放射能に向き合う日々

<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




2013年産のクリはまず大丈夫(再整理:千葉県)

○検査結果 厚生労働省
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html

クリの放射性セシウムCs134+Cs137合計検出値
(2013年産、10月28日公表分まで)

・千葉県
市町村 採取日 厚労省
公表 Cs合計(Bq/kg)
流山市 2013/9/10 2013/9/17 31
市川市 2013/8/27 2013/8/30 26
我孫子市 2013/9/10 2013/9/17 21
印西市 2013/9/2 2013/9/6 20
印西市 2013/9/2 2013/9/6 16
印西市 2013/9/2 2013/9/6 <10
香取市 2013/9/3 2013/9/6 16
白井市 2013/9/9 2013/9/17 14
白井市 2013/9/9 2013/9/17 <9.8
白井市 2013/9/9 2013/9/17 7.2
成田市 2013/8/20 2013/8/23 <12
いすみ市 2013/9/17 2013/9/20 <11
館山市 2013/9/17 2013/9/20 <11
四街道市 2013/9/10 2013/9/17 <11
市原市 2013/9/11 2013/9/17 <11
千葉市 2013/8/21 2013/8/23 <11
船橋市 2013/9/10 2013/9/13 11
船橋市 2013/9/10 2013/9/13 8.8
船橋市 2013/8/27 2013/8/30 7.2
匝瑳市 2013/9/17 2013/9/20 <11
袖ケ浦市 2013/9/10 2013/9/17 <11
多古町 2013/9/10 2013/9/17 <11
長柄町 2013/8/27 2013/8/30 <11
東金市 2013/9/18 2013/9/20 <11
富里市 2013/9/17 2013/9/20 <11
茂原市 2013/9/17 2013/9/20 <11
野田市 2013/9/3 2013/9/6 <11
鴨川市 2013/9/9 2013/9/17 <10
八街市 2013/9/10 2013/9/17 <10
佐倉市 2013/9/17 2013/9/20 <9.7
南房総市 2013/9/10 2013/9/17 <9.7
大網白里市 2013/9/17 2013/9/20 <8.8
木更津市 2013/9/17 2013/9/20 7.6
柏市 2013/9/17 2013/9/20 7.5
栄町 2013/9/13 2013/9/20 7.3
八千代市 2013/9/4 2013/9/6 6.1
芝山町 2013/9/3 2013/9/6 5.8
[PR]



by touten2010 | 2013-10-31 22:13 | クリ・木の実・果実 | Comments(0)

2013年産のクリはまず大丈夫(再整理:福島県分)

○検査結果 厚生労働省
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html

クリの放射性セシウムCs134+Cs137合計検出値
(2013年産、10月28日公表分まで)

・福島県
市町村 採取日 厚労省
公表 Cs合計(Bq/kg)
広野町 2013/9/17 2013/9/27 83
広野町 2013/9/17 2013/9/27 19
西郷村 2013/9/13 2013/9/20 55
昭和村 2013/9/24 2013/9/27 32
昭和村 2013/9/17 2013/9/20 <12
天栄村 2013/9/9 2013/9/13 25
鏡石町 2013/9/9 2013/9/13 25
桑折町 2013/10/16 2013/10/18 21
金山町 2013/9/17 2013/9/20 21
古殿町 2013/9/25 2013/9/27 17
古殿町 2013/9/17 2013/9/20 <9.7
古殿町 2013/9/17 2013/9/20 6.8
三春町 2013/9/6 2013/9/12 15
三春町 2013/9/24 2013/9/27 <11
三春町 2013/9/6 2013/9/12 9.1
矢祭町 2013/10/7 2013/10/11 <13
郡山市 2013/9/9 2013/9/13 12
郡山市 2013/10/4 2013/10/8 5.6
会津美里町 2013/9/25 2013/9/27 <12
会津美里町 2013/9/24 2013/9/27 <10
会津美里町 2013/9/17 2013/9/20 <5.4
会津坂下町 2013/9/17 2013/9/20 <12
会津坂下町 2013/9/17 2013/9/20 <11
会津坂下町 2013/9/24 2013/9/26 4.3
北塩原村 2013/9/4 2013/9/6 <11
西会津町 2013/9/13 2013/9/20 <11
西会津町 2013/9/13 2013/9/20 <9
北塩原村 2013/9/11 2013/9/13 <8.9
西会津町 2013/9/10 2013/9/13 <8
塙町 2013/9/9 2013/9/12 <11
三島町 2013/9/17 2013/9/20 <11
白河市 2013/9/3 2013/9/12 <10
川内村 2013/9/17 2013/9/26 <10
小野町 2013/9/17 2013/9/20 <10
喜多方市 2013/9/9 2013/9/12 <9.9
喜多方市 2013/9/9 2013/9/12 <7.8
喜多方市 2013/9/10 2013/9/13 6.7
柳津町 2013/9/17 2013/9/20 <9.7
平田村 2013/9/17 2013/9/20 <9.1
南会津町 2013/9/9 2013/9/13 <8.1
南会津町 2013/9/17 2013/9/20 <5.8
会津若松市 2013/9/10 2013/9/12 <9.1
会津若松市 2013/9/10 2013/9/12 <8.3
只見町 2013/9/25 2013/9/27 <9
下郷町 2013/9/10 2013/9/13 <8.9
石川町 2013/9/11 2013/9/20 <8.7
国見町 2013/10/8 2013/10/10 <8.7
須賀川市 2013/9/9 2013/9/13 <8
田村市 2013/9/17 2013/9/20 7.2
玉川村 2013/9/10 2013/9/13 <7.2
[PR]



by touten2010 | 2013-10-29 23:45 | クリ・木の実・果実 | Comments(0)

2013年産のクリはまず大丈夫(再整理)

2013年産のクリの放射性セシウム検出値がだいぶ出てきたので再整理をしてみた。

千葉県と福島県のデータが多いので、分けて掲載する。

依然として、基準値超のものは全くない。

しかし、栗の生産日本一の茨城県のデータがまだ非常に少ないし、検出下限値も20~25Bq/kgと非常に粗雑な検査だ。
(茨城県の場合、検出限界値が20未満になっているサンプルは、札幌市など他の自治体が実施している調査)

放射性物質検査については、已然として、「測らないものが徳をする」という状態を厚生労働省が放置しているという実態は、変わっていない。

○検査結果 厚生労働省
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html

クリの放射性セシウムCs134+Cs137合計検出値
(2013年産、10月28日公表分まで)

・青森県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
六戸町 2013/10/1 2013/10/4 <20
八戸市 2013/9/18 2013/9/27 <20
南部町 2013/9/13 2013/9/24 <20
南部町 2013/9/19 2013/9/27 <20
南部町 2013/10/1 2013/10/4 <20
東北町 2013/10/1 2013/10/4 <20
田子町 2013/9/26 2013/10/4 <20
十和田市 2013/10/1 2013/10/4 <20
七戸町 2013/10/1 2013/10/4 <20
三沢市 2013/10/3 2013/10/4 <20
弘前市 2013/9/18 2013/9/24 <20
五戸町 2013/9/18 2013/9/27 <20

・宮城県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
気仙沼市 2013/9/24 2013/10/2 42
栗原市 2013/10/8 2013/10/16 <25
石巻市 2013/9/18 2013/9/25 <25
大和町 2013/9/14 2013/10/2 <25
― 2013/10/17 2013/10/17 5.6

・山形県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
米沢市 2013/10/10 2013/10/11 <19
小国町 2013/9/18 2013/9/20 <18
遊佐町 2013/9/19 2013/9/20 <17
西川町 2013/9/18 2013/9/20 <16
鶴岡市 2013/9/18 2013/9/20 <16
東根市 2013/9/18 2013/9/20 <16
飯豊町 2013/10/2 2013/10/4 <16

・茨城県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
桜川市 2013/9/9 2013/9/12 <25
かすみがうら市 2013/9/2 2013/9/5 <25
かすみがうら市 2013/9/4 2013/9/10 <20
笠間市 2013/8/28 2013/8/29 <25
― 2013/9/19 2013/9/24 <25
― 2013/9/27 2013/10/3 9.3
小美玉市 2013/9/19 2013/9/20 8.9

・栃木県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
塩谷町 2013/9/5 2013/9/13 22
塩谷町 2013/9/10 2013/9/13 5.6
塩谷町 2013/9/10 2013/9/13 4
日光市 2013/9/10 2013/9/13 22
日光市 2013/9/10 2013/9/13 <5.2
日光市 2013/9/10 2013/9/13 4.4
矢板市 2013/9/10 2013/9/13 14
矢板市 2013/9/3 2013/9/13 5.6
矢板市 2013/9/3 2013/9/13 4.7
鹿沼市 2013/9/10 2013/9/13 11
鹿沼市 2013/9/10 2013/9/13 9.7
鹿沼市 2013/9/10 2013/9/13 3.9
宇都宮市 2013/8/27 2013/8/30 <9.6
下野市 2013/9/10 2013/9/13 <9.4
益子町 2013/9/17 2013/9/20 <8.4
芳賀町 2013/9/3 2013/9/6 7.8
佐野市 2013/9/10 2013/9/13 <6.9
真岡市 2013/9/3 2013/9/6 <6.9
茂木町 2013/9/3 2013/9/6 <6.6
岩舟町 2013/8/27 2013/8/30 <6.6
那須烏山市 2013/9/3 2013/9/6 <6.3
小山市 2013/9/17 2013/9/20 <6.2
足利市 2013/9/10 2013/9/13 <6.1
野木町 2013/9/17 2013/9/20 <6.1
那珂川町 2013/9/3 2013/9/6 <5.9
栃木市 2013/8/27 2013/8/30 <5.6
市貝町 2013/9/17 2013/9/20 5.3
壬生町 2013/8/27 2013/8/30 4.6
さくら市 2013/9/10 2013/9/13 3.8
高根沢町 2013/9/3 2013/9/6 3.8

・群馬県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
安中市2013/9/8 2013/9/12 <12
みなかみ町 2013/10/2 2013/10/10<10
太田市2013/9/24 2013/9/27 5.9

・埼玉県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
小鹿野町 2013/9/17 2013/9/26 <11
滑川町2013/9/3 2013/9/6 <9.3
東松山市 2013/9/17 2013/9/26 <9.3

・東京都
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
八王子市 2013/9/13 2013/9/25 <12
杉並区2013/9/6 2013/9/12 <11
―2013/10/17 2013/10/17 5.7

・神奈川県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
南足柄市 2013/8/19 2013/8/21 <9.3
相模原市 2013/9/11 2013/10/3 < 1.3

・新潟県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
十日町市 2013/9/12 2013/9/18 <8.7
五泉市2013/9/24 2013/9/26 <8.4
上越市2013/9/13 2013/9/18 <7.9
阿賀町2013/9/9 2013/9/11 <6.9
阿賀町2013/9/20 2013/9/24 <5.2
加茂市2013/9/30 2013/10/2 <6.9
関川村2013/9/13 2013/9/18 <2.8

・岐阜県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
中津川市 2013/9/9 2013/10/4 <25

・愛媛県
市町村 採取日 厚労省公表 Cs合計(Bq/kg)
鬼北町2013/10/2 2013/10/16 <25
[PR]



by touten2010 | 2013-10-29 06:49 | クリ・木の実・果実 | Comments(0)

原子力規制委員会海洋モニタリング検討会でも放射性ストロンチウムの海水等の計測不足が議論に

9月13日に開催された原子力規制委員会海洋モニタリング検討会で、気象研究所の青山道夫主任研究官が、「数少ない海水のデータから見ても、放射性セシウムと放射性ストロンチウムの比率がほぼ同じになってきていることから、放出がおさまった放射性セシウムと異なり、放射性ストロンチウムは福島第一原発から海洋へ流出し続けていることが解る」と重要な指摘をした。

青山主任研究官は、第二回の会議に「海洋モニタリングの抜本的な改善のための意見」を提出し、放射性ストロンチウムの計測をもっとしっかりするべきだと主張している。

今や、最も大きな危険性があるのは、福島第一原発からの放射性ストロンチウムの流出である。

しかし、放射性ストロンチウムの計測は、データが多くなるどころか、どんどん出なくなっている。はっきり言って、隠ぺいされていると言ってもよい状況だ。

放射性ストロンチウムの計測が海洋モニタリングでこれから強化されていくのかどうか、国民の目でしっかり監視をしてくべきだ。

海洋モニタリングに関する検討会
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaiyou_monitoring/

平成25年9月13日第1回 議事録
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaiyou_monitoring/data/20130913.pdf

青山主任研究官発言(抜粋)
先ほど中村委員がおっしゃったように、濃度は下がっていますね、いいことですね、確
かにそうです。ただし、それが1Bq/Lというところで止まってしまっている。そこが問題
なんだろうと。そこにストロンチウム90のデータを載せてみると、徐々に近づいてきて、
私、自分で、実は公表されているデータを全部データベースに入力をして、全部見て、チ
ェックをした上で使わせていただいているんですが、私の論文の中で。そこに重ねると、
ストロンチウム90の濃度とセシウム137の濃度が、最近では近づいているというのがわか
ります。ほぼ同じレベルです。それが意味していることは、このもとになっているT-1で
観測されているセシウム137とストロンチウム90は、東電さんがタービン建屋の中のセシ
ウムがたくさん含まれているやつを除染をして、くるくる回しているお水がソースなんだ
ろうということが容易に推測がつくようになります。p.26

平成25年10月21日 会議資料
持込資料(青山委員)海洋モニタリングの抜本的な改善のための意見【PDF:114KB】
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaiyou_monitoring/data/0002_09.pdf
[PR]



by touten2010 | 2013-10-21 22:01 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

放射能汚染水漏れタンク地下水の放射性物質濃度が急上昇

300tの高濃度放射能汚染水が漏れた、H4タンクの近くで、10月17日、地下水から
40万Bq/lという極端に高いベータ線放射性核種が検出された。

9月8日に3,200Bq/lという非常に高い値が検出されてからほぼ一貫して下がり、最近は二けたの値まで下がっていたのが、たった1日でいきなり数十万Bq/lに急上昇したのである。

放射性トリチウム(H3)はすで9月12日時点で何十万Bq/lと高い値に達していたが、NHKが報道した東京電力の説明によると、放射性ストロンチウム(Sr90)は放射性トリチウムよりも移動が遅いため、地下水への到達が遅れたということだ。

この高い濃度の放射性ストロンチウムを含んだ地下水は将来的には長い時間をかけて必ず海へ流出する。

対策をとるべきだという声が全く上がってこないが、この極端に危険な放射能汚染地下水が海へ流出するのを、手をこまねいて傍観していてよいのだろうか。

採取ポイントE-1
(sample point E-1)

1 全β線核種(β)
(sample point E-1)
採取日 Bq/l
(sample day)
2013/9/8 3,200
2013/9/9 1,900
2013/9/10 2,000
2013/9/11 1,500
2013/9/12 1,600
2013/9/13 1,300
2013/9/14 1,100
2013/9/15 1,100
2013/9/16 560
2013/9/17 360
2013/9/18 270
2013/9/19 340
2013/9/20 370
2013/9/21 480
2013/9/22 450
2013/9/23 290
2013/9/24 260
2013/9/25 190
2013/9/26 200
2013/9/27 190
2013/9/28 170
2013/9/29 150
2013/9/30 130
2013/10/1 130
2013/10/2 130
2013/10/3 90
2013/10/4 110
2013/10/5 160
2013/10/6 250
2013/10/7 230
2013/10/8 240
2013/10/9 230
2013/10/10 180
2013/10/11 140
2013/10/12 140
2013/10/13 72
2013/10/14 80
2013/10/15 90
2013/10/16 61
2013/10/17 400,000
2013/10/18 300,000

2 放射性トリチウム(H-3)

採取日 Bq/l
(sample day)
2013/9/8 4,200
2013/9/9 29,000
2013/9/10 64,000
2013/9/11 97,000
2013/9/12 130,000
2013/9/13 150,000
2013/9/14 170,000
2013/9/15 140,000
2013/9/16 95,000
2013/9/19 70,000
2013/9/20 110,000
2013/9/21 130,000
2013/9/22 150,000
2013/9/23 150,000
2013/9/24 170,000
2013/9/25 170,000
2013/9/26 190,000
2013/9/27 160,000
2013/9/28 140,000
2013/9/29 140,000
2013/9/30 140,000
2013/10/1 140,000
2013/10/2 160,000
2013/10/3 130,000
2013/10/4 140,000
2013/10/5 160,000
2013/10/6 230,000
2013/10/7 250,000
2013/10/8 260,000
2013/10/9 280,000
2013/10/10 320,000
2013/10/11 300,000
2013/10/12 280,000
2013/10/13 270,000
2013/10/14 270,000
2013/10/15 260,000
2013/10/16 230,000
2013/10/17 790,000
2013/10/18 620,000

These data come from TEPCO Home Page
http://www.tepco.co.jp/en/nu/fukushima-np/f1/smp/index-e.html

タンク周辺地下水で濃度急上昇
10月18日 6時1分 NHK Online
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131018/k10015370751000.html
「東京電力では、ストロンチウムなどの比較的、移動の遅い放射性物質も地下水に到達したとみています。と解説している。

福島第一原発周辺土壌水汚染、濃度急上昇
18.10.2013,The Voice Of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2013_10_18/123044485/
[PR]



by touten2010 | 2013-10-20 22:39 | その他農産物 | Comments(0)

マツタケの放射能汚染はやっぱり気にしなくて良い

マツタケのデータが少しだけ(山梨県富士吉田市と富士河口湖町分)増えたので、リバイスしてみた。

2013年産マツタケの放射能セシウム検出値
(厚生労働省10月9日公表分まで)
・岩手県
厚労省 放射性セシウム

市町村 採取日 公表日(Cs134+Cs137:Bq/kg)
軽米町 9月29日10月4日34
野田村9月18日9月25日26
山田町9月23日9月26日22
山田町9月17日9月19日13
山田町9月17日9月19日13
葛巻町9月10日9月13日15
岩手町9月12日9月13日14
宮古市9月20日9月26日12
大槌町9月10日9月13日12
岩泉町9月17日9月25日10
久慈市9月16日9月18日8.8
久慈市9月16日9月18日8.8
久慈市9月16日10月2日8.8
田野畑村 9月19日 9月25日 8.1

・宮城県
気仙沼市 9月25日 9月27日 11

・山形県
高畠町9月24日9月26日9.2
小国町9月26日9月30日6.5

・福島県
柳津町10月3日10月4日 32
柳津町10月3日10月4日 30
三島町9月19日9月20日11
南会津町 6月16日 8月20日 <8.3

・山梨県
鳴沢村9月4日9月19日40
鳴沢村8月27日9月19日24
富士吉田市 9月26日 10月9日 14
富士吉田市 9月18日10月9日 <13
富士河口湖町 9月19日 10月9日 <19
富士河口湖町 9月25日 10月9日 <14

長野県
佐久穂町9月26日9月30日<10

厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw6.html
[PR]



by touten2010 | 2013-10-12 23:41 | 山の幸 | Comments(0)

今度は配管を外して汚染もれ

福島第一原発で、10月9日、作業員が、汚染水処理施設の配管をうっかり外してしまい、高濃度の放射性ストロンチウムが含まれた汚染水を漏らして、従業員が被ばくするという事故が起きた。

この事故はまた世界中で報道されているが、BBC放送は「一連の事故により、東京電力は状況を改善し適切な措置をとっていくことに失敗していると見ている人々は、その見方を強めるだろう」「事故により、東京電力が最悪の放射能汚染を解消するには四半世紀はかかるだろうという一般的な見方が強まった」と報じている。

9 October 2013 BBC news (AFP)
Fukushima workers doused by contaminated water leak
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24445242

Six workers at Japan's Fukushima nuclear plant doused with radioactive water
9 October 2013 ABCnews:Australia (AFP)
http://www.abc.net.au/news/2013-10-09/six-fukushima-workers-doused-with-radioactive-water/5012436

福島第一 処理装置 汚染水漏れ 作業員被ばくか
2013年10月9日 東京新聞夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013100902000233.html
[PR]



by touten2010 | 2013-10-10 06:32 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発の冷却システム一時停止を報じた海外MEDIA

10月7日福祉第一原子力発電所で、炉心を冷却するシステムが、従業員が誤って停止ボタンを押すというミスで一時停止したと、NHK が報じた。

この事故はNew York Times や The Voice of Russia など外国Mediaも報道しているが、なぜかNHK以外の国内Mediaの報道が見つからない。

国内Mediaはもう作業員のミスによる事故は慣れっこになってしまったのだろうか。

福島原発 注水ポンプ一時停止
10月7日 12時14分 NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131007/k10015084591000.html

Fukushima Reactor’s Cooling System Briefly Stalls
By MARTIN FACKLER
Published: October 7, 2013 New York Times
http://www.nytimes.com/2013/10/08/world/asia/fukushima-reactors-cooling-system-briefly-stalls.html?_r=0


福島第1原発、原子炉冷却装置が一時停止
7.10.2013 The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2013_10_07/fukushimadaiichi-nihon/
[PR]



by touten2010 | 2013-10-08 06:41 | Comments(0)

小泉元首相の「原発ゼロ」主張に対する各新聞の反応

10月1日に小泉元首相が名古屋市内で講演し、「核のゴミの処分場のあてもないのに原発を進める方がよほど無責任」と述べている件につき、様々なMediaが報道を行っているので、まとめてみた。

・まず、東京新聞は、2日の朝刊一面で小泉元首相の発言を取り上げた、自民党石破幹事長が党の会合で小泉元首相の意見を聞くかもしれないとの絵べたと伝えている。

小泉元首相 原発ゼロ訴え 講演会 安倍政権に決断促す
2013年10月2日 東京新聞 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013100202000115.html

原発ゼロ発言で石破幹事長 「小泉氏の意見聞く」
2013年10月3日 東京新聞朝刊 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013100302000118.html

・朝日新聞は、天声人語で「筋が通っている。正気に返るべきなのだ。」と持ち上げたうえで、息子の小泉進次郎復興政務官の「日本が変わるときじゃないのか」といった発言を掲載し、自民党若手の原発慎重派の動きを紹介し、「自民党の中でも新しい動きがでてきた」かのような取り上げ方をしている。

(天声人語)小泉氏の「原発ゼロ」論
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201310020690.html


原発推進の安倍政権に異議 自民若手にも再稼働慎重派
10月5日 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1005/TKY201310040559.html


「(原発事故で)変わるときじゃないか」小泉復興政務官
2013年10月6日 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1006/TKY201310060025.html


・毎日新聞は、社説で取り上げ「核心をついた指摘である。・・原発からの撤退を迫る忠告に政界は耳を傾けるべきだ。」と主張したうえで、「解せないのは、・・「原発ゼロ」路線をことあるごとに批判してきた勢力から、正面きった反論があまり聞かれないことだ。」と皮肉をかましている。

社説:小泉氏のゼロ論 原発問題の核心ついた
毎日新聞 2013年10月05日 
http://mainichi.jp/opinion/news/20131005k0000m070141000c.html

・New York Times は、国民の半数が原発再稼働に反対しているが、一時は官邸前につめかけた数万人のデモも、いまでは数十人に減少しており、自民党は選挙で大勝していて、小泉元首相の発言が反原発への動きに力になるかどうかは未知数と分析しながら、「自民党が原発ゼロ政策に転ずれば、脱原発の機運は一気に高まり、日本人はピンチをチャンスに変えることができる」という小泉首相の発言を紹介している、

Former Japanese Leader Declares Opposition to Nuclear Power
By MARTIN FACKLER New York Times
Published: October 2, 2013
http://www.nytimes.com/2013/10/03/world/asia/former-prime-minister-declares-opposition-to-nuclear-power-in-japan.html?_r=0

・Huffington Post は、小泉純一郎元首相が考えを変えた背景に、小泉元首相が尊敬する1人で「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の影響があるだろうといった突っ込んだ分析を行っている。

小泉純一郎元首相「原発推進は無責任」発言【争点:エネルギー】
The Huffington Post | 投稿日: 2013年10月02日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/05/koizumi-ozawa_n_4049157.html

小泉純一郎元首相が70歳を過ぎても「脱原発」に180度転換出来た理由
The Huffington Post | 執筆者: Chitose Wada 投稿日: 2013年10月03日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/05/koizumi-ozawa_n_4049157.html

小泉純一郎元首相の「脱原発」発言を小沢一郎氏が評価 「冷静に日本を考える人であれば、たいてい行き着く」
The Huffington Post | 投稿日: 2013年10月06日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/05/koizumi-ozawa_n_4049157.html

・MSN産経新聞は、小泉首相の発言を、民主党政権時代の元首相の最近の発言と並べて、「政権への横やり」「元首相による政権批判は日本が混乱している印象を海外に与えかねない。」と批判し、民主党の仙谷議員の「推進しておいていまさらなんだ」という批判を掲載している。

鳩山、野田、菅、小泉… 安倍政権に歴代首相の注文・横やり相次ぐ
2013.10.3 08:13 (1/2ページ)[安倍首相]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131003/plc13100308160002-n1.htm

民主・仙谷氏が「脱原発」発言の小泉元首相を批判
2013.10.4 17:34 Msn 産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131004/stt13100417350002-n1.htm

・読売新聞は、2~3行の記事でとりあげたのみで、沈黙を守っている。
(ただし、10月31日に東京で小泉元首相が、「日本の歩むべき道」と題して講演することを紹介しており、この講演会は注目だ。講演会の趣旨はセキュリテイに関するもので、原発とは全く関係ないが、何か原発問題について発言がでるかも?)

小泉元首相「原発ゼロできる、ピンチ契機に…」
(2013年10月1日20時19分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131001-OYT1T01011.htm

「McAfee FOCUS JAPAN 2013」、小泉純一郎氏が講演
(2013年9月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/s-news/20130919-OYT8T00604.htm

・各新聞の原発に対するスタンスの違い、取材力の差、どれだけ突っ込んだ記事かかける記者を抱えているかなどの状況がよく解っておもしろい。
[PR]



by touten2010 | 2013-10-07 00:08 | Comments(0)

今年もマツタケの放射能汚染は気にしなくて良い

今年もマツタケからはそれほど高い放射性セシウムは検出されていない。
ただし、岩手県を除いては、サンプル数が極端に少ないので、各県はもっと調査をしてほしいと思う。

野生キノコからは、南は長野県、静岡県まで、東日本一体で広範囲に基準値を超えた放射性セシウムが検出されており、マツタケも野生キノコの一種として出荷制限がかかっている可能性があるので、出荷・販売する側の方々は厚生労働省のホームページをよく見て注意しておかれた方がよいと思われる。

2013年産マツタケの放射能セシウム検出値
(厚生労働省10月4日公表分まで)
・岩手県

市町村 採取日 公表日 放射性セシウム (Cs134+Cs137:Bq/kg)
軽米町 9月29日 10月4日 34
野田村 9月18日 9月25日 26
山田町 9月23日 9月26日 22
山田町 9月17日 9月19日 13
山田町 9月17日 9月19日 13
葛巻町 9月10日 9月13日 15
岩手町 9月12日 9月13日 14
宮古市 9月20日 9月26日 12
大槌町 9月10日 9月13日 12
岩泉町 9月17日 9月25日 10
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 10月2日 8.8
田野畑村 9月19日 9月25日 8.1

・宮城県
気仙沼市 9月25日 9月27日 11

・山形県
高畠町 9月24日9月26日 9.2
小国町 9月26日9月30日 6.5

・福島県

柳津町10月3日 10月4日 32
柳津町10月3日 10月4日 30
三島町 9月19日 9月20日 11
南会津町 6月16日 8月20日 <8.3

・山梨県
鳴沢村 9月4日 9月19日 40
鳴沢村 8月27日 9月19日 24

長野県
佐久穂町 9月26日 9月30日 <10

厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw6.html


原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の設定について
(原子力災害対策本部長指示)平成25年10月3日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000025185.html
本日、原子力災害対策本部は、昨日までの検査結果から、 福島県、及び静岡県 に対し、以下について出荷制限を指示しました 。
(1) 福島県 只見町 ( ただみまち ) で採取された野生きのこ
(2) 静岡県 富士宮市 ( ふじのみやし ) 及び 富士市 ( ふじし ) で採取された野生きのこ
[PR]



by touten2010 | 2013-10-05 07:57 | 山の幸 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧