放射能に向き合う日々

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




日本滅亡・地球生物消滅ということにならないように祈るべき1年間がついに始まった

福島第一原発四号機の燃料プールからの核燃料棒取り出し移送作業が18日についに始まった。

世界中のMediaが恐れおののきながら報道している。

やはり報道には併せて東京電力や日本政府への不信感を示しているものが多い。

BBC放送は「福島第一原発(の廃炉工程)は、ここ数か月、何度も後退を示してきた、繰り返された汚染水の漏出や、作業員のエラーなどが続いている」と報じた。

CNNは、東京電力が過去に汚染水タンクからの300トンに上る放射能汚染水の漏出や、いくつかのタンクにおいては、今でもパイプのつなぎ目から汚染水が漏出している疑いがあるとしながら、核エンジニアのMicahael Fridlander氏のコメントとして、「東京電力は問題解決に向けた長期的ビジョンを何も示さないまま、暫定的な対応を繰り返している。」という解説を紹介している。


18 November 2013 BBC
Japan's Fukushima nuclear plant begins fuel rod removal
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24958048

Operators begin hazardous fuel removal process at Fukushima nuclear plant
By Paul Armstrong and Kevin Voigt, CNN
November 18, 2013
http://edition.cnn.com/2013/11/18/world/asia/japan-fukushima-fuel-rods/

Fuel Removal Underway at Crippled Plant in Japan
By HIROKO TABUCHI
Published: November 18, 2013
http://www.nytimes.com/2013/11/19/world/asia/fuel-removal-starts-at-japans-crippled-nuclear-plant.html?_r=0

Fukushima operator starts dangerous fuel rod removal
AFP Nov 18, 2013(Times of India)
http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-11-18/rest-of-world/44201202_1_three-other-reactors-reactor-building-fukushima-nuclear-plant

Japan: Fukushima operator TEPCO starts dangerous fuel rod removal at nuclear power plant
Updated Mon 18 Nov 2013,ABC News (Australia)
http://www.abc.net.au/news/2013-11-18/tepco-begins-dangerous-fukushima-fuel-rod-removal/5100424

18 November The voice of russia
Fukushima operator starts dangerous fuel-rod removal work
http://voiceofrussia.com/news/2013_11_18/Fukushima-operator-starts-dangerous-fuel-rod-removal-work-4993/
[PR]



by touten2010 | 2013-11-24 23:40 | Comments(0)

マツタケの放射能汚染検査体制はちょっと心配

マツタケの放射能汚染検査データが一件だけ(長野県佐久市)増えたので、一覧をリバイスした。

こうしてみると、長野県がマツタケの放射能検査をしているのは県内の3市町村だけで、サンプル数も1~2件だけ。

明らかにマツタケの産地なのに、検査をされていない長野県内市町村もある。

全国的に検出値は低いだけに、心配はないと思われるが、他の野生キノコについては、長野県内でも、基準値を超える検査値が出ているケースがかなりあるだけに、マツタケ生産量が全国一位の長野県としては、この検査体制は充分なものとは言い難いと思う。


2013年産マツタケの放射能セシウム検出値
(厚生労働省11月14日公表分まで)

・岩手県
市町村 採取 厚労省公表 放射性セシウム(Cs134+Cs137:Bq/kg)
軽米町 9月29日 10月4日 34
野田村 9月18日 9月25日 26
山田町 9月23日 9月26日 22
山田町 9月17日 9月19日 13
山田町 9月17日 9月19日 13
葛巻町 9月10日 9月13日 15
岩手町 9月12日 9月13日 14
宮古市 9月20日 9月26日 12
大槌町 9月10日 9月13日 12
岩泉町 9月17日 9月25日 10
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 10月2日 8.8
田野畑村 9月19日 9月25日 8.1

・宮城県
気仙沼市 9月25日 9月27日 11

・山形県
高畠町 9月24日 9月26日 9.2
小国町 9月26日 9月30日 6.5

・福島県
柳津町 10月3日 10月4日 32
柳津町 10月3日 10月4日 30
三島町 9月19日 9月20日 11
金山町 10月10日 10月11日 16
南会津町 6月16日 8月20日 <8.3

・山梨県
鳴沢村 9月4日 9月19日 40
鳴沢村 8月27日 9月19日 24
鳴沢村 10月11日 10月25日 7.5
富士吉田市 10月3日 10月25日 29
富士吉田市 9月26日 10月9日 14
富士吉田市 9月18日 10月9日 <13
富士河口湖町 10月2日 10月25日 27
富士河口湖町 9月19日 10月9日 <19
富士河口湖町 9月25日 10月9日 <14

・長野県
佐久穂町 9月26日
9月30日 <10
佐久穂町 10月10日 10月18日 4.9
佐久市 10月31日 11月14日 6.2
南牧村 10月11日 10月18日 <5.0

厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw6.html

平成25年度県内産きのこの放射性物質測定結果(長野県庁)
http://www.pref.nagano.lg.jp/ringyo/kurashi/shobo/genshiryoku/hoshasen/hoshase/h25kinoko.html


マツタケ豊作、国産2~3割安 秋の味覚身近に
2013/10/11 13:09 情報元 日本経済新聞 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ0901T_R11C13A0MM0000/
[PR]



by touten2010 | 2013-11-23 08:03 | 山の幸 | Comments(0)

極めて現実的な、小泉元首相の「原発即ゼロにすべき」論

小泉元総理が11月12日に記者会見を行い、「原発即時全停止」を訴えて注目された。

小泉元総理の主張は、この記者会見の詳細を掲載した東京新聞の13日の朝刊記事と、
11月3日に横浜で行われた後援会の内容が、Huffington postに詳しくのっている。

この二つの記事小泉元総理の発言を生々しく伝えていると思うので、ぜひ読んでもらいたい。
(ちなみにMSN産経新聞の記事は文章の量が多いわりに主張がよく伝わってこない)

大雑把にいうと、小泉元首相は、高レベル放射性廃棄物の処理をどうするかという一番重要な問題から逆算して、きわめて現実的な議論を積み重ねて「原発ゼロ」を主張している。

1.高レベル放射性廃棄物の最終処分は、技術的には確立されたものがある。

2.しかし、これだけ深刻な原発事故が起きた後で、高レベル放射性廃棄物の最終処分地を受け入れてくれる地域があるわけがない。政治的に最終処分地を決めようとしても絶対に無理である。

3.最終処分地が決まらない以上、原発を稼働させて高レベル放射性廃棄物をこれ以上増やしてしまうのは、無責任である。

4.原発を即廃止すること(つまり高レベル放射性廃棄物はこれ以上増やさないということ)を前提とすれば、福島県に高レベル放射性廃棄物の中間貯蔵施設を受け入れてもらいやすい。

こうした主張は決して「理想論」ではなく、現実的な視点にのっとったものだ。

中間貯蔵施設さえ確保できない今の状況が続けば、各地の原発の燃料冷却プールに仮置きされている使用済み燃料は増え続ける。

そして、どこかの原発で事故が起これば、その原発で使用済み燃料を保管している冷却プールから水が漏出し、核燃料が放射性崩壊熱で損傷して莫大な放射能が大気中に放出され、地球最後の日を招くという、福島第一原発がすんでのところで引きおこしかねなかった惨劇が、今度こそおきてしまうというリスクが、かなりの確率で存続し続けてしまうのだ。

小泉元首相の脱原発論は、こうした「地球上から生物を絶滅させるリスク」をなんとか減らそうというものであって、理想論ではないし、しかも無責任でも無い。

は高レベル放射性廃棄物を何十万年も管理し続けけなければならないことを考えると、「1.高レベル放射性廃棄物の最終処分は、技術的には確立されたものがある。」という主張は明らかに間違っているとは思うが。


小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細【争点:エネルギー】
The Huffingon Post | 投稿日: 2013年11月04日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/03/junichiro-koizumi-renewable-energy_n_4209895.html

【政治】
小泉元首相の会見要旨 原発推進の方が無責任
2013年11月13日 朝刊 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013111302000119.html

小泉純一郎元首相、原発推進派に反論 「最終処分場できると思う方が無責任」【争点:エネルギー】
The Huffington Post | 投稿日: 2013年11月12日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/12/koizumi-hanron_n_4258199.html?utm_hp_ref=japan

【小泉元首相記者会見詳報・上】
「望ましい方向に首相の権力を使って」
2013.11.12 17:39 (1/2ページ Msn 産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131112/stt13111217440008-n1.htm

【小泉元首相記者会見詳報・中】
原発ゼロ「郵政民営化の比ではない」
2013.11.12 17:49 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131112/stt13111217510009-n1.htm

【小泉元首相記者会見詳報・下】
「原発、即ゼロがよい」
2013.11.12 18:24 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131112/stt13111218260010-n1.htm

小泉元首相の原発ゼロ、60%が「支持する」 25%の「支持しない」を大きく上回る
朝日新聞社 | 執筆者: 朝日新聞デジタル 投稿日: 2013年11月12日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/11/junichiro-koizumi-former-pm-anti-nuclear-power_n_4257697.html?utm_hp_ref=japan

小泉純一郎元首相「原発ゼロで十分に経済成長できる」と強調【争点:エネルギー】
The Huffington Post | 投稿日: 2013年10月17日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/16/koizumi-opinion_n_4107507.html
[PR]



by touten2010 | 2013-11-14 00:10 | Comments(0)

「福島第一燃料プールからの使用済み燃料取り出し」は地球最後の日を招くか?

地球を無生物の星にしてしまうかもしれない「福島第一燃料プールからの使用済み燃料取り出し」作業が来週にも始まろうとしている。

世界中のMediaが恐れおののきながら報道している。

8月13日のHuffington Postに掲載されたロイターのAaron Sheldrick and Antoni Slodkowskiの記事のように、これはDangerous Operation である。

300kg・4.5メートルサイズの1331本の使用済み燃料と202本の未利用の核燃料、合計1533本の燃料棒がプールには保管されており、その放射能はセシウム137で計算すると、広島の原爆の1万4千倍だ。

燃料棒は地震で損傷しているかもしれず、事故で冷却水がプールから漏出した際に注ぎ込んだ塩水による腐食が建屋や燃料棒に損傷を受けているだろう。

燃料棒が完全に移される前に、大きな地震が福島第一原発を襲って建屋を破壊するか使用済み燃料保管プールを破壊してプールから冷却水が漏出すれば、(自ら発する熱で)損傷を受けた核燃料が燃え出し、津波による当初の事故よりも多い放射能が放出される可能性がある、その放射能は福島第一原発から200km離れた東京をも危機に陥れるだろう。(以上同ロイター記事より)

11月6日のNHK等の報道によれば、この作業は来年末まで、1年以上もかかるのだ。

その間に、必ず地震はあるだろうし、巨大台風や竜巻が福島第一原発を襲う恐れも大きい。

10月31日のAljazeeraで核科学者のImad Khadduri氏が述べているように、「どんな失敗も参事につながる」「我々はみなてを合わせて祈るしかない」のだ。


使用済み燃料取り出し前に4号機公開
11月6日 19時18分 NHK online
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131106/t10015852551000.html
「今月中旬から燃料の取り出しを始め、来年末までに1533体の取り出しを終える計画です。
しかし、燃料プールの中には、細かいがれきが残されていて、燃料を収めているケースから燃料を引き抜く際、入り込んでいたがれきが妨げになるおそれがあります。また、事故の影響などで燃料が損傷しているおそれもあり、慎重に作業を進める必要があります。」と解説している。

燃料最多の福島第一4号機、月内に取り出し開始
2013年11月3日09時44分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20131103-OYT1T00193.htm?from=blist

規制委、燃料取り出し計画認可 第一原発4号機 8日にも作業開始
福島民報2013/10/31
https://www.minpo.jp/news/detail/2013103111845

Fukushima's precarious next step
Unprecedented operation to remove spent fuel rods at Japan's stricken nuclear plant is wrought with danger.
Michael Penn Last Modified
31 Oct 2013 Aljazeera
http://www.aljazeera.com/indepth/features/2013/10/fukushima-precarious-next-step-20131028163116183873.html

Fukushima Fuel Rod Removal Gets Approval From Japan Regulators
CP | By The Associated Press Posted: 10/30/2013 (Huffington Post:U.S.A)
http://www.huffingtonpost.ca/2013/10/30/fukushima-fuel-rods_n_4176206.html

Japan OKs Fuel Removal From Pool at Nuclear Plant
TOKYO October 30, 2013 (AP)
by MARI YAMAGUCHI Associated Press(ABC news:U.S.A)
http://abcnews.go.com/International/wireStory/japan-oks-fuel-removal-pool-nuke-plant-20723199

Japan OKs fuel removal from pool at nuke plant
October 30, 2013 (The Hindu:India)
http://www.thehindu.com/news/international/world/japan-oks-fuel-removal-from-pool-at-nuke-plant/article5288765.ece

Japan OKs fuel removal from pool at nuclear plant
Oct 31, 2013 AP (New Zealand Herald)
http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11148960

Fukushima Nuclear Plant Cleanup In Japan Approaches Dangerous Operation
Reuters Posted: 08/13/2013 (Huffington post)
By Aaron Sheldrick and Antoni Slodkowski
http://www.huffingtonpost.com/2013/08/13/fukushima-nuclear-plant-cleanup_n_3752046.html
[PR]



by touten2010 | 2013-11-10 06:58 | Comments(0)

マツタケの放射能汚染はやっぱり気にしなくて良い(リバイス)

マツタケのデータが少しだけ(山梨県、福島県、長野県分)また増えたので、リバイスしてみた。

もうこれ以上データが出てきそうにない。

本当にデータが少ない上に、県ごとのサンプル数の格差が大きい。

2013年産マツタケの放射能セシウム検出値
(厚生労働省10月9日公表分まで)

・岩手県
市町村 採取 厚労省公表 放射性セシウム(Cs134+Cs137:Bq/kg)
軽米町 9月29日 10月4日 34
野田村 9月18日 9月25日 26
山田町 9月23日 9月26日 22
山田町 9月17日 9月19日 13
山田町 9月17日 9月19日 13
葛巻町 9月10日 9月13日 15
岩手町 9月12日 9月13日 14
宮古市 9月20日 9月26日 12
大槌町 9月10日 9月13日 12
岩泉町 9月17日 9月25日 10
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 9月18日 8.8
久慈市 9月16日 10月2日 8.8
田野畑村 9月19日 9月25日 8.1

・宮城県
気仙沼市 9月25日 9月27日 11

・山形県
高畠町 9月24日 9月26日 9.2
小国町 9月26日 9月30日 6.5

・福島県
柳津町 10月3日 10月4日 32
柳津町 10月3日 10月4日 30
三島町 9月19日 9月20日 11
金山町 10月10日 10月11日 16
南会津町 6月16日 8月20日 <8.3

・山梨県
鳴沢村 9月4日 9月19日 40
鳴沢村 8月27日 9月19日 24
鳴沢村 10月11日 10月25日 7.5
富士吉田市 10月3日 10月25日 29
富士吉田市 9月26日 10月9日 14
富士吉田市 9月18日 10月9日 <13
富士河口湖町 10月2日 10月25日 27
富士河口湖町 9月19日 10月9日 <19
富士河口湖町 9月25日 10月9日 <14

・長野県
佐久穂町 9月26日 9月30日 <10
佐久穂町 10月10日 10月18日 4.9
南牧村 10月11日 10月18日 <5.0

厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw6.html
[PR]



by touten2010 | 2013-11-04 00:29 | 山の幸 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧