放射能に向き合う日々

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧




クロダイの放射能汚染発覚が明らかにした「検査されていないもののリスク」

宮城県産のクロダイから、基準値を上回る放射性セシウムが次々と見つかっている。
最も高い値は3,300Bq/kgと基準値の実に33倍の値である。

宮城県沖のクロダイについては、福島県堺から仙台湾北部まで、広い地域で基準値高い放射能汚染が見られる。
10サンプルのうち実に7割が基準値超である。これだけ高い比率で基準値超の値が見つかっている魚種は他には無い。
マダラ、スズキ、ヒラメ等低層に住む魚に基準値を超えるものが見つかって出荷制限がかかっているが、こうした低層魚も基準値を超えているサンプルはほんの一部であり、宮城県沖のクロダイのように高い比率で見つかっているのでは無いのだ。

こうした事実は、「検査していないもはリスクが高い」という事実を改めて浮き彫りにしたといえる。

下記のデータで解るようにクロダイは福島県沖で去年の8月から100Bq/kgを超える高い値のものがでてきていたにもかかわらず、宮城県では検査がされておらず、初めて検査が行われたのは、今年の4月になってからである。急に汚染が高くなったのではなく、ただ単にこれまで検査がされていなかったのである。

ということは、当然のことだが、去年3月の原発事故から、今年6月28日に出荷制限がかかるまでの1年3か月の間、放射能汚染が高い宮城県産クロダイが、流通し、人の口に入っていた可能性が非常に高いというこである。

宮城県の水産業に占めるクロダイの漁獲高の比率はほんの一部であり、経済的価値はほとんどなく、重要な魚種とは言えない。

しかし、だからと言って、低層魚であり、隣県で高い放射能汚染がすでに見つかっていたクロダイについて、検査を行っていなかったのは、消費者を軽視した姿勢としか思えない。

宮城県は今回の件をきちんと反省し、低層魚の魚種に対する検査を徹底してもらいたい。

さもなければ、「震災で被害を受けた宮城県の水産業の復興応援するために、宮城県産の魚を食べて応援しよう」と行動している人たちを、裏切ることになる。

震災の被害者だからといって、原発事故の加害者に回ってよいということにはならない。

また、政府はなぜ宮城県産のクロダイだけにこれだけたかい放射能汚染がみられるのか、きちんと要因分析を行い、公表すべきである。

さもなければ「まだ調べられておらず、危険な魚種が沢山あるかもしれない」という消費者の不安を払しょくすることは不可能だろうし、宮城県産の水産物は消費者から敬遠されて、宮城県の水産業の復興は望めなくなるだろう。

○クロダイについてのこれまでの検査値

・宮城県
海域      公表日    放射性セシウム検出値(Bq/kg)
東松島市浜市沖2012年7月6日 3300
東松島市浜市沖2012年7月27日 850
亘理町吉田浜沖2012年6月27日  730
仙台湾北中部海域(七ヶ浜町菖蒲田浜沖)2012年6月18日 510
菖蒲田浜沖 2012年7月18日 490
東松島市浜市沖 2012年7月20日 140
亘理沖 2012年7月25日 140
東松島市浜市沖 2012年7月13日 96
東松島市浜市沖 2012年7月4日 27
亘理吉田沖 2012年4月6日 19

・福島県
久之浜沖 2011年12月7日240
久之浜沖 2012年6月20日 210
広野沖 2012年6月27日 210
沼之内沖 2012年5月23日 200
小浜沖 2012年2月8日 188
小浜沖 2011年11月16日 172
鹿島沖 2011年8月10日 137
鹿島沖 2011年8月3日 116
小浜沖 2012年3月21日 95
勿来沖 2012年7月25日 94
久之浜沖 2011年11月16日 92
小浜沖 2012年2月15日 79
広野沖 2011年10月19日 56
原町沖 2011年11月9日 13
沼之内沖 2012年7月4日 9.6

・茨城県
日立市沖 2012年5月29日 61
大洗町沖 2012年3月23日 42
ひたちなか市沖 2012年3月30日 29
ひたちなか市沖 2012年7月17日 26
鹿嶋市沖 2012年7月4日 21
鹿嶋市沖 2012年5月11日 20
鹿嶋市沖 2012年5月24日 19

・千葉県
富津沖2012年3月19日3.6


原子力災害対策特別措置法第20条第3項の規定に基づく食品の出荷制限の設定について
平成24年6月28日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002e5l6.html
以下について、宮城県知事及び栃木県知事に対し出荷制限を指示
(1)宮城県の一部海域(※)で漁獲されたクロダイ
(2)栃木県壬生町において産出された原木シイタケ(施設栽培)



・水産物の放射性物質調査の結果について~7月25日更新~ 水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/index.html
[PR]



by touten2010 | 2012-07-29 23:23 | 水産物 | Comments(0)

志賀原発下で活断層が動いて深刻な事故が起これば日本中どこへ逃げても無駄

保安院の地震専門家意見聴取会で、志賀原発の原子炉建屋直下に活断層が走っている可能性が高いと、地震の専門家から指摘があり、保安院が再度の調査を北陸電力に指示をしていることは多くの方の知るところだ。

・志賀原発断層 北電「問題ない」2012年07月21日朝日新聞
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000001207210001


志賀原発と言えば、日本で唯一、裁判所が「運転してはならない」という判決を出した原発である。
この判決は以下の裁判所判例検索で見ることができるので、多くの人にぜひ読んでもらいたい。
金沢地方裁判所の平成18年3月24日の判例「平成11年(ワ)第430号志賀原子力発電所第2号機建設差止請求事件」である。

・裁判所判例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?hanreiSrchKbn=01


全部で179ページもあるが、1ページの判決主文と171以降の「まとめ」の部分を読めば、判決の論旨のおおよそをつかむことができる。

おおまかに言うと、
「志賀原発が運転されることによって、地震を要因とする事故により、周辺住民が許容限度を超える放射線を被ばくする具体的危険が
存在することが推認される。そし最悪の事故が生じたを想定した場合は、原告のうち最も遠方に住む熊本県居住者でさえ、年間被ばく許容限度である年間1ミリシーベルトをはるかに超える50ミリシーベルトの被ばくの恐れがあることから、その具体的危険は受忍限度を超えて違法であるから、人格権に基づく運転差し止め請求が認められる。」

志賀原発があるのは、北陸の石川県である。

・北陸電力 原子力情報
http://www.rikuden.co.jp/genshiryoku/index.html


事故が起こったら、はるか離れた九州のど真ん中熊本県に住んでいても危険なのだから、志賀原発で活断層が動いて深刻な事故が起これば、日本中どこへ逃げても無駄だし、どこに住んでいる人も危険を免れることはできない。

今後、北陸電力にきちんと調査をさせ、活断層を確認させて志賀原発を廃炉に追い込んでいくことは、日本国民全員にとっての大きな課題である。
[PR]



by touten2010 | 2012-07-23 23:16 | 全般 | Comments(0)

福島原発は津波ではなく地震で壊れた?

7月11日の報道ステーションで、田中三彦氏が、津波の到達時間のデータや津波が到達したときの福島原発の連続写真を根拠にして、福島原発は津波ではなくて地震による揺れで壊れた可能性があることを指摘しておられた。

しかも報道ステーションによると、記者会見で東電は地震で壊れた可能性があることを否定していないという。

これは非常に大きな問題だ。

もし、福島原発が地震の揺れで壊れたのだとすると、「福島原発以外の原発は、津波が到達するような低いところに建てていないから大丈夫」といった理屈がすべて通用しなくなってしまうからである。

それを論拠に、フランスの元サルコジ大統領も、大前健一も、「他の原発は安全」と言ってきていたのだから、そうした世界中の原発維持・推進論者の根拠がすべて失われてしまうのだ。

日本は世界でも例外的に地震の巣の上に原発を立てている国であり、多くの原発の近辺には、地震を引き起こす断層が走っている。

たとえば、再稼働したばかりの「大飯原発の地下には破砕帯(=活断層)が存在することが渡辺満久・鈴木廉弘両教授によって確認された。」と、原子力資料情報室通信457号(7月1日発行)は伝えている。

つまり、日本中のどの原発においても、明日大きな地震が起こって福島原発事故のような事故がこのこる可能性があるし、日本中のどこの地域においても、今の福島のような悲惨な状態が明日訪れる可能性があるということである。

これだけ悲惨な事故がおきたにも関わらず、政府の原発推進の方針はちっとも変わらないし、原発事故のリスクを減らしていこうという方針転換を政府はまったく見せない。そのような実態は原子力資料情報室の原子力資料情報通信を読むとよくわかる。

原発の安全性に関心がある方は、ぜひ原子力資料情報室の賛助会員になって、原発の推進体制の問題を科学的にウオッチしておくことをお勧めする。

科学をよりどころに市民が動かなければ、世の中はよくならない。
[PR]



by touten2010 | 2012-07-15 23:46 | 全般 | Comments(0)

がれきは燃やすべきなのか?

今朝のNHKニュースで、震災がれきの処分と放射能汚染の問題について、「木質がれきは放射性セシウム検出値が高くでも100Bq/kg程度なのに対し、木質と土の混合物などは、1000BQ/kg程度のものが散見され、自治体による埋め立て処分受け入れが進まない」と説明がされていた。

しかし、これはおかしな話である。放射性セシウムが木材に含まれていた場合、これを燃やせば200倍以上に放射性物質が濃縮される可能性があることは、以前私のブログで説明したとおりだ。

木質がれきだと100Bq/kg程度の放射性セシウム汚染でも、燃やせば2万Bq/kgに濃縮されてしまう可能性がある、そしてそれは結局受け入れ自治体が埋め立て処分地に埋め立てざるを得ないだろう。

2万Bq/kgの焼却灰の埋め立ては受け入れてもよいが、1000Bq/kgの混合物の埋め立ては受け入れられないというのは、どう考えても理屈に合わない。

受け入れ自治体は、受け入れたがれきを焼却するのではなく、そのまま埋めたtる方法をとるべきである。がれきの処分が「結局最後はどうなるのか」きちんと考えて、がれきを受け入れるべきだろう
[PR]



by touten2010 | 2012-07-05 23:43 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧