放射能に向き合う日々

カテゴリ:水産物( 15 )




高濃度放射能に汚染された水産物についての注目すべき研究成果

高濃度放射能汚染地下水が海へ流れ出している危険性が高まり、これから水産物の放射能汚染が広がっていくことが懸念される。

6月に、これまで高濃度に放射能汚染された魚類について、その汚染の過程等を研究調査した成果が発表されている。

なかなか注目すべき研究成果が発表されている。

注目される点は以下の通りだ。

・福島原発の近海の海底は放射能汚染が高く、その海底に生息する小型の甲殻類は放射能汚染が高い。

・それを餌として港湾内で生息している底生魚のアイナメは非常に高い放射能に汚染されている。

・アイナメは、最大27kmの移動が報告されており、福島原発から20km離れた地点で、福島原発港湾内からさまよいでたアイナメが見つかっており、その放射能汚染度は放射性セシウム濃度25,800Bq/kgと非常に高い。

・宮城県の仙台湾に、放射性セシウムが500Bq/kgを超えて検出される、高濃度放射能汚染クロダイが、全個体中数%~10%という高い比率で採取される
海域がある。

・仙台湾の河口海域等を調査すると、海底の凹み地形で放射線量が高く、海底の放射能汚染には濃淡がある。

いずれも水産物の放射能汚染の原因を解明していくための貴重な成果だ。

平成24年度 科学技術戦略推進費 「重要政策課題への機動的対応」に係るプロジェクト プロジェクト名 高濃度に放射性セシウムで汚染された 魚類の汚染源・汚染経路の解明のための 緊急調査研究
平成25年6月 水産総合研究センター公表
http://www.fra.affrc.go.jp/eq/Nuclear_accident_effects/senryaku_summary.pdf

平成24年度 科学技術戦略推進費 「重要政策課題への機動的対応」に係るプロジェクト プロジェクト名 高濃度に放射性セシウムで汚染された 魚類の汚染源・汚染経路の解明のための 緊急調査研究
平成25年6月 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/pdf/kouhyou.pdf
[PR]



by touten2010 | 2013-07-11 06:34 | 水産物 | Comments(0)

高濃度放射能に汚染された水産物についての注目すべき研究成果

高濃度放射能汚染地下水が海へ流れ出している危険性が高まり、これから水産物の放射能汚染が広がっていくことが懸念される。

6月に、これまで高濃度に放射能汚染された魚類について、その汚染の過程等を研究調査した成果が発表されている。

なかなか注目すべき研究成果が発表されている。

注目される点は以下の通りだ。

・福島原発の近海の海底は放射能汚染が高く、その海底に生息する小型の甲殻類は放射能汚染が高い。

・それを餌として港湾内で生息している底生魚のアイナメは非常に高い放射能に汚染されている。

・アイナメは、最大27kmの移動が報告されており、福島原発から20km離れた地点で、福島原発港湾内からさまよいでたアイナメが見つかっており、その放射能汚染度は放射性セシウム濃度25,800Bq/kgと非常に高い。

・宮城県の仙台湾に、放射性セシウムが500Bq/kgを超えて検出される、高濃度放射能汚染クロダイが、全個体中数%~10%という高い比率で採取される
海域がある。

・仙台湾の河口海域等を調査すると、海底の凹み地形で放射線量が高く、海底の放射能汚染には濃淡がある。

いずれも水産物の放射能汚染の原因を解明していくための貴重な成果だ。

平成24年度 科学技術戦略推進費 「重要政策課題への機動的対応」に係るプロジェクト プロジェクト名 高濃度に放射性セシウムで汚染された 魚類の汚染源・汚染経路の解明のための 緊急調査研究
平成25年6月 水産総合研究センター公表
http://www.fra.affrc.go.jp/eq/Nuclear_accident_effects/senryaku_summary.pdf

平成24年度 科学技術戦略推進費 「重要政策課題への機動的対応」に係るプロジェクト プロジェクト名 高濃度に放射性セシウムで汚染された 魚類の汚染源・汚染経路の解明のための 緊急調査研究
平成25年6月 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/pdf/kouhyou.pdf
[PR]



by touten2010 | 2013-07-11 06:34 | 水産物 | Comments(0)

90万Bq/l放射能線地下水の衝撃

6月19日に原子力規制庁は、高濃度汚染水が地中に漏えいし、地下水中に混入しているものと東京電力は推定していることを発表した。

また、6月26日には、高濃度の放射性物質を含む汚染水漏えいの影響が、海水中にも及んでいる可能性が否定できないと発表した。


福島第一原発の護岸地下水から、90万Bq/lという恐ろしい高濃度のβ線各種放射能汚染が検出された。

これまでの観測値では、β線核種の値のうち半分ぐらいがストロンチウム90(Sr90)なので、30万~50万Bq/lのSr90が含まれていることが想定される。

この恐ろしい放射能汚染地下水が、海水へ流れ込んでいる可能性がかなり高いと思われる。

いよいよ、北半球の海産物に危機が迫っていることが判明したようだ。

いやもうすでに危機は来てしまっているのかもしれない。

福島第1原発:別の井戸で90万ベクレル検出
毎日新聞 2013年07月05日 21時53分(最終更新 07月05日 23時04分)
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130706k0000m040079000c.html


放射性物質濃度200倍 新たな観測用井戸で採取
2013.7.5 22:07 MSN 産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130705/trd13070522080015-n1.htm

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(1/2) 護岸地下水
平成25年7月5日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_130705_02-j.pdf

地下水観測孔 No.1-2において全β900,000Bq/kgを検出

東京電力福島第一原子力発電所における取水口(護岸)付近の地下水調査結果について
平成25年6月19日
原子力規制庁
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0011_22.pdf


発表のポイントは以下のとおり
・東京電力は1~4号機取水口(護岸)付近に観測孔を設置【図3】し、地下水の採取・測定を実施している。

・観測孔の一つにおいて告示濃度限度を超える高濃度の放射性物質(トリチウム、ストロンチウム)が検出されたことや、海水中のトリチウムの濃度がこれまでの調査結果(昨年12月の値)と比べて10倍以上増大するとともに、ストロンチウムも告示濃度限度以上の値が検出されたことから、過去のフォールアウトによる影響である可能性は小さく、高濃度汚染水が地中に漏えいし、地下水中に混入しているものと東京電力は推定している。

・この資料のp.5の表1にH25.5.24の地下水観測孔データに、全β1,900Bq/kg、 Sr-90 1,000Bq/kgとある。
全β中のSr-90の割合は、53%

福島第一原子力発電所港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(護岸地下水)
平成25年6月25日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_130625_01-j.pdf

この資料に
H25.5.31の地下水観測孔No1、全β 1,300Bq/kg、 Sr-90 890Bq/kg(全β中のSr-90の割合は、68%)
H25.5.31の地下水観測孔No2、全β 76Bq/kg、 Sr-90 54Bq/kg(全β中のSr-90の割合は、71%)
とある。

Sr90の計測には時間がひと月近くかかっている。

東京電力福島第一原子力発電所の港湾における海水モニタリングの結果について
(原子力規制委員会資料)
平成25 年6月26日
原子力規制庁
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0012_03.pdf

p.2に「高濃度の放射性物質を含む汚染水漏えいの影響が、地下水のみならず海水中にも及んでいる可能性が否定できない」とある。
[PR]



by touten2010 | 2013-07-07 07:26 | 水産物 | Comments(0)

防ぎようのない最悪の海洋汚染が拡大している可能性が高くなってきた福島第一原発

 高い濃度の海水トリチウムが、福島第一原発の港湾内から検出され、汚染度が上昇してきていることから、事故を起こした福島第一原発建屋の地下でで生み出された高濃度放射能汚染水が地下水脈に流れ込んで大量に海へ流れ出しているという最悪の事態が発生している可能性が高くなってきた。

 福島沿岸も含めて、水産物の放射能汚染は全体的に徐々に下がりつつある中で、なぜか福島第一原発の港湾内で採取される底生魚類の放射能汚染は、極端に高くなおかつ上昇していて、事故原発建屋地下から、地下水を通じて放射能汚染水が海へ漏れ出している可能性が疑われていた。 

 原発直後に空中をただよって拡散したのは、主に放射性ヨウ素やセシウムであった。

 しかし、全く人が近づけないほど高濃度に汚染されている事故原発建屋の地下から、放射能汚染水が直接海へ流れ出しているとなると、骨に蓄積する放射性ストロンチウムなど、半減期が長くなおかつ放射性セシウムよりも危険性の高い放射性物質も含めて、多くの放射性物質による高濃度汚染が発生することになる。

 原発建屋地下に流れ込んでいる地下水の量は1日400トン、その一部でも地下水脈にのって海へ流れ出しているとなると、莫大な量の高濃度汚染水が海へ流れ出していることになる。今後汚染海水の拡散により、広く太平洋沿岸に高濃度の放射能汚染が広がっていく可能性がある。

 そうなれば、日本の漁業・漁村や日本人の食生活に与える影響ははかりしれない。

 原発事故後2年3か月たって、放射能汚染のさらなる拡大という重大な危機が日本に迫りつつあるようだ。

高い濃度の海水トリチウム検出、原発事故後最高に 東京電力発表
2013.6.26 21:13
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130626/dst13062621130010-n1.htm

東京電力の発表によると、26日港湾内の海水から1500Bq/lのトリチウムが検出され、10日の500Bq/lに比べ3倍にも達し、原発事故後最高の濃度となった。原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員が汚染水が海に漏れ出た可能性が「強く疑われる」と述べたと報道している。

福島第1原発公開 汚染水対策に躍起
2013.6.11 21:53 (1/2ページ)MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130611/dst13061121540011-n1.htm

高い放射能で汚染されている事故原発建屋地下に、地下水が1日400トン流れ込むことにより、汚染汚染水はいまも1日400トン増えており、タンクの増設が続いていると報道している

2013/03/08 1:06 pm Wall street journal Japan リアルタイム
放射能汚染の食品に警戒感続く 
http://realtime.wsj.com/japan/2013/03/08/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E6%B1%9A%E6%9F%93%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AB%E8%AD%A6%E6%88%92%E6%84%9F%E7%B6%9A%E3%81%8F/

2012年12月に実施した東電による魚介類のサンプリング調査で、ムラソイから、放射性セシウムが1キロあたり25万4000ベクレル検出された。事故後の最高値にのぼったと報道している。

Fish Near Fukushima Reportedly Contains High Cesium Level
AP | By By MALCOLM FOSTER Posted: 03/17/2013
Huffington post
http://www.huffingtonpost.com/2013/03/17/fish-fukushima-cesium_n_2894350.html

東京電力が、福島第一原発近くで採取された魚から、74万Bq/kg、食品基準値の7400倍という高濃度の放射性セシウムが検出され、専門家の中には原発建屋から放射能汚染水が海へ漏れ出しているのではないかと疑っていると報道している。
[PR]



by touten2010 | 2013-06-27 23:09 | 水産物 | Comments(0)

太平洋全体を回遊する放射能汚染マグロ


福島第一原発事故による福島県近海の放射能汚染によって、太平洋全体を回遊するマグロがどのように放射能汚染されたかを調べることによって、太平洋全域にわたるマグロ回遊の実態が解明され、生物学的に大きな成果が得られているというブラックジョークのような記事が、ロサンゼルス・タイムズに掲載されている。

太平洋をまたがって採集した15匹のマグロ全てから、福島第一原発事故による放射性物質が確認されたと書いてある。

放射性物質のセシウム134と137を調査したと書いてあるので、この二つの放射性物質が含まれる比率によって、福島第一原発事故由来のものかどうかを確認したのだろう。過去の核実験由来の放射性セシウムが検出される可能性があるが、セシウム134は半減期が数年なので、これが含まれていれば、何十年も前の核実験に由来するものではなく、福島第一原発事故由来の放射能汚染であることが解る。

つまり、太平洋をまたがって広く回遊するマグロなどの海洋生物が、福島沖で放射能汚染されることにより自動的にマーキングされるので、海洋生物の放射能汚染を調べれば、「福島県沖を通って回遊している」ということが解るということだ。

今後、ニュージーランド、ハワイ、アラスカ、カリフォルニアといった太平洋全域にわたって、マグロだけでなく、サメやウミガメなど多くの海洋回遊生物が調査される予定だそうだ。

大部分の市民にとっては、マグロのスシが放射能汚染されているということは悪夢だが、生物学者にとっては海洋生物の生態を解明する貴重な機会をもたらしたということだそうだ。

この新聞記事からも、原発事故が起これば、その影響はいかに広範囲にわたるかということが解る。

遠くカリフォルニア沖でとられたマグロまで汚染されてしまうのであるから、「○○県産の農林水産物は買わないでおこう」といった対処は無駄、やはり原発は廃止するしかない。


Radioactive tuna from Fukushima? Scientists eat it up
COLUMN ONE

Radiation from the nuclear disaster offers biologists an opportunity to study migrations of fish, turtles and birds across the Pacific. The research could benefit conservation efforts.

February 25, 2013|By Eryn Brown, Los Angeles Times

http://articles.latimes.com/2013/feb/25/science/la-sci-fukushima-radiation-20130225
[PR]



by touten2010 | 2013-03-29 07:17 | 水産物 | Comments(0)

海外Mediaでは真剣に議論が取り上げられる水産物の放射能汚染

 10月25日付のNew York Timesが、「福島沿岸の海の低層に生息する水産物は、海底に沈殿した放射性セシウムによって高い濃度で汚染されており、その影響は10年は続くだろう」という専門家の調査結果を報告している。

この記事によると、農林水産省(水産庁)も、その調査結果は根拠のあるものだと認めているようだ。しかし、水産庁の担当官のコメントは「底に積もった放射性セシウムはやがて海底の土に沈着するので、汚染は安全なレベルになるだろう」と楽観視しているようだ。

 日本のマスコミでは、「福島でいつ漁ができるようになるのか」といった点についての議論がほとんど取り上げられない。「漁民はいつになったら漁が再開できるようになるのか、不安を抱えている」と報道しするだけでなく、科学的に「いつまで漁ができないのか」という議論をきちんととりあげていくべきではないのか。

 この記事はNew York Timesの国際関係記事の中でも、アクセスが非常に多い記事だ。日本の水産物の放射能汚染の今後の見込みについて国際的に議論が行われる中で、つんぼ桟敷になっているのは、世界の中で日本人だけのようだ。

Fish Off Japan’s Coast Said to Contain Elevated Levels of Cesium
By HIROKO TABUCHI
Published: October 25, 2012 New York Times
http://www.nytimes.com/2012/10/26/world/asia/fish-off-fukushima-japan-show-elevated-levels-of-cesium.html?_r=0
[PR]



by touten2010 | 2012-10-28 07:02 | 水産物 | Comments(0)

ついにアユから基準値を上回る放射性セシウムが・・

宮城県でアユから基準値を超える放射性セシウムが検出されている。

最近のデータを整理し、県別に高い順から並べて見た。
(日付は公表日、単位はBq/kg)

宮城県は丸森町などの一部の地域で若干高めである。

今年のアユは大丈夫ではないかと以前ブログで紹介したが、楽観視できるわけでもなさそうである。

去年比較的高かった南関東で検査データが非常に少ない点が気がかりである。


・青森県
奥入瀬川 H24.6.22 検出限界未満
岩木川H24.6.29 検出限界未
岩木川H24.8.8検出限界未満

・秋田県
由利本荘市(笹子川)H24.6.26 検出限界未満
仙北市(桧木内川)H24.6.26 検出限界未満
北秋田市(阿仁川)H24.6.27 検出限界未満

・岩手県
奥州市(衣川水系 )H24.6.25 53
一関市内(磐井川水系)H24.8.2 47
奥州市(衣川水系 ) H24.6.25 37
金ケ崎町内(胆沢川水系)H24.8.2 27
大船渡市(盛川水系 )H24.6.25 21
一関市内(砂鉄川水系)H24.8.221
釜石市(熊野川水系 )H24.6.25 20
金ケ崎町内(胆沢川水系)H24.8.2 19
金ケ崎町(胆沢川水系 )H24.6.25 18
釜石市(鵜住居川水系 )H24.6.25 15
奥州市(胆沢川水系)H24.6.28 15
花巻市(稗貫川水系 )H24.6.25 13
一関市(砂鉄川水系 )H24.6.25 13
大船渡市内(盛川水系)H24.8.213
盛岡市(中津川水系 )H24.6.25 9.0
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 7.5
釜石市(片岸川水系 )H24.6.25 6.7
盛岡市(中津川水系 )H24.6.25 4.6
盛岡市(雫石川水系)H24.6.28 4.6
釜石市(甲子川水系 )H24.6.25 4.1
久慈市(久慈川水系 )H24.6.25 検出限界未満
久慈市(久慈川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩泉町(安家川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩泉町(小本川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(閉伊川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(津軽石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
大槌町(大槌川水系 )H24.6.25 検出限界未満
大槌町(小鎚川水系 )H24.6.25 検出限界未満
陸前高田市(気仙川水系 )H24.6.25 検出限界未満
軽米町(新井田川水系 )H24.6.25 検出限界未満
二戸市(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
一戸町(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
一戸町(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩手町(北上川(本流) )H24.6.25 検出限界未満
八幡平市(松川水系 )H24.6.25 検出限界未満
雫石町(雫石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
盛岡市(北上川(本流) )H24.6.25 検出限界未満
盛岡市(簗川水系 )H24.6.25 検出限界未満
花巻市(豊沢川水系 )H24.6.25 検出限界未満
花巻市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
西和賀町(和賀川水系 )H24.6.25 検出限界未満
北上市(和賀川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(田代川水系)H24.6.28 検出限界未満
岩泉町内(安家川水系)H24.7.26 検出限界未満
野田村内(安家川水系)H24.7.26 検出限界未満
宮古市内(津軽石川水系)H24.7.26 検出限界未満
八幡平市内(松川水系)H24.7.26 検出限界未満
久慈市内(久慈川水系)H24.8.2検出限界未満
岩泉町内(小本川水系)H24.8.2検出限界未満
岩泉町内(小本川水系)H24.8.2検出限界未満
宮古市内(閉伊川水系)H24.8.2検出限界未満
大槌町内(大槌川水系)H24.8.2検出限界未満
大槌町内(大槌川水系)H24.8.2検出限界未満
釜石市内(鵜住居川水系)H24.8.2検出限界未満
住田町内(気仙川水系)H24.8.2検出限界未満
軽米町内(新井田川水系)H24.8.2検出限界未満
二戸市内(馬淵川水系)H24.8.2検出限界未満
一戸町内(馬淵川水系)H24.8.2検出限界未満
岩手町内(北上川)H24.8.2検出限界未満
雫石町内(雫石川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(雫石川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(中津川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(簗川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(稗貫川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(猿ヶ石川水系)H24.8.2検出限界未満
遠野市内(猿ヶ石川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(豊沢川水系)H24.8.2検出限界未満
西和賀町内(和賀川水系)H24.8.2検出限界未満

・宮城県
丸森町神明地内(阿武隈川) H24.8.22 110
丸森町(五福谷川) H24.7.27 91
丸森町(五福谷川) H24.8.24 87
丸森町(五福谷川) H24.8.10 85
丸森町(阿武隈川) H24.7.27 84
丸森町(内川)H24.7.13 77
丸森町(内川)H24.7.673
丸森町(内川)H24.8.10 71
栗原市(三迫川) H24.7.20 68
丸森町(五福谷川) H24.7.20 61
丸森町(阿武隈川) H24.8.10 60
丸森町(内川)H24.7.20 59
丸森町(内川 )H24.7.27 57
丸森町(内川 )H24.8.24 56
丸森町(五福谷川)H24.7.6 53
丸森町(五福谷川)H24.7.13 53
栗原市(一迫川)H24.7.20 48
柴田町(白石川)H24.6.22 44
栗原市(一迫川)H24.6.29 43
気仙沼市(大川)H24.7.27 41
柴田町(白石川)H24.7.27 41
丸森町(雉子尾川)H24.8.10 41
栗原市(一迫川) H24.8.10 41
栗原市(三迫川) H24.7.6 38
気仙沼市(大川) H24.8.3 36
丸森町(雉子尾川)H24.8.24 33
丸森町(雉子尾川)H24.7.13 30
大崎市(江合川)H24.8.828
大崎市(江合川)H24.8.826
大崎市岩出山(江合川)H24.6.22 25
色麻町(鳴瀬川)H24.8.24 25
気仙沼市前木(大川)H24.6.22 24
気仙沼市(大川)H24.8.10 23
気仙沼市(大川)H24.7.13 22
気仙沼市館山(大川)H24.6.22 19
仙台市若林区(広瀬川)H24.6.22 19
加美町(鳴瀬川)H24.7.20 17
色麻町(花川)H24.8.10 17
加美町(鳴瀬川)H24.7.27 16
加美町(鳴瀬川)H24.6.15 15
加美町(鳴瀬川)H24.6.29 15
登米市(二股川)H24.7.18 15
仙台市若林区(広瀬川)H24.6.29 14
仙台市青葉区(広瀬川)H24.6.22 12
仙台市(名取川)H24.8.312
仙台市(広瀬川)H24.8.39.6
仙台市青葉区(広瀬川)H24.7.6 8.2
南三陸町(八幡川)H24.7.25 7.8
仙台市(広瀬川)H24.8.37.7
仙台市太白区(名取川)H24.8.24 6.8
加美町(鳴瀬川)H24.8.36.6
仙台市太白区(名取川)H24.8.24 3.5
南三陸町志津川(八幡川)H24.6.29 検出限界未満
南三陸町(水尻川)H24.7.25 検出限界未満
登米市(二股川)H24.8.8検出限界未満
登米市(旧北上川)H24.5.23 検出限界未満
仙台市若林区(広瀬川)H24.5.2 検出限界未満
登米市(旧北上川)H24.6.1検出限界未満
仙台市太白区(名取川)H24.7.6検出限界未満
仙台市太白区(名取川)H24.7.6検出限界未満
気仙沼市本吉町(津谷川)H24.7.6検出限界未満
気仙沼市(津谷川)H24.7.27 検出限界未満
登米市(二股川) H24.8.1 検出限界未満

・山形県
最上地域(舟形町最上川水系小国川)H24.6.28 7.7
村山地域(尾花沢市最上川水系丹生川)H24.6.28 7.6
置賜地域(米沢市最上川水系大樽川)H24.6.28 検出限界未満
庄内地域(酒田市日向川)H24.6.28 検出限界未満
庄内地域(鶴岡市五十川)H24.7.31 検出限界未満

・福島県
伊達市(阿武隈川)H24.6.20 170
福島市(阿武隈川)H24.7.11 170
福島市(阿武隈川水系摺上川)H24.7.25 100
伊達市(阿武隈川)H24.7.25 90
福島市(阿武隈川水系摺上川支流小川)H24.7.25 75
いわき市(夏井川)H24.6.13 65
西郷村(阿武隈川)H24.6.20 50
会津若松市(阿賀川水系大川)H24.8.22 50
西郷村(阿武隈川) H24.7.18 45
いわき市(夏井川)H24.7.4 41
福島市(阿武隈川支流摺上川)H24.8.1 39
福島市(阿武隈川水系荒川)H24.8.8 39
福島市(阿武隈川水系摺上川)H24.8.8 35
棚倉町(久慈川)H24.7.25 27
南会津町(阿賀川水系大川)H24.6.20 21
いわき市(鮫川)H24.5.30 14
郡山市阿(武隈川水系石筵川)H24.8.22 9.5
いわき市(鮫川水系四時川)H24.7.11 8.9
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.7.18 8.7
三島町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.7.4 8.5
南会津町(阿賀川水系伊南川)H24.7.11 8.5
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川)H24.6.27 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系伊南川)H24.6.27 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.6.27 検出限界未満
棚倉町(久慈川)H24.6.27 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.6.27 検出限界未満
会津若松市(阿賀川水系大川)H24.7.4 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.7.11 検出限界未満
昭和村(阿賀川水系野尻川)H24.7.11 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系大川)H24.7.11 検出限界未満
矢祭町(久慈川)H24.5.9検出限界未満
矢祭町(久慈川)H24.5.30 検出限界未満
塙町(久慈川)H24.5.30 検出限界未満
湯川村(阿賀川水系大川)H24.6.20 検出限界未満
三島町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.6.20 検出限界未満
会津若松市(阿賀川水系大川) H24.6.20 検出限界未満
柳津町(阿賀川水系只見川支流滝谷川) H24.6.20 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川) H24.7.18 検出限界未満
湯川村(阿賀川)H24.7.18 検出限界未満
柳津町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.8.1 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.8.1 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系大川)H24.8.8 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川)H24.8.22 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.8.22 検出限界未満

・茨城県
つくば市栗原地先(桜川)H24.5.30 64
つくば市松塚地先 H24.7.17 64
つくば市松塚地先(桜川)H24.6.14 62
つくば市松塚(桜川)H24.5.24 52
つくば市松塚地先(桜川)H24.8.945
北茨城市磯原町地先(花園川)H24.7.25 29
城里町(那珂川)H24.5.18 19
北茨城市磯原町(花園川)H24.6.19 15
北茨城市磯原町(花園川)H24.5.24 10
筑西市女方地先(鬼怒川)H24.7.25 10
太子町下野宮地先(久慈川)H24.8.24 9.6
常陸太田市粟原町(久慈川)H24.5.18 9.4
常陸太田市小島町地先(久慈川)H24.8.24 6.1
北茨城市華川町(花園川)H24.5.18 検出限界未満
日立市川尻町(十王川)H24.5.24 検出限界未満

・栃木県
大田原市花園(箒川)H24.5.18 55
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.5.18 53
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.5.25 39
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.8.10 28
大田原市花園(箒川)H24.8.10 27
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.6.525
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.6.19 25
那須烏山市森田(荒川)H24.6.19 24
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.7.20 24
大田原市花園(箒川)H24.7.20 24
那須烏山市大桶(那珂川)H24.6.19 22
那須烏山市大桶(那珂川)H24.7.20 21
那須烏山市大桶(那珂川)H24.5.25 18
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.5.25 17
栃木市大光寺町(思川)H24.7.315
佐野市水木町(秋山川)H24.6.12 14
大田原市花園(箒川)H24.5.25 13
鹿沼市富岡(黒川)H24.6.12 13
茂木町大瀬(那珂川)H24.6.19 13
鹿沼市中粕尾(思川)H24.6.12 11
那須烏山市森田(荒川)H24.7.20 11
茂木町大瀬(那珂川)H24.8.10 11
茂木町大瀬(那珂川)H24.7.20 10
鹿沼市富岡(黒川)H24.7.23 10
那珂川町小川(那珂川)H24.8.10 10
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.6.26 9.1
宇都宮市豊郷台(田川)H24.6.19 9
宇都宮市豊郷台(田川)H24.7.20 9
那須塩原市中塩原(箒川)H24.6.19 8.9
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.7.23 8.0
塩谷町船生(鬼怒川)H24.8.10 8
鹿沼市富岡(黒川)H24.7.10 7.9
鹿沼市富岡(黒川)H24.5.25 7.7
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.7.20 7.6
那珂川町馬頭(武茂川)H24.7.20 6.9
鹿沼市草久(大芦川)H24.8.36.4
塩谷町船生(鬼怒川)H24.7.20 6.3
那須烏山市高瀬(荒川)H24.5.25 6
茂木町大瀬(那珂川)H24.5.25 5.6
栃木市西方町本城(思川)H24.6.19 5.5
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.8.10 5.2
鹿沼市(大芦川)H24.8.24 5.2
栃木市大光寺町(思川)H24.8.34.2
栃木市大光寺町(思川)H24.5.14 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.5.14 検出限界未満
宇都宮市下小倉(鬼怒川)H24.5.14 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.5.14 検出限界未満
大田原市花園(箒川)H24.6.19 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.6.19 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.6.19 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.6.19 検出限界未満
塩谷町船生(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
鹿沼市草久(大芦川)H24.6.19 検出限界未満
鹿沼市上久我(荒井川)H24.6.19 検出限界未満
佐野市水木町(秋山川)H24.6.19 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市中粕尾(思川上流)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市加園(荒井川)H24.7.3検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.7.3検出限界未満
那須塩原市中塩原(箒川)H24.7.10 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.7.20 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.7.20 検出限界未満
鹿沼市中粕尾(思川)H24.7.20 検出限界未満
佐野市水木町(秋山川)H24.7.20 検出限界未満
栃木市大光寺町(思川)H24.4.25 検出限界未満
那須烏山市大桶(那珂川)H24.5.18 検出限界未満
茂木町大瀬(那珂川)H24.5.18 検出限界未満
那須烏山市森田(荒川)H24.5.18 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.5.25 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.5.25 検出限界未満
宇都宮市下小倉(鬼怒川)H24.5.25 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.5.25 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.5.30 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.6.5検出限界未満
塩谷町船生(鬼怒川)H24.6.12 検出限界未満
宇都宮市豊郷台(田川)H24.6.12 検出限界未満
鹿沼市草久(大芦川)H24.6.12 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.7.23 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.7.23 検出限界未満
鹿沼市加園(荒井川)H24.7.23 検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.7.23 検出限界未満
那須塩原市中塩原(箒川)H24.8.10 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.8.10 検出限界未満
那須烏山市森田(荒川)H24.8.10 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.8.10 検出限界未満
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.8.10 検出限界未満
宇都宮市上横倉町(田川)H24.8.10 検出限界未満

・群馬県
中之条町(名久田川)H24.6.15 15
下仁田町(鏑川)H24.6.87.8
伊勢崎市(広瀬川)H24.7.12 7.3
玉村町(利根川)H24.5.28 6.5
高崎市(碓氷川)H24.6.85.9
沼田市(薄根川)H24.6.22 5.9
みなかみ町(赤谷川)H24.6.22 5.2
藤岡市(鮎川)H24.6.22 検出限界未満
藤岡市(神流川)H24.6.22 検出限界未満
渋川市(利根川)H24.5.25 検出限界未満
神流町(神流川)H24.5.25 検出限界未満
上野村(神流川)H24.5.31 検出限界未満
みどり市(渡良瀬川)H24.6.8検出限界未満
前橋市(桃ノ木川)H24.6.8検出限界未満
高崎市(烏川)H24.6.8検出限界未満
渋川市(吾妻川)H24.6.15 検出限界未満
東吾妻町(吾妻川)H24.6.15 検出限界未満
中之条町(山田川)H24.6.15 検出限界未満
藤岡市(三波川)H24.6.15 検出限界未満
渋川市(利根川)H24.6.28 検出限界未満
桐生市(渡良瀬川)H24.6.28 検出限界未満
桐生市(桐生川)H24.7.12 検出限界未満
伊勢崎市(粕川)H24.7.12 検出限界未満
高崎市・藤岡市(鏑川)H24.7.12 検出限界未満
高崎市(烏川)H24.7.12 検出限界未満

・埼玉県
秩父市(荒川)H24.5.2検出限界未満
飯能市(入間川)H24.5.25検出限界未満
本庄市(利根川)H24.5.25 検出限界未満
狭山市(入間川)H24.5.25 検出限界未満
三郷市(江戸川)H24.5.25 検出限界未満
寄居市(荒川)H24.5.25 検出限界未満
養老川H24.5.30 5.4
小櫃川H24.5.30 検出限界未満
湊川H24.5.30 検出限界未満

・東京都
調布市(多摩川中流域)H24.7.12 17
多摩川中流域(世田谷区)H24.5.31 15
調布市(多摩川中流域)H24.8.16 13
大田区(多摩川下流)H24.4.9検出限界未満
多摩川下流域(大田区)H24.5.10 検出限界未満
多摩川下流域(大田区)H24.5.17 検出限界未満
秋川中流域(あきる野市)H24.5.31 検出限界未満

・神奈川県
小田原市(早川)H24.5.25 検出限界未満
湯河原町(千歳川)H24.5.25 検出限界未満
相模原市田名(相模川)H24.5.31 検出限界未満
厚木市厚木(相模川)H24.5.31 検出限界未満
愛川町(相模川水系中津川)H24.5.31 検出限界未満
小田原市(酒匂川)H24.5.31 検出限界未満
山北町(酒匂川水系河内川)H24.5.31 検出限界未満

・山梨県
大月市(桂川)H24.5.28 検出限界未満
身延町(富士川水系)H24.6.6検出限界未満
山梨市(笛吹川水系)H24.6.20 検出限界未満
道志村(道志川水系)H24.6.20 検出限界未満
丹波山村( 丹波川)H24.7.4検出限界未満
売木村(売木川)H24.6.15 検出限界未満
佐久市(千曲川)H24.6.15 検出限界未満
木曽町(木曽川)H24.6.15 検出限界未満
上田市(千曲川)H24.6.22 検出限界未満
千曲市(千曲川)H24.6.22 検出限界未満
辰野町(横川川)H24.6.22 検出限界未満
塩尻市(奈良井川)H24.7.18 検出限界未満
飯綱町(鳥居川)H24.7.18 検出限界未満
根羽村(根羽川)H24.7.18 検出限界未満
伊豆の国市(狩野川水系)H24.5.18 検出限界未満
静岡市(安倍川水系)H24.6.8検出限界未満
浜松市(天竜川水系)H24.6.22 検出限界未満


・新潟県
湯沢町(魚野川)H24.7.43.4
阿賀町(阿賀野川水系常浪川)H24.6.26 検出限界未満
阿賀町(阿賀野川水系新谷川)H24.6.26 検出限界未満
阿賀町(阿賀野川水系早出川)H24.6.26 検出限界未満
南魚沼市(魚野川)H24.7.4検出限界未満
魚沼市(魚野川)H24.7.4検出限界未満
魚沼市(魚野川水系佐梨川)H24.7.4 検出限界未満
村上市(三面川)H24.8.3検出限界未満

・水産物の放射性物質調査の結果について 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/index.html
[PR]



by touten2010 | 2012-08-27 23:25 | 水産物 | Comments(0)

ついにアユから基準値を上回る放射性セシウムが・・

宮城県でアユから基準値を超える放射性セシウムが検出されている。

最近のデータを整理し、県別に高い順から並べて見た。
(日付は公表日、単位はBq/kg)

宮城県は丸森町などの一部の地域で若干高めである。

今年のアユは大丈夫ではないかと以前ブログで紹介したが、楽観視できるわけでもなさそうである。

去年比較的高かった南関東で検査データが非常に少ない点が気がかりである。


・青森県
奥入瀬川 H24.6.22 検出限界未満
岩木川H24.6.29 検出限界未
岩木川H24.8.8検出限界未満

・秋田県
由利本荘市(笹子川)H24.6.26 検出限界未満
仙北市(桧木内川)H24.6.26 検出限界未満
北秋田市(阿仁川)H24.6.27 検出限界未満

・岩手県
奥州市(衣川水系 )H24.6.25 53
一関市内(磐井川水系)H24.8.2 47
奥州市(衣川水系 ) H24.6.25 37
金ケ崎町内(胆沢川水系)H24.8.2 27
大船渡市(盛川水系 )H24.6.25 21
一関市内(砂鉄川水系)H24.8.221
釜石市(熊野川水系 )H24.6.25 20
金ケ崎町内(胆沢川水系)H24.8.2 19
金ケ崎町(胆沢川水系 )H24.6.25 18
釜石市(鵜住居川水系 )H24.6.25 15
奥州市(胆沢川水系)H24.6.28 15
花巻市(稗貫川水系 )H24.6.25 13
一関市(砂鉄川水系 )H24.6.25 13
大船渡市内(盛川水系)H24.8.213
盛岡市(中津川水系 )H24.6.25 9.0
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 7.5
釜石市(片岸川水系 )H24.6.25 6.7
盛岡市(中津川水系 )H24.6.25 4.6
盛岡市(雫石川水系)H24.6.28 4.6
釜石市(甲子川水系 )H24.6.25 4.1
久慈市(久慈川水系 )H24.6.25 検出限界未満
久慈市(久慈川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩泉町(安家川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩泉町(小本川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(閉伊川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(津軽石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
大槌町(大槌川水系 )H24.6.25 検出限界未満
大槌町(小鎚川水系 )H24.6.25 検出限界未満
陸前高田市(気仙川水系 )H24.6.25 検出限界未満
軽米町(新井田川水系 )H24.6.25 検出限界未満
二戸市(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
一戸町(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
一戸町(馬淵川水系 )H24.6.25 検出限界未満
岩手町(北上川(本流) )H24.6.25 検出限界未満
八幡平市(松川水系 )H24.6.25 検出限界未満
雫石町(雫石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
盛岡市(北上川(本流) )H24.6.25 検出限界未満
盛岡市(簗川水系 )H24.6.25 検出限界未満
花巻市(豊沢川水系 )H24.6.25 検出限界未満
花巻市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
遠野市(猿ヶ石川水系 )H24.6.25 検出限界未満
西和賀町(和賀川水系 )H24.6.25 検出限界未満
北上市(和賀川水系 )H24.6.25 検出限界未満
宮古市(田代川水系)H24.6.28 検出限界未満
岩泉町内(安家川水系)H24.7.26 検出限界未満
野田村内(安家川水系)H24.7.26 検出限界未満
宮古市内(津軽石川水系)H24.7.26 検出限界未満
八幡平市内(松川水系)H24.7.26 検出限界未満
久慈市内(久慈川水系)H24.8.2検出限界未満
岩泉町内(小本川水系)H24.8.2検出限界未満
岩泉町内(小本川水系)H24.8.2検出限界未満
宮古市内(閉伊川水系)H24.8.2検出限界未満
大槌町内(大槌川水系)H24.8.2検出限界未満
大槌町内(大槌川水系)H24.8.2検出限界未満
釜石市内(鵜住居川水系)H24.8.2検出限界未満
住田町内(気仙川水系)H24.8.2検出限界未満
軽米町内(新井田川水系)H24.8.2検出限界未満
二戸市内(馬淵川水系)H24.8.2検出限界未満
一戸町内(馬淵川水系)H24.8.2検出限界未満
岩手町内(北上川)H24.8.2検出限界未満
雫石町内(雫石川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(雫石川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(中津川水系)H24.8.2検出限界未満
盛岡市内(簗川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(稗貫川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(猿ヶ石川水系)H24.8.2検出限界未満
遠野市内(猿ヶ石川水系)H24.8.2検出限界未満
花巻市内(豊沢川水系)H24.8.2検出限界未満
西和賀町内(和賀川水系)H24.8.2検出限界未満

・宮城県
丸森町神明地内(阿武隈川) H24.8.22 110
丸森町(五福谷川) H24.7.27 91
丸森町(五福谷川) H24.8.24 87
丸森町(五福谷川) H24.8.10 85
丸森町(阿武隈川) H24.7.27 84
丸森町(内川)H24.7.13 77
丸森町(内川)H24.7.673
丸森町(内川)H24.8.10 71
栗原市(三迫川) H24.7.20 68
丸森町(五福谷川) H24.7.20 61
丸森町(阿武隈川) H24.8.10 60
丸森町(内川)H24.7.20 59
丸森町(内川 )H24.7.27 57
丸森町(内川 )H24.8.24 56
丸森町(五福谷川)H24.7.6 53
丸森町(五福谷川)H24.7.13 53
栗原市(一迫川)H24.7.20 48
柴田町(白石川)H24.6.22 44
栗原市(一迫川)H24.6.29 43
気仙沼市(大川)H24.7.27 41
柴田町(白石川)H24.7.27 41
丸森町(雉子尾川)H24.8.10 41
栗原市(一迫川) H24.8.10 41
栗原市(三迫川) H24.7.6 38
気仙沼市(大川) H24.8.3 36
丸森町(雉子尾川)H24.8.24 33
丸森町(雉子尾川)H24.7.13 30
大崎市(江合川)H24.8.828
大崎市(江合川)H24.8.826
大崎市岩出山(江合川)H24.6.22 25
色麻町(鳴瀬川)H24.8.24 25
気仙沼市前木(大川)H24.6.22 24
気仙沼市(大川)H24.8.10 23
気仙沼市(大川)H24.7.13 22
気仙沼市館山(大川)H24.6.22 19
仙台市若林区(広瀬川)H24.6.22 19
加美町(鳴瀬川)H24.7.20 17
色麻町(花川)H24.8.10 17
加美町(鳴瀬川)H24.7.27 16
加美町(鳴瀬川)H24.6.15 15
加美町(鳴瀬川)H24.6.29 15
登米市(二股川)H24.7.18 15
仙台市若林区(広瀬川)H24.6.29 14
仙台市青葉区(広瀬川)H24.6.22 12
仙台市(名取川)H24.8.312
仙台市(広瀬川)H24.8.39.6
仙台市青葉区(広瀬川)H24.7.6 8.2
南三陸町(八幡川)H24.7.25 7.8
仙台市(広瀬川)H24.8.37.7
仙台市太白区(名取川)H24.8.24 6.8
加美町(鳴瀬川)H24.8.36.6
仙台市太白区(名取川)H24.8.24 3.5
南三陸町志津川(八幡川)H24.6.29 検出限界未満
南三陸町(水尻川)H24.7.25 検出限界未満
登米市(二股川)H24.8.8検出限界未満
登米市(旧北上川)H24.5.23 検出限界未満
仙台市若林区(広瀬川)H24.5.2 検出限界未満
登米市(旧北上川)H24.6.1検出限界未満
仙台市太白区(名取川)H24.7.6検出限界未満
仙台市太白区(名取川)H24.7.6検出限界未満
気仙沼市本吉町(津谷川)H24.7.6検出限界未満
気仙沼市(津谷川)H24.7.27 検出限界未満
登米市(二股川) H24.8.1 検出限界未満

・山形県
最上地域(舟形町最上川水系小国川)H24.6.28 7.7
村山地域(尾花沢市最上川水系丹生川)H24.6.28 7.6
置賜地域(米沢市最上川水系大樽川)H24.6.28 検出限界未満
庄内地域(酒田市日向川)H24.6.28 検出限界未満
庄内地域(鶴岡市五十川)H24.7.31 検出限界未満

・福島県
伊達市(阿武隈川)H24.6.20 170
福島市(阿武隈川)H24.7.11 170
福島市(阿武隈川水系摺上川)H24.7.25 100
伊達市(阿武隈川)H24.7.25 90
福島市(阿武隈川水系摺上川支流小川)H24.7.25 75
いわき市(夏井川)H24.6.13 65
西郷村(阿武隈川)H24.6.20 50
会津若松市(阿賀川水系大川)H24.8.22 50
西郷村(阿武隈川) H24.7.18 45
いわき市(夏井川)H24.7.4 41
福島市(阿武隈川支流摺上川)H24.8.1 39
福島市(阿武隈川水系荒川)H24.8.8 39
福島市(阿武隈川水系摺上川)H24.8.8 35
棚倉町(久慈川)H24.7.25 27
南会津町(阿賀川水系大川)H24.6.20 21
いわき市(鮫川)H24.5.30 14
郡山市阿(武隈川水系石筵川)H24.8.22 9.5
いわき市(鮫川水系四時川)H24.7.11 8.9
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.7.18 8.7
三島町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.7.4 8.5
南会津町(阿賀川水系伊南川)H24.7.11 8.5
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川)H24.6.27 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系伊南川)H24.6.27 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.6.27 検出限界未満
棚倉町(久慈川)H24.6.27 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.6.27 検出限界未満
会津若松市(阿賀川水系大川)H24.7.4 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.7.11 検出限界未満
昭和村(阿賀川水系野尻川)H24.7.11 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系大川)H24.7.11 検出限界未満
矢祭町(久慈川)H24.5.9検出限界未満
矢祭町(久慈川)H24.5.30 検出限界未満
塙町(久慈川)H24.5.30 検出限界未満
湯川村(阿賀川水系大川)H24.6.20 検出限界未満
三島町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.6.20 検出限界未満
会津若松市(阿賀川水系大川) H24.6.20 検出限界未満
柳津町(阿賀川水系只見川支流滝谷川) H24.6.20 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川) H24.7.18 検出限界未満
湯川村(阿賀川)H24.7.18 検出限界未満
柳津町(阿賀川水系只見川支流滝谷川)H24.8.1 検出限界未満
金山町(阿賀川水系野尻川)H24.8.1 検出限界未満
南会津町(阿賀川水系大川)H24.8.8 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系一ノ戸川)H24.8.22 検出限界未満
喜多方市(阿賀川水系田付川)H24.8.22 検出限界未満

・茨城県
つくば市栗原地先(桜川)H24.5.30 64
つくば市松塚地先 H24.7.17 64
つくば市松塚地先(桜川)H24.6.14 62
つくば市松塚(桜川)H24.5.24 52
つくば市松塚地先(桜川)H24.8.945
北茨城市磯原町地先(花園川)H24.7.25 29
城里町(那珂川)H24.5.18 19
北茨城市磯原町(花園川)H24.6.19 15
北茨城市磯原町(花園川)H24.5.24 10
筑西市女方地先(鬼怒川)H24.7.25 10
太子町下野宮地先(久慈川)H24.8.24 9.6
常陸太田市粟原町(久慈川)H24.5.18 9.4
常陸太田市小島町地先(久慈川)H24.8.24 6.1
北茨城市華川町(花園川)H24.5.18 検出限界未満
日立市川尻町(十王川)H24.5.24 検出限界未満

・栃木県
大田原市花園(箒川)H24.5.18 55
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.5.18 53
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.5.25 39
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.8.10 28
大田原市花園(箒川)H24.8.10 27
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.6.525
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.6.19 25
那須烏山市森田(荒川)H24.6.19 24
大田原市黒羽向町(那珂川)H24.7.20 24
大田原市花園(箒川)H24.7.20 24
那須烏山市大桶(那珂川)H24.6.19 22
那須烏山市大桶(那珂川)H24.7.20 21
那須烏山市大桶(那珂川)H24.5.25 18
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.5.25 17
栃木市大光寺町(思川)H24.7.315
佐野市水木町(秋山川)H24.6.12 14
大田原市花園(箒川)H24.5.25 13
鹿沼市富岡(黒川)H24.6.12 13
茂木町大瀬(那珂川)H24.6.19 13
鹿沼市中粕尾(思川)H24.6.12 11
那須烏山市森田(荒川)H24.7.20 11
茂木町大瀬(那珂川)H24.8.10 11
茂木町大瀬(那珂川)H24.7.20 10
鹿沼市富岡(黒川)H24.7.23 10
那珂川町小川(那珂川)H24.8.10 10
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.6.26 9.1
宇都宮市豊郷台(田川)H24.6.19 9
宇都宮市豊郷台(田川)H24.7.20 9
那須塩原市中塩原(箒川)H24.6.19 8.9
足利市鹿島町(渡良瀬川)H24.7.23 8.0
塩谷町船生(鬼怒川)H24.8.10 8
鹿沼市富岡(黒川)H24.7.10 7.9
鹿沼市富岡(黒川)H24.5.25 7.7
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.7.20 7.6
那珂川町馬頭(武茂川)H24.7.20 6.9
鹿沼市草久(大芦川)H24.8.36.4
塩谷町船生(鬼怒川)H24.7.20 6.3
那須烏山市高瀬(荒川)H24.5.25 6
茂木町大瀬(那珂川)H24.5.25 5.6
栃木市西方町本城(思川)H24.6.19 5.5
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.8.10 5.2
鹿沼市(大芦川)H24.8.24 5.2
栃木市大光寺町(思川)H24.8.34.2
栃木市大光寺町(思川)H24.5.14 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.5.14 検出限界未満
宇都宮市下小倉(鬼怒川)H24.5.14 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.5.14 検出限界未満
大田原市花園(箒川)H24.6.19 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.6.19 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.6.19 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.6.19 検出限界未満
塩谷町船生(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.6.19 検出限界未満
鹿沼市草久(大芦川)H24.6.19 検出限界未満
鹿沼市上久我(荒井川)H24.6.19 検出限界未満
佐野市水木町(秋山川)H24.6.19 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市中粕尾(思川上流)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.6.26 検出限界未満
鹿沼市加園(荒井川)H24.7.3検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.7.3検出限界未満
那須塩原市中塩原(箒川)H24.7.10 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.7.20 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.7.20 検出限界未満
鹿沼市中粕尾(思川)H24.7.20 検出限界未満
佐野市水木町(秋山川)H24.7.20 検出限界未満
栃木市大光寺町(思川)H24.4.25 検出限界未満
那須烏山市大桶(那珂川)H24.5.18 検出限界未満
茂木町大瀬(那珂川)H24.5.18 検出限界未満
那須烏山市森田(荒川)H24.5.18 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.5.25 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.5.25 検出限界未満
宇都宮市下小倉(鬼怒川)H24.5.25 検出限界未満
宇都宮市平石(鬼怒川)H24.5.25 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.5.30 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.6.5検出限界未満
塩谷町船生(鬼怒川)H24.6.12 検出限界未満
宇都宮市豊郷台(田川)H24.6.12 検出限界未満
鹿沼市草久(大芦川)H24.6.12 検出限界未満
日光市中三依(男鹿川)H24.7.23 検出限界未満
栃木市西方町本城(思川)H24.7.23 検出限界未満
鹿沼市加園(荒井川)H24.7.23 検出限界未満
鹿沼市上永野(永野川)H24.7.23 検出限界未満
那須塩原市中塩原(箒川)H24.8.10 検出限界未満
那珂川町馬頭(武茂川)H24.8.10 検出限界未満
那須烏山市森田(荒川)H24.8.10 検出限界未満
茂木町飯野(逆川)H24.8.10 検出限界未満
宇都宮市下小倉町(鬼怒川)H24.8.10 検出限界未満
宇都宮市上横倉町(田川)H24.8.10 検出限界未満

・群馬県
中之条町(名久田川)H24.6.15 15
下仁田町(鏑川)H24.6.87.8
伊勢崎市(広瀬川)H24.7.12 7.3
玉村町(利根川)H24.5.28 6.5
高崎市(碓氷川)H24.6.85.9
沼田市(薄根川)H24.6.22 5.9
みなかみ町(赤谷川)H24.6.22 5.2
藤岡市(鮎川)H24.6.22 検出限界未満
藤岡市(神流川)H24.6.22 検出限界未満
渋川市(利根川)H24.5.25 検出限界未満
神流町(神流川)H24.5.25 検出限界未満
上野村(神流川)H24.5.31 検出限界未満
みどり市(渡良瀬川)H24.6.8検出限界未満
前橋市(桃ノ木川)H24.6.8検出限界未満
高崎市(烏川)H24.6.8検出限界未満
渋川市(吾妻川)H24.6.15 検出限界未満
東吾妻町(吾妻川)H24.6.15 検出限界未満
中之条町(山田川)H24.6.15 検出限界未満
藤岡市(三波川)H24.6.15 検出限界未満
渋川市(利根川)H24.6.28 検出限界未満
桐生市(渡良瀬川)H24.6.28 検出限界未満
桐生市(桐生川)H24.7.12 検出限界未満
伊勢崎市(粕川)H24.7.12 検出限界未満
高崎市・藤岡市(鏑川)H24.7.12 検出限界未満
高崎市(烏川)H24.7.12 検出限界未満

・埼玉県
秩父市(荒川)H24.5.2検出限界未満
飯能市(入間川)H24.5.25検出限界未満
本庄市(利根川)H24.5.25 検出限界未満
狭山市(入間川)H24.5.25 検出限界未満
三郷市(江戸川)H24.5.25 検出限界未満
寄居市(荒川)H24.5.25 検出限界未満
養老川H24.5.30 5.4
小櫃川H24.5.30 検出限界未満
湊川H24.5.30 検出限界未満

・東京都
調布市(多摩川中流域)H24.7.12 17
多摩川中流域(世田谷区)H24.5.31 15
調布市(多摩川中流域)H24.8.16 13
大田区(多摩川下流)H24.4.9検出限界未満
多摩川下流域(大田区)H24.5.10 検出限界未満
多摩川下流域(大田区)H24.5.17 検出限界未満
秋川中流域(あきる野市)H24.5.31 検出限界未満

・神奈川県
小田原市(早川)H24.5.25 検出限界未満
湯河原町(千歳川)H24.5.25 検出限界未満
相模原市田名(相模川)H24.5.31 検出限界未満
厚木市厚木(相模川)H24.5.31 検出限界未満
愛川町(相模川水系中津川)H24.5.31 検出限界未満
小田原市(酒匂川)H24.5.31 検出限界未満
山北町(酒匂川水系河内川)H24.5.31 検出限界未満

・山梨県
大月市(桂川)H24.5.28 検出限界未満
身延町(富士川水系)H24.6.6検出限界未満
山梨市(笛吹川水系)H24.6.20 検出限界未満
道志村(道志川水系)H24.6.20 検出限界未満
丹波山村( 丹波川)H24.7.4検出限界未満
売木村(売木川)H24.6.15 検出限界未満
佐久市(千曲川)H24.6.15 検出限界未満
木曽町(木曽川)H24.6.15 検出限界未満
上田市(千曲川)H24.6.22 検出限界未満
千曲市(千曲川)H24.6.22 検出限界未満
辰野町(横川川)H24.6.22 検出限界未満
塩尻市(奈良井川)H24.7.18 検出限界未満
飯綱町(鳥居川)H24.7.18 検出限界未満
根羽村(根羽川)H24.7.18 検出限界未満
伊豆の国市(狩野川水系)H24.5.18 検出限界未満
静岡市(安倍川水系)H24.6.8検出限界未満
浜松市(天竜川水系)H24.6.22 検出限界未満


・新潟県
湯沢町(魚野川)H24.7.43.4
阿賀町(阿賀野川水系常浪川)H24.6.26 検出限界未満
阿賀町(阿賀野川水系新谷川)H24.6.26 検出限界未満
阿賀町(阿賀野川水系早出川)H24.6.26 検出限界未満
南魚沼市(魚野川)H24.7.4検出限界未満
魚沼市(魚野川)H24.7.4検出限界未満
魚沼市(魚野川水系佐梨川)H24.7.4 検出限界未満
村上市(三面川)H24.8.3検出限界未満

・水産物の放射性物質調査の結果について 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/index.html
[PR]



by touten2010 | 2012-08-27 23:25 | 水産物 | Comments(0)

クロダイの放射能汚染発覚が明らかにした「検査されていないもののリスク」

宮城県産のクロダイから、基準値を上回る放射性セシウムが次々と見つかっている。
最も高い値は3,300Bq/kgと基準値の実に33倍の値である。

宮城県沖のクロダイについては、福島県堺から仙台湾北部まで、広い地域で基準値高い放射能汚染が見られる。
10サンプルのうち実に7割が基準値超である。これだけ高い比率で基準値超の値が見つかっている魚種は他には無い。
マダラ、スズキ、ヒラメ等低層に住む魚に基準値を超えるものが見つかって出荷制限がかかっているが、こうした低層魚も基準値を超えているサンプルはほんの一部であり、宮城県沖のクロダイのように高い比率で見つかっているのでは無いのだ。

こうした事実は、「検査していないもはリスクが高い」という事実を改めて浮き彫りにしたといえる。

下記のデータで解るようにクロダイは福島県沖で去年の8月から100Bq/kgを超える高い値のものがでてきていたにもかかわらず、宮城県では検査がされておらず、初めて検査が行われたのは、今年の4月になってからである。急に汚染が高くなったのではなく、ただ単にこれまで検査がされていなかったのである。

ということは、当然のことだが、去年3月の原発事故から、今年6月28日に出荷制限がかかるまでの1年3か月の間、放射能汚染が高い宮城県産クロダイが、流通し、人の口に入っていた可能性が非常に高いというこである。

宮城県の水産業に占めるクロダイの漁獲高の比率はほんの一部であり、経済的価値はほとんどなく、重要な魚種とは言えない。

しかし、だからと言って、低層魚であり、隣県で高い放射能汚染がすでに見つかっていたクロダイについて、検査を行っていなかったのは、消費者を軽視した姿勢としか思えない。

宮城県は今回の件をきちんと反省し、低層魚の魚種に対する検査を徹底してもらいたい。

さもなければ、「震災で被害を受けた宮城県の水産業の復興応援するために、宮城県産の魚を食べて応援しよう」と行動している人たちを、裏切ることになる。

震災の被害者だからといって、原発事故の加害者に回ってよいということにはならない。

また、政府はなぜ宮城県産のクロダイだけにこれだけたかい放射能汚染がみられるのか、きちんと要因分析を行い、公表すべきである。

さもなければ「まだ調べられておらず、危険な魚種が沢山あるかもしれない」という消費者の不安を払しょくすることは不可能だろうし、宮城県産の水産物は消費者から敬遠されて、宮城県の水産業の復興は望めなくなるだろう。

○クロダイについてのこれまでの検査値

・宮城県
海域      公表日    放射性セシウム検出値(Bq/kg)
東松島市浜市沖2012年7月6日 3300
東松島市浜市沖2012年7月27日 850
亘理町吉田浜沖2012年6月27日  730
仙台湾北中部海域(七ヶ浜町菖蒲田浜沖)2012年6月18日 510
菖蒲田浜沖 2012年7月18日 490
東松島市浜市沖 2012年7月20日 140
亘理沖 2012年7月25日 140
東松島市浜市沖 2012年7月13日 96
東松島市浜市沖 2012年7月4日 27
亘理吉田沖 2012年4月6日 19

・福島県
久之浜沖 2011年12月7日240
久之浜沖 2012年6月20日 210
広野沖 2012年6月27日 210
沼之内沖 2012年5月23日 200
小浜沖 2012年2月8日 188
小浜沖 2011年11月16日 172
鹿島沖 2011年8月10日 137
鹿島沖 2011年8月3日 116
小浜沖 2012年3月21日 95
勿来沖 2012年7月25日 94
久之浜沖 2011年11月16日 92
小浜沖 2012年2月15日 79
広野沖 2011年10月19日 56
原町沖 2011年11月9日 13
沼之内沖 2012年7月4日 9.6

・茨城県
日立市沖 2012年5月29日 61
大洗町沖 2012年3月23日 42
ひたちなか市沖 2012年3月30日 29
ひたちなか市沖 2012年7月17日 26
鹿嶋市沖 2012年7月4日 21
鹿嶋市沖 2012年5月11日 20
鹿嶋市沖 2012年5月24日 19

・千葉県
富津沖2012年3月19日3.6


原子力災害対策特別措置法第20条第3項の規定に基づく食品の出荷制限の設定について
平成24年6月28日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002e5l6.html
以下について、宮城県知事及び栃木県知事に対し出荷制限を指示
(1)宮城県の一部海域(※)で漁獲されたクロダイ
(2)栃木県壬生町において産出された原木シイタケ(施設栽培)



・水産物の放射性物質調査の結果について~7月25日更新~ 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/index.html
[PR]



by touten2010 | 2012-07-29 23:23 | 水産物 | Comments(0)

福島県水産物漁再開の安全性を検証する

福島県漁連が18日に、福島県沖産の放射性セシウムが最近検出されていない一部海産物について漁獲・販売を決定した。

・ニュース 相馬沖の3種、販売承認 放射性物質検出せず 福島県漁連 2012年06月19日火曜日 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/06/20120619t65009.htm
「福島県漁連は18日・・・相馬市の相馬沖で漁獲するミズダコとヤナギダコ、貝のシライトマキバイの計3種の販売を承認した。
・・・21日にも県内外の店頭に並ぶ見通し。」とある。

福島県漁連が漁獲・販売を決定した、「根拠」が漁連のホームページに詳しく解説されている。

・福島県の漁業について JF福島漁連
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/
「今までのサンプリング調査でタコ類やイカ類などでは、放射性物質による影響が少ない事が確認されております。」と説明。

福島県水産試験場のホームページ
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=E4AB3205C8F768A66C62D68F61CDB975?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=10797

・ミズダコ、ヤナギダコ、シライトマキバイ(マキツブ)の検査結果グラフ(福島県)
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/takotsubu-01.pdf
三品目いずれも事故直後以外は放射性セシウムが検出されていないと説明

東京大学の八木信行准教授が、安全性の根拠について、これまでの検討経緯も含めて解説している。

「消費者の安全を守りながら福島県の漁業を再開することはできるか」(pdf)
八木信行 東京大学大学院農学生命科学研究科准教授
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/yagi_kaisetu2.pdf
「特にイカ、タコ、貝類などは、魚類よりも放射性セシウムの凝縮係数が低いことがしられています。」と説明

凝縮係数(濃縮係数)そのものについては、同じ漁連のホームページに根拠が掲載されている。

海産生物可食部の濃縮係数
http://www.jf-net.ne.jp/fsgyoren/yagi_kaisetu.pdf
IAEAテクニカルレポートシリーズ No.422のセシウム、ストロンチウム等の海産生物別濃縮係数を紹介

見てみると以下のように、確かに貝類、イカ・タコは魚類よりもセシウムの濃縮係数は低い。

セシウムの濃縮係数
 魚類   100
 貝類    60
 イカ、タコ  9

しかし、ストロンチウムを見てみると、貝類は魚類よりも濃縮係数が高くなっている。

ストロンチウムの濃縮係数
 魚類    3
 貝類   10
 イカ、タコ 2 

さらに、これらの根拠となっているIAEAのテクニカルレポート No422を見てみよう。

IAEA TECHNICAL REPORTS SIRIES no.422
http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/TRS422_web.pdf
p.36に魚類(Fish)、p.46に貝類(MOLLUSCS(ECEPT CEPHAPOPODS)、p.64にイカ、タコ(頭足類:CEPHAPOPODS))の濃縮係数が記載されている。

私が、以前6月3日のブログで問題点を指摘した放射性銀について、その濃縮係数を見てみよう。

銀の濃縮係数
 魚類 10000
 貝類 60000
 イカ、タコ データ無し

セシウムやストロンチウムと比べて、銀の濃縮係数は桁違いに高い。
しかも、魚類よりも貝類の方がずっと高い。

放射性銀は、食品衛生法の基準値を策定する際には、半減期が短いといったことで無視されたが、これだけ濃縮係数が高いと、しっかりモニタリングと評価を行うことが必要ではないかと思える。

やはり前にブログで説明したとおり、

1.放射性セシウム以外の放射性各種について、どのように安全性を評価するのか明らかにし、説明を広く行うこと。
2.放射性セシウム以外の放射性銀等の放射性核種について、少なくとも一月に1回は検査して数値を明らかにすること。

等の措置を政府としてとってもらわないと、福島県の海産物の安全性が確保されたとは言いがたい。消費者の不安感をぬぐうことはできないだろう。
[PR]



by touten2010 | 2012-06-20 22:49 | 水産物 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧