鉄道(NS)が今月から、運行する全ての列車を風力発電による電力で動かしていることがAFPの取材で分かったという。列車を運行する電力を100%風力で賄うのは世界初ということだ。

オランダの列車、全て風力発電で運行 1年前倒し実現
2017年01月11日 11:11 発信地:ハーグ/オランダ
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3113680

NSは1日当たり約5500便の列車を運行しており、1日当たり約60万人の乗客が電源を全て風力発電とする列車で移動できるようになったとのこと。

風車1基で1時間発電すると、列車1編成を約200キロ走行させられるということだ。


原発廃炉費用や原発事故の賠償費用を、原発以外の電力を生産する新エネルギー事業者に負わせる「新エネルギーいじめ」を経産省が行い、政府が再生可能エネルギー発電の発展を妨害している日本と、オランダは大違いだ。

新電力も廃炉費用負担 原発事業者優遇は納得できない 2016年09月13日(火)
愛媛新聞
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201609137383.html


京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム連載
原発廃炉・賠償費用は託送料に上乗せすべきか?
2017年1月12日 諸富 徹 京都大学大学院経済学研究科教授
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/occasionalpapers/occasionalpapersno12


[PR]



by touten2010 | 2017-01-13 07:24 | 全般 | Comments(0)

オランダ鉄道が全列車の発電運行を1年前倒し実現

オランダ鉄道(NS)が今月から、運行する全ての列車を風力発電による電力で動かしていることがAFPの取材で分かったという。列車を運行する電力を100%風力で賄うのは世界初ということだ。

オランダの列車、全て風力発電で運行 1年前倒し実現
2017年01月11日 11:11 発信地:ハーグ/オランダ
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3113680

NSは1日当たり約5500便の列車を運行しており、1日当たり約60万人の乗客が電源を全て風力発電とする列車で移動できるようになったとのこと。

風車1基で1時間発電すると、列車1編成を約200キロ走行させられるということだ。


原発廃炉費用や原発事故の賠償費用を、原発以外の電力を生産する新エネルギー事業者に負わせる「新エネルギーいじめ」を経産省が行い、政府が再生可能エネルギー発電の発展を妨害している日本と、オランダは大違いだ。

新電力も廃炉費用負担 原発事業者優遇は納得できない 2016年09月13日(火)
愛媛新聞
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201609137383.html


京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム連載
原発廃炉・賠償費用は託送料に上乗せすべきか?
2017年1月12日 諸富 徹 京都大学大学院経済学研究科教授
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/occasionalpapers/occasionalpapersno12


[PR]



by touten2010 | 2017-01-13 07:24 | 全般 | Comments(0)

川内原発一次停止を求めて当選した三反園鹿児島県知事が、一時停止に向け活動開始


今年7月10日に川内原発一次停止を求めて鹿児島県知事に当選した三反園鹿児島県知事が8月26日、県庁で九州電力の瓜生道明社長に、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)を直ちに停止するよう要請した。

三反園訓知事、川内原発の停止を九州電力に要請 「いったん止めて再点検を」
朝日新聞デジタル | 執筆者: 朝日新聞社提供
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/26/sendai-genpatsu_n_11731742.html

投稿日: 2016年08月27日


鹿児島知事に三反園訓氏が当選確実 元テレ朝コメンテーター
The Huffington Post | 執筆者: 中野渉
投稿日: 2016年07月10日
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/10/kagoshima-goverment-election_n_10913794.html


鹿児島県議会、声さまざま 三反園氏当選
2016年07月12日 00時14分 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima_prefecture_election/article/258318


鹿児島 三反園新知事の憂鬱、保守・反原発派に配慮
2016/7/18 3:30
日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04918670V10C16A7ML0000/


公約を果たすための第一歩として当たり前と言えば当たり前だが、「安全性のチェックのために一時停止させる」ことは、知事には権限がなく、電力会社にとってのコストアップ、九州全体への電気料金の高騰へのつながりかねないことから先行きは前途多難だ。

反「反原発」の産経新聞による「できるはずがない」キャンペーンなどにも対抗しないといけない。


【三反園ショック(上)】
「原発ばっかり、答えようがない」 当選後、報道陣振り切る三反園氏…九電「元の木阿弥」募る懸念
2016.7.12 産経West
http://www.sankei.com/west/news/160712/wst1607120009-n1.html


知事には、ここはひとつ問題を整理して対応し、川内原発停止に向けて活動してほしい。

反原発は票にならないといわれてきた中で、三反園知事が当選したのは、川内原発が事故をおこした際の避難計画が真面目に考えられていないことが大きい。


川内原発が再稼働した際も、立地市町村の薩摩川内市と薩摩川内市議会、鹿児島県知事と県議会の4者のみが合意しただけで、その他の周辺市町村の同意を取り付けずに再稼働に踏み切っている。


いちき串木野市議会が意見書可決
(2014-10-01)
http://373news.com/_kikaku/genpatsu/index.php?storyid=60245#news


川内原発、再稼働に市長と議会が同意
The Huffington Post
投稿日: 2014年10月28日
http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/28/sendai-nuclear-power-plant_n_6059484.html


「県民の命を守るために、川内原発が事故をおこした際の避難計画をきちんと立てる必要があり、そのために、避難計画がきちんとできるまでは川内原発を一時停止して欲しい」と訴えかけるのであれば、避難計画を立てる責任がある知事の言葉に誰も反論できないだろう。


そうすれば、まともな道がついていない川内原発一帯の地域で十分な避難計画が立てられる可能性は極めて低いことから、一時停止をそのまま永久停止につなげることは可能だし、それはまさに住民の命を守るために責任をもって知事が行うべき行動だ。


ものごとの理屈と順序をしっかりたてて知事には行動してもらいたい。














[PR]



by touten2010 | 2016-08-29 12:17 | 全般 | Comments(0)

消費者庁等が食品中の放射性物質に対する取り組みと検査のあり方を考えるリスクコミュニケーションを行う

消費者庁等が食品中の放射性物質に対する取り組みと検査のあり方を考えるリスクコミュニケーションを行う。

消費者庁が、内閣府食品安全委員会、厚生労働省及び農林水産省と共同で、平成28 年8月29 日(月)に福島県、9月2日(金)に東京都において、食品中の放射性物質に対する取組と検査のあり方を考える意見交換会を開催する。


平成28 年7月26 日
食品に関するリスクコミュニケーション
~食品中の放射性物質に対する取組と検査のあり方を考える~
開催及び参加者の募集について 消費者庁
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160726kouhyou_2.pdf


「原子力発電所事故以降5年が経過したことから、生産段階における低減対策や検査の実施状況等について情報共有するとともに、今後の食品中の放射性物質に対する取組と検査のあり方について、消費者、生産者、流通事業者、学識経験者、報道関係者及び行政担当者等の関係者によるパネルディスカッション及び参加者の皆様との意見交換を行います。」とのこと。


放射性物質検査を大幅に変えることが検討されているのだろうか。


[PR]



by touten2010 | 2016-08-07 23:23 | 全般 | Comments(0)

世界にとっての3.11後5周年とは、「終わらない福島第第一原発の悲劇」

世界中のマスコミが、東日本大震災5周年の記事として、福島第一原発事故による放射能汚染が続いていること、何十万人もの避難者がそのために帰れないこと等をとりあげた特集を掲載している。

日本のマスコミの5周年特集記事は「死者を悼む人たち」をメインにして、原発事故の影響の今は補足記事の扱いだが、世界の常識は「現在も続く悲劇」を感傷で片づけることなく、立ち向い解決していくことが一番重要だということだ。


Five years on, cleanup of Fukushima's reactors remains a distant goal
Justin McCurry in Fukushima
Friday 11 March 2016 00.00 GMT
Guardian
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/11/fukushima-daiichi-nuclear-reactors-decommission-cleanup-japan-tsunami-meltdown


Fukushima Keeps Fighting Radioactive Tide 5 Years After Disaster
By JONATHAN SOBLEMARCH 10, 2016
New York Times
http://www.nytimes.com/2016/03/11/world/asia/japan-fukushima-nuclear-disaster.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=photo-spot-region&region=top-news&WT.nav=top-news&_r=0


Fukushima Still Rattles Japan, Five Years After Nuclear Disaster
Nation debates reopening of reactors as it continues to grapple with costly cleanup and decommissioning
By
Mayumi Negishi and
March 9, 2016
Wall Street Journal
http://www.wsj.com/articles/fukushima-still-rattles-japan-five-years-after-nuclear-disaster-1457482830


Japan marks anniversary of nuclear disaster
CNN
Added on 3:16 AM ET, Fri March 11, 2016
http://edition.cnn.com/videos/world/2016/03/11/japan-fukushima-anniversary-ripley-cnni-nr-lklv.cnn/video/playlists/fukushima-nuclear-disaster/


Fukushima 5 years later: 2011 disaster by the numbers
From shorter days to debris still washing up on the coast, aftermath of the 'Great East Japan Earthquake'
By Bevan Hamilton, CBC(Canada) News Posted: Mar 10, 2016
http://www.cbc.ca/news/world/5-years-after-fukushima-by-the-numbers-1.3480914



[PR]



by touten2010 | 2016-03-12 23:30 | 全般 | Comments(0)

原発事故後の幽霊のタクシー乗車


英国のMedia MailOnline が、「原発事故後、津波の被害を受けた地域で、幽霊のタクシー乗車が体験されている」という見出しで記事を掲載している。


The ghost taxis of Japan: Cab drivers in tsunami zone report taking ‘phantom fares’ after nuclear disaster
By Sara Malm for MailOnline
21 January 2016
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3409747/The-ghost-taxis-Japan-Cab-drivers-tsunami-zone-report-taking-phantom-fares-nuclear-disaster.html


この記事によると、幽霊を見るということは、災害のPTSD症状の一つであるようだ。

この記事の元情報は、東北学院大学の学生が卒論の調査で震災後の被災地のタクシー運転手100人にインタビューしたところ、7人が幽霊を乗車させたことがあると答えたという。


被災地、タクシーに乗る幽霊 東北学院大生が卒論に
石橋英昭
2016年1月20日
http://www.asahi.com/articles/ASHDY737QHDYUNHB00B.html


この卒論は、東日本大震災からまもなく5年を前に、教養学部の金菱清ゼミナールでとりまとめられ、出版された『呼び覚まされる霊性の震災学』(新曜社)に掲載されており、それが元で新聞にとりあげられたということだ。


教養学部金菱清教授とゼミ生工藤優花さん、「呼び覚まされる霊性の震災学」で朝日新聞掲載
2016年01月20日
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/160120-1.html


このレポートは英国紙テレグラフに大きく取り上げられた。


Taxi drivers in tsunami disaster zone report 'ghost passengers'
As Japan prepares to mark fifth anniversary of magnitude-9 earthquake and tsunami, local people report spectral sightings across Tohoku
By Julian Ryall, Tokyo
Teleglaph
6:33AM GMT
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/12111749/Taxi-drivers-in-tsunami-disaster-zone-report-ghost-passengers.html


私は幽霊の存在は信じないが、死者の無念は受け止め、二度と同じことがおきないようにしなければならないことは確かだ。


[PR]



by touten2010 | 2016-01-24 22:45 | 全般 | Comments(0)

核戦争の危機は冷戦時より高まっていると元米国国防省高官が語る


地域紛争における核による破滅の危機は、米ソの冷戦当時より高まっている、その破滅の要因は、テロリストの攻撃や事故、計算外の出来事などによると、元米国国防省のWilliam Perry氏が語っている。

Nuclear weapons risk greater than in cold war, says ex-Pentagon chief
William Perry lists a series of factors that he says mean the chance of a ‘calamity’ is higher today than in the 1970s and 80s
Julian Borger World affairs editor
Thursday 7 January 2016 The guardian
http://www.theguardian.com/world/2016/jan/07/nuclear-weapons-risk-greater-than-in-cold-war-says-ex-pentagon-chief


サイバーアタックなどもその要因として含まれるようだ。

核兵器をすべてこの世界から廃絶してしまわない限り、「朝起きたら核兵器の誤作動により世界が終っていた」という悪夢が明日にでも起きかねないということだ。


[PR]



by touten2010 | 2016-01-10 22:40 | 全般 | Comments(0)

米の核開発専門家が日本の再処理工場稼働によるプルトニウム生産に反対の声を上げている


原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出す「核燃料サイクル政策」について、6日夜、東京都内で開かれたシンポジウムで、米ホワイトハウスや国防総省などで核政策に携わってきた専門家4人が、青森県六ケ所村で日本原燃が建設中の使用済み核燃料再処理工場を稼働させないよう訴えたと報道されている。


「再処理工場稼働によって毎年生産される最大8トンのプルトニウムは、(長崎型原爆1千発分以上に該当)東アジアの安全保障を悪化させる」との声があり、核燃料サイクルの不経済性についても問題にされているようだ。


核燃再処理「方針転換を」 米の専門家ら、シンポで訴え
核と人類取材センター・副島英樹
朝日新聞
2015年11月7日
http://www.asahi.com/articles/ASHC70QLWHC6PTIL02R.html


ND日米原子力エネルギープロジェクトシンポジウム
原発と核-4人の米識者と考える-
http://www.nd-initiative.org/event/2079/


[PR]



by touten2010 | 2015-11-07 22:57 | 全般 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧