放射能に向き合う日々

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧




地下水の放射能汚染がどんどん上昇

福島第一原発の敷地内の地下水の放射能汚染を検査している観測用井戸のうち、一つの井戸からの放射能濃度が急激に上がっていることをこれまでご紹介しきたが、この東京電力公表資料でNo 1-16という番号がふられている井戸の放射のβ線汚染値がまたまた上昇している。9月下旬から4か月で8倍弱となった。

No.1-16のβ線核種放射性物質濃度(単位Bq/l)

採取日 β線核種放射性物質濃度
9/26 400,000
9/30 450,000
10/3 680,000
10/7 700,000
10/10 740,000
10/14 880,000
11/25 910,000
11/28 1,100,000
12/2 1,300,000
12/5 1,400,000
12/9 1,500,000
12/12 1,800,000
12/19 1,900,000
12/26 2,100,000
2014年
1/6 2,000,000
1/9 2,200,000
1/13 2,400,000
1/16 2,700,000
1/20 3,100,000
1/23 2,900,000

福島第1原発海側井戸で140万ベクレル 上昇傾向続く 東京電力発表 
2013.12.6 23:04 MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131206/dst13120623080006-n1.htm

New nuclear threat? Radiation levels hit record high at crippled Fukushima
21 December 2013 voice of russia
http://voiceofrussia.com/news/2013_12_21/New-nuclear-disaster-Radiation-levels-hit-record-high-at-crippled-Fukushima-1083/

海側井戸で210万ベクレル=最高値を更新?福島第1
2013年 12月 27日ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版
http://jp.wsj.com/article/JJ11777575259379454477119116483631002968286.html

福島第1、井戸で最高値240万ベクレル 上昇続く
2014/1/14 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1405T_U4A110C1CR8000/

第1原発観測用井戸で最高値310万ベクレル 上昇傾向続く
2014.1.22 13:55
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140122/dst14012213570008-n1.htm

福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成26 年1 月24 日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/2tb-east_14012401-j.pdf

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
< 参考資料>
平成26 年1 月17 日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/2tb-east_14011701-j.pdf

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成26年1月14日東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/2tb-east_14011401-j.pdf

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成25 年12 月27 日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_13122702-j.pdf
[PR]



by touten2010 | 2014-01-26 19:13 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

半年近くも隠され続けていた海水の放射性ストロンチウムによる汚染がやっと発表されている

安倍首相がオリンピック招致のプレゼンで福島第一原発による放射能汚染について「汚染水による影響は港湾内で完全にブロックされている」「福島近海のモニタリング数値は、最大でもWHO水質ガイドラインの500分の1だ」と言ってしまってから、ずっと発表が遅らせられてきた、福島第一原発の港湾の外海における海水からの放射性ストロンチウムSr90の検出値が、1月中旬になってやっと発表されているので、ご覧いただきたい。

T-1,T-2-1といった、港湾外沿岸の場所だけでなく、T-D1、T-D5といった、港湾からかなり沖合の地点でも放射性ストロンチウムSr90は検出されている。

(検出下限値は0.01Bq/l又は0.02Bq/lなので、それ以上に制度を上げれば、もっと広い範囲で検出される可能性は高い)

9月にブログで「安部総理はIOC総会で大ウソをついた」と指摘したが、こうしたデータでもそれは明らかである。

マスコミはなぜこうした放射性物質の検出値の発表を遅らせることによる隠ぺい工作を批判しないのだろうか?ウソをとりつくろうために放射性物質の検出値の発表が遅らせられることが、どれだけ危険なことであるか解っていないのだろうか。


東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の海水の放射能濃度分布(H-3, 全α, 全β, Sr)(試料採取日:平成25年11月5日、7日、11日、13日、19日、20日、29日)
原子力規制委員会1月14日とりまとめ
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8662/view.html

東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の海水の放射能濃度分布(H-3, 全α, 全β, Sr)(試料採取日:平成25年10月14日、15日、18日) 原子力規制委員会1月10日とりまとめ
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8653/view.html

東京電力株式会社福島第一原子力発電所周辺の海水の放射能濃度分布(Sr)(試料採取日:平成25年9月23日)原子力規制委員会1月10日とりまとめ
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8652/view.html

オリンピック東京プレゼン全文、安倍首相や猪瀬知事は何を話した?(IOC総会・プレゼン内容)
The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月08日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/olympic_candidate_tokyo_presentation_n_3886260.html?utm_hp_ref=japan

オリンピック招致 東京の勝因は「安倍首相のスピーチ」「無難な選択」海外報道
The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月08日 11時29分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/tokyo-win_n_3887974.html?ref=topbar
安倍総理大臣は質疑で詳しい説明を求められ、「汚染水による影響は、福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメールの範囲内で完全にブロックされている。福島の近海で行っているモニタリングの数値は最大でもWHO=世界保健機関の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ。また、わが国の食品や水の安全基準は世界で最も厳しいが、被ばく量は日本のどの地域でもその100分の1だ。健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない」と述べたとNHKニュースからの引用を記載している。
[PR]



by touten2010 | 2014-01-18 09:14 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

地下水の放射能汚染がまたまた上昇

[能汚染を検査している観測用井戸のうち、一つの井戸から

の放射能濃度が急激に上がっていることを先日ご紹介したが、この東京電力公表資料でNo 1-16という番号がふられている井戸の放射のβ線汚染値が連日上昇し、13日にはついに240万Bq/lとなった。

Sr-90の告示濃度限度※が30Bq/lであることを考えると、これまでの海水中の放射性物質のデータから、B線各種の半分がSr-90であると想定できることから、この240万Bq/lという値は告示濃度限度の実に4万倍という恐ろしい数字である。

この高濃度汚染地下水が、海からわずか40メートルの地点に存在しているのだ。

※原子炉の設置、運転等に関する規則に定める告示濃度限度(別表第2第六欄:周辺監視区域外の水中の濃度限度)

当面この観測用井戸のデータから目が離せない。

No.1-16のβ線核種放射性物質濃度(単位Bq/l)

福島第一原発の敷地内の地下水の放射
採取日 β線核種放射性物質濃度

9/26 400,000
9/30 450,000
10/3 680,000
10/7 700,000
10/10 740,000
10/14 880,000
11/25 910,000
11/28 1,100,000
12/2 1,300,000
12/5 1,400,000
12/9 1,500,000
12/12 1,800,000
12/19 1,900,000
12/26 2,100,000
2014年
1/6 2,000,000
1/9 2,200,000
1/13 2,400,000

福島第1原発海側井戸で140万ベクレル 上昇傾向続く 東京電力発表 
2013.12.6 23:04 MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131206/dst13120623080006-n1.htm

New nuclear threat? Radiation levels hit record high at crippled Fukushima
21 December 2013 voice of russia
http://voiceofrussia.com/news/2013_12_21/New-nuclear-disaster-Radiation-levels-hit-record-high-at-crippled-Fukushima-1083/

海側井戸で210万ベクレル=最高値を更新?福島第1
2013年 12月 27日ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版
http://jp.wsj.com/article/JJ11777575259379454477119116483631002968286.html

福島第1、井戸で最高値240万ベクレル 上昇続く
2014/1/14 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1405T_U4A110C1CR8000/

福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成26年1月14日東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/2tb-east_14011401-j.pdf

福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成25 年12 月27 日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_13122702-j.pdf
[PR]



by touten2010 | 2014-01-14 23:45 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

長野県産チャナメツムタケ2,900Bq/kgの本当の恐ろしさはどこにあるか

2013年度の野生キノコの放射性セシウム検出値のうち、チャナメツムタケのデータを抽出してみた。

長野県佐久市で、2,900Bq/kg,1,700Bq/kgと非常に高い値が検出されている

しかも、長野県、山梨県、新潟県に至るまで、基準値(100Bq/kg)を超えるサンプルが非常に高い確率で存在している。(福島県50%,山梨県40%,長野県75%,新潟県33%)

これだけ、放射能汚染が高い確率で見られているにもかかわらず、全国で4県7市町村でしかデータがとられていないのが驚きだ、しかも高い汚染が予測される山梨を除く関東県のデータが一つもないし、東北も福島県でしかデータがとられていない。

チャナメツムタケは「つちなめこ」などと呼ばれる非常にメジャーな、東北、東日本をはじめとして、広範囲で食されているキノコである。

2013年12月号の「学校給食」には、食中毒を起こすキノコベストフアイブに入る「カキシメジ」は、このチャナメツムタケやシイタケと間違えられて食されることが多いと列記されているぐらいだから、一般的に食べられていることは間違いない。

それぐらいメジャーな野生キノコなのに、これだけデータが少ないということは、各県が意図的にサンプル採取を避けているとしか思えない。

本当に怖いのは、特定のサンプル数が高い放射能汚染値を示していることではなく、意図的に「測られていない」ことにある。

県   市町村 採取日 Cs134+137(Bq/kg)
福島県 会津美里町 11月5日 790
福島県 南会津町11月11日 18
山梨県 富士吉田市 11月8日 230
山梨県 富士吉田市 10月8日 130
山梨県 富士吉田市 11月8日 96
山梨県 富士吉田市 10月9日 67
山梨県 鳴沢村 9月25日 75
長野県 佐久市 11月17日 2900
長野県 佐久市 10月8日 1700
長野県 佐久穂町 10月10日130
長野県 佐久穂町 10月15日55
新潟県 湯沢町 10月17日230
新潟県 湯沢町 10月18日100
新潟県 湯沢町 10月18日90

全国の過去の検査結果(月別)厚生労働省とりまとめ
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m9tl.html

公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会ホームページより
http://www.jataff.jp/kinoko/337.htm

あきた森づくり活動サポートセンターホームページより
http://www.forest-akita.jp/data/kinoko/kuritake/kuritake.html

自然毒のリスクプロファイル:カキシメジTricholoma ustale(キシメジ科キシメジ属)
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/kinoko_det_01.html
[PR]



by touten2010 | 2014-01-12 22:29 | 山の幸 | Comments(0)

地下水の放射能汚染が急上昇

福島第一原発の敷地内の地下水の放射能汚染を検査している観測用井戸のうち、一つの井戸からの放射能濃度が急激に上がっている。

東京電力公表資料でNo 1-16という番号がふられている井戸だが、9月26日に観測が始まった当時すでにストロンチウム等のβ線核種の放射性物質濃度が40万ベクレル/lと非常に高かったのだが、それがその後ぐんぐん上昇し、12月26日には210万ベクレル/lを記録した。4か月で5倍以上に跳ね上がっている。

Voice of Russia は「新たな放射能汚染の恐れか?」と12月21日にこれを大きく取り上げた。

12月6日のMSN産経によると、東京電力は、護岸付近で地下の汚染水が海に流れ出ないように地盤を固めた影響で、せき止められた放射能汚染物質が地下でたまっている可能性があると指摘している。

つまり、これまでは順調に高濃度放射能汚染水が海に流出していたから良かったが、流出防止のためにせき止めた影響で高い放射能が検出されることになってしまったというのである。

逆にいうと、これまでに多量の高濃度放射能汚染地下水、しかもストロンチウムが高濃度で含まれている汚染水が海に流出することが常態化していたことが、この点からも明らかになったということだ。

こういう状態を安倍首相は”Under control"は言っているのだ。

No.1-16のβ線核種放射性物質濃度(単位Bq/l)

採取日 β線核種放射性物質濃度
9/26 400,000
9/30 450,000
10/3 680,000
10/7 700,000
10/10 740,000
10/14 880,000
11/25 910,000
11/28 1,100,000
12/2 1,300,000
12/5 1,400,000
12/9 1,500,000
12/12 1,800,000
12/19 1,900,000
12/26 2,100,000
2014年
1/6 2,000,000

福島第1原発海側井戸で140万ベクレル 上昇傾向続く 東京電力発表 
2013.12.6 23:04 MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131206/dst1312062308000
6-n1.htm


New nuclear threat? Radiation levels hit record high at crippled Fukushima
21 December 2013 voice of russia
http://voiceofrussia.com/news/2013_12_21/New-nuclear-disaster-Radiation-levels-hit-record-high-at-crippled-Fukushima-1083/

海側井戸で210万ベクレル=最高値を更新?福島第1
2013年 12月 27日ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版
http://jp.wsj.com/article/JJ11777575259379454477119116483631002968286.html

福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html


福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
平成25 年12 月27 日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_13122702-j.pdf
[PR]



by touten2010 | 2014-01-08 00:47 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

地域の復興のために懸命な高校生と福島県の窮状を見て見ぬふりをして放置する自民党政権

1月2日行われた全国高校サッカー2回戦で、福島県代表の富岡高校は水戸啓明(茨城)に1-1の同点の末、PK戦で敗退した。

福島第一原子力発電所が立地している大熊町の隣接市町村である富岡町は、町内区域のほとんどが帰還困難区域と居住制限区域となっており、町内にある富岡高校はもちろん校舎が使えない。

富岡高校の生徒は県内外4カ所に分かれての学校生活を余儀なくされている。もちろんサッカー部は高校のグランドは使えず、避難先の福島市でグランドを借りて練習している。

そのような悪条件の中で、Jリーグ予備軍がひしめく全国大会に出場し、2回戦まで進出したことは奇跡に近い。

選手達の「地域の復興のために、震災と原発事故で苦しむ方たちのために」という思いによる懸命な努力があり、それが実を結んだということだろう。感動に胸が熱くなってくる。

しかし、福島県の状況はと言えば、今も約14万人が避難生活を続けており、「震災関連死」が17日までに1605人に達し、地震や津波による「直接死」の1603人を上回ったという悲惨な状況だ。震災1年後の平成24年3月末に760人台だったのが2倍以上に増えており、実態はむしろ悪化の一歩をたどっていると言っていいだろう。(2013.12.18 00:40 Msn 産経参照)

福島県の震災関連死が突出している(宮城県878人、岩手県が428人(11月末現在))のは、明らかに原発事故で避難が長期化し、しかも先行きの見通しがたたないことが原因にあると思われる。(2013.12.18 00:40 Msn 産経参照)

自民党は6月「原発事故によって死者出ていない」と発言した高市政調会長がいまだにのうのうと政調会長におさまっている状態だ。原発事故による1605人の震災関連死を無視したいのだろう。

いくら高校生が頑張っても、政府が地域の窮状を放置している状態では、福島の復興は期待できない。我々国民は高校生の血のにじむような努力に報いるためにも、自民党政権をこのままにしておいてはいけない。

震災後入学の3年が奮起 福島代表・富岡、悲願の全国初勝利
2013.12.31 19:16 MSN 産経
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131231/scr13123119230009-n1.htm

東福岡、富岡など2回戦へ 広島皆実、四中工も勝つ
2013.12.31 19:24 MSN 産経
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131231/scr13123119250010-n1.htm

市船、京都橘など3回戦へ 桐光勝ち、富岡は敗退
2014.1.2 17:09 MSN 産経
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140102/scr14010217110001-n1.htm

富岡高校ホームページ 校長より
http://www.tomioka-h.fks.ed.jp/05%20menu/02%20koutyou/index.html

警戒区域、避難指示区域等について
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=CE2312C42BB96D726D6E5796BA85482B?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23916

避難指示区域の概念図(PDF形式:337KB)PDFファイル(平成25年8月8日時点)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/130808/130808_01a.pdf

福島で「震災関連死」が直接死上回る 避難長期化が背景に
2013.12.18 00:40 Msn 産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131218/dst13121800430000-n1.htm?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


高市早苗自民党政調会長「原発事故によって死者出ていない」に収まらぬ批判【党幹部の動き】
The Huffington Post | 投稿日: 2013年06月19日
http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/18/sanae_takaichi_n_3463023.html
[PR]



by touten2010 | 2014-01-03 09:09 | 全般 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧