放射能に向き合う日々

カテゴリ:生態系への影響( 3 )




原発事故によりモミの木の形態変化が生じていることが判明



東京電力福島第一原子力発電所の事故後に空間線量率が特に高い地域のモミに高頻度で形態変化が生じていることがわかったと放射線医学総合研究所などのチームが28日、明らかにした。

具体的には、以下の通り。

•東京電力福島第一原子力発電所近くの帰還困難区域内の放射線量(空間線量率)が特に高い地域に自生するモミの木において、空間線量率が低い地域のものと比べ、主幹が欠損した二股様の形態変化を示す個体の頻度が増加

一般的にモミを含む針葉樹は放射線感受性が高いことを踏まえると※3、今回の結果は、放射線が東京電力福島第一原子力発電所近くの地域におけるモミの形態変化の一因となっている可能性を示唆

放射線量が特に高い地域でモミの形態変化を調査
平成27年8月28日
国立研究開発法人放射線医学総合研究所(理事長:米倉義晴)
福島復興支援本部 環境動態・影響プロジェクト 渡辺嘉人 主任研究員
http://www.nirs.go.jp/information/event/report/2015/0828.shtml

福島のモミの木に異変 放医研「放射線が原因の可能性」
2015年8月29日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH8X55ZLH8XULBJ00M.html
[PR]



by touten2010 | 2015-08-29 23:22 | 生態系への影響 | Comments(0)

日本のマスコミだけが報道しない「放射能汚染による福島のニホンザルの血液の異常」

昨日(8月2日)ブログでご紹介した、放射能汚染による福島のニホンザルの血液の異常についての研究調査結果については、世界中の新聞・TVで報道されている。

以下の通り、英語のMediaについて検索しただけでも、イギリス、アメリカ、オーストラリアといった欧米諸国だけでなく、フィリピン、シンガポール、インドといった国でも報道されている。

しかもこの件については、多くの新聞・TVが、学術誌に掲載された研究成果を発表するだけでなく、研究調査を中心に行った羽山教授へインタビューをしたり、チェルノブイリの原発事故による生態系への影響を調査した研究者などにコメントを求めたりして、詳細な報道を行っている。

The gurdianによれば、ジェラルディン・トーマス教授(Imperial College London)は、「この研究では、他の要因による影響と放射能の影響による区別ができていないし、人の健康への影響との関連も分からない。人は猿と違って、放射能に汚染された食物を避けて食べることができる。」と述べており、ジム・スミス教授(University of Portsmouth)は「この程度の放射能汚染はチェルノブイリ原発事故の際に、イギリスの羊においてみられた汚染と同じレベルだが、その際は羊には影響はほとんど無かった。福島のニホンザルの血液異常は何か他の要因によってひき起こされていると思う。」とそれぞれ否定的見解を述べている。

一方Fox News(U.S.A)は、サウスカロライナ大学のティム・ムソー教授の以下のようなコメントを紹介している。

「この研究は、私たちがチェルノブイリ原発事故後にチェルノブイリ周辺に住んでいる子どもたちに行った血液検査の結果と一致した点がある。チェルノブイリ原発事故においては、被曝した人、動物、虫、植物に影響が見られた。この福島におけるニホンザルの研究も同様な影響が周辺に及んでいることを示している。ニホンザルへの影響は人間への影響のシグナルだ、このニホンザルは人間に近い環境で暮らしているからだ。」

「ニホンザルの放射性セシウム汚染は、人間の放射性セシウム汚染より高いが、それは、サルが果実、野生キノコ、虫など放射能汚染が高いものを食べており、汚染度の低い食べ物を食べている人間より多く被ばくをしているからだ。」

「驚くべきなのは、人間への影響を推定し、将来の原発をどうするかといった議論に役立てることのできる調査がほんのわずかしか行われていないことだ。ニホンザルへの影響に対してもっと広範に詳細な調査を行うべきだ」

非常に問題なのは、これだけ各国のMEDIAが広く詳細に取り上げているのに対し、日本国内においては英字新聞のJapan Timesを除いては、全く報道をしていないことだ。

自主規制なのか政府による報道統制なのか分からないが、日本国内のMediaが、国民の目から原発推進に都合の悪い情報をシャットアウトしているのだけは間違いない。

政府に都合の悪い情報を選択的に隠ぺいしてしまう日本のマスコミはもはやジャーナリズムとは言えない。

Japanese monkeys' abnormal blood linked to Fukushima disaster ? study
Primates in Fukushima region found to have low white and red blood cell levels and radioactive caesium
Damian Carrington
the guardian.com, Thursday 24 July 2014
http://www.theguardian.com/environment/2014/jul/24/japanese-monkeys-abnormal-blood-linked-to-fukushima-disaster-study

Fukushima monkeys show signs of 'blood abnormalities' following 2011 nuclear disaster
James Vincent Author Biography
Friday 25 July 2014 Independent
http://www.independent.co.uk/news/science/fukushima-monkeys-show-signs-of-blood-abnormalities-following-2011-nuclear-disaster-9628556.html

Abnormalities in Japanese monkeys linked to Fukushima nuclear disaster
Published time: July 25, 2014 03:18
RT(Russia)
http://rt.com/news/175428-japanese-monkeys-abnormalities-fukushima-nuclear/

Wild monkeys suffer low blood cell counts near Fukushima power plant
By Monte Morin Los Angels Times
July 24, 2014, 4:30 PM
http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-fukushima-monkeys-20140724-story.html

Nuclear accident in Japan may have harmed health of wild monkeys living nearby
By Los Angeles Times July 28
(Washigton Post)
http://www.washingtonpost.com/national/health-science/nuclear-accident-in-japan-may-have-harmed-health-of-wild-monkeys-living-nearby/2014/07/28/117eca86-1416-11e4-98ee-daea85133bc9_story.html

Wild monkeys suffer low blood cell counts near Fukushima power plant
Chicago Tribune
July 24
http://www.chicagotribune.com/lifestyles/health/la-sci-sn-fukushima-monkeys-20140724-story.html

Fukushima monkeys' blood shows signs of radiation exposure
LiveScience
By Bahar Gholipour, Staff Writer
・Published July 25, 2014
Fox News
http://www.foxnews.com/science/2014/07/25/fukushima-monkeys-blood-shows-signs-radiation-exposure/

Fukushima monkeys show signs of radiation exposure
By/ Bahar Gholipour/Livescience.com/
July 24, 2014
CBS news
http://www.cbsnews.com/news/fukushima-monkeys-blood-shows-signs-of-radiation-exposure/

Fukushima Monkeys Show Signs of Radiation Exposure
July 25th NBCnews
http://www.nbcnews.com/science/environment/fukushima-monkeys-show-signs-radiation-exposure-n164276

Fukushima monkeys show possible 'effects of radiation'
Jul 24, 2014
Straitstimes(Singa pole)
http://www.straitstimes.com/news/asia/east-asia/story/fukushima-monkeys-show-possible- radiation-20140724

Wild monkeys suffer low blood cell counts near Fukushima power plant
July 25, 2014 Manila Times(Philippine)
http://www.manilatimes.net/breaking_news/wild-monkeys-suffer-low-blood-cell-counts-near-fukushima-power-plant/

Fukushima monkeys show blood abnormalities due to radiation
July 26, 2014
The Hindu (India)
http://www.thehindu.com/sci-tech/energy-and-environment/fukushima-monkeys-show-blood-abnormalities-due-to-radiation/article6252897.ece

Wild monkeys suffer low blood cell counts near Fukushima power plant
DateJuly 25, 2014
Monte Morin
Sydne Morning Herald(Australia)
http://www.smh.com.au/world/wild-monkeys-suffer-low-blood-cell-counts-near-fukushima-power-plant-20140725-zwp4f.html

Fukushima macaques show possible effects of radiation, study suggests
AFP-JIJI, STAFF REPORT
Jul 25, 2014 Japan Times
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/07/25/national/science-health/fukushima-monkeys-show-possible-effects-radiation-study-suggests/#.U93MVLmCiLw
[PR]



by touten2010 | 2014-08-03 14:50 | 生態系への影響 | Comments(0)

放射能汚染による福島のニホンザルの血液の異常

日本獣医生命科学大学の羽山伸一教授を初めとした科学者のグループが、福島第一原発から70kmの距離に生息する福島市のニホンザルと下北半島のニホンザルを、放射性セシウムの筋肉における蓄積と血液の状態を検査し、放射性セシウムで汚染されたニホンザルに血液の異常が発生していることを明らかにした。

この研究結果は、科学誌Natureが運営するWeb学術情報誌「」に掲載され、ホームページから見られるので、ぜひ多くの人にご覧になっていただきたい。

福島のニホンザル61匹と下北の31匹のニホンザルを比較調査している。

福島のニホンザルは78?1778 Bq/kgの放射性セシウムを筋肉に蓄積させているのに対し、下北半島のニホンザルの放射性セシウム蓄積量は検出限界値以下である。

福島のニホンザルは赤血球の数、白血球の数、ヘモグロビン値、ヘマトクリット値が、いずれも下北半島のニホンザルよりも有意に少ない。

筋肉中の放射性セシウムの量と血液の異常の相関関係については、未熟なサルの白血球数が筋肉中の放射性セシウムの量と負の相関関係にあったが、成熟したサルにはそのような関係は見られず、また、他の血液異常にも相関関係は確認されなかった。

福島のサルの筋肉中の放射性セシウム濃度は非常に高く、福島で生活している住民の方々がこれだけの放射能汚染を受けていることはとても考えられないので、今回現れた影響が住民の方々にあらわれていることはまず考えられないが、生態系への影響の深刻さをうかがわせる研究成果だ。

【環境】福島第一原発の近くに生息するサルの血球数が少ないブックマーク
Scientific Reports
2014年7月24日 (Natureaia com)
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/9370

Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Scientific Reports 4, Article number: 5793
http://www.nature.com/srep/2014/140724/srep05793/full/srep05793.html
[PR]



by touten2010 | 2014-08-02 01:03 | 生態系への影響 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧