放射能に向き合う日々

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧




会計検査院によると福島原発事故補償の国庫負担5兆円近く、廃炉への国費負担1892億円

会計検査院が、福島第一原発事故の対応に対する国の負担を整理し、公表しています。


国会からの検査要請事項に関する報告
平成27年3月23日会計検査院
「東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する会計検査の結果について」
http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/27/h270323.html


これによると、
「国が原子力損害の賠償に関する支援等に係る財政上の負担等をした額は、計4兆9002億余円となっている。このほか、国は、福島第一原発の廃炉・汚染水対策に関して計1892億余円の財政措置を講じている。」とされています。(要旨p.3)


しかも、「東京電力の決算の状況」では、「25年度決算における収支の状況をみると、営業収益が前年度比11.7%増の6兆4498億余円となったことや、営業費用を4.3%増にとどめることができたことなどから、432億余円の経常利益を計上している。また、特別損益が3561億余円の利益となり、当期純利益は3989億余円となっている。要旨p.13」とのこと、大幅な利益を出しているのです。


原発事故が、いかに大きな財政負担をもたらしているか。


また、それにもかかわらず、「原子力ムラ」はいかに潤っているかが解ります。


原発事故賠償、国の財政負担5兆円に迫る
TBS系(JNN) 3月23日(月)22時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150323-00000044-jnn-bus_all


廃炉に国費1892億円
2015年 03月23日
ロイター
http://jp.reuters.com/article/jp_energy/idJP2015032301002030


[PR]



by touten2010 | 2015-03-24 01:34 | Comments(0)

東日本大震災4周年を福島第一原発事故4周年として振り返る国際社会

東日本大震災4周年を福島第一原発事故4周年として振り返る国際社会

英紙Guardianは東日本大震災4周年をふりかえり、「福島の4年間、原子力エネルギーは人類と共存できない」と題し、放射能汚染で故郷を追われた人々や放射能を恐れて暮らし続けなければならない人々についてのビデオ特集を組んだ。

Fukushima, Japan four years on: 'Nuclear power and humans cannot coexist' – video
Richard Sprenger, Justin McCurry, Michael Condon, Ken Macfarlane and Michael Tait, theguardian.com
Tuesday 10 March 2015 14.26 GMT
http://www.theguardian.com/environment/video/2015/mar/10/fukushima-japan-nuclear-video


ドイツのDWも特集記事を組み「放射能汚染水の処理もままならず除染の見込みも全く立っていない中で日本という国が原子力エネルギーを使用し続けるべきなのかおおいに疑問だ」と論評したうえで「政治家は何も変えようとしないが、次に事故が起これば日本という国が消え去るのは確かだ」という大江健三郎のコメントを紹介している。

Japan remembers Fukushima disaster four years on
On March 11, 2011, a magnitude 9 earthquake struck northeast Japan, unleashing a humanitarian and nuclear disaster. Four years later, Japan commemorates the casualties of that day and those who continue to suffer.
DW(Germany)
http://www.dw.de/japan-remembers-fukushima-disaster-four-years-on/a-18306812


他にも多くの国際Mediaが福島第一原発事故4周年を特集している。

国際社会にとっては、東日本大震災4周年は、福島第一原発事故4周年であり、事故後の対応が全く進んでいない中で4年も月日が流れてしまっているということが大きな問題なのだ。


Four Years After Fukushima Nuclear Accident, Farmers Struggle for Viability
Consumers remain wary of radiation, prompting some to sell crops below market rates
Wall Street Journal
By Mari Iwata
Updated March 10, 2015
http://www.wsj.com/articles/four-years-after-fukushima-nuclear-accident-local-farmers-struggle-for-viability-1425930543


Japan’s Nuclear Reactors Remain Offline 4 Years After Fukushima Meltdown
Brian Padden
March 11, 2015
Voice of America
http://www.voanews.com/content/japan-observes-anniversary-of-earthquake-tsunami-disaster/2675471.html


Japan's Fukushima cleanup 4 years on
Japan has allocated over $15B to lowering radiation levels around the plant
CBC(Canada)
http://www.cbc.ca/news/world/photos/japan-s-fukushima-cleanup-4-years-on-1.2988743


[PR]



by touten2010 | 2015-03-18 01:37 | 全般 | Comments(0)

「日本もドイツのように脱原発すべき」メルケル首相のことばの重さ

今やヨーロッパの指導者ともいうべきドイツのメルケル首相が7年ぶりに来日したが、来日前に「日本もドイツのように脱原発すべき」と発言し、来日講演でも、ドイツが脱原発に転換した理由について「極めて高度な科学技術を持つ国で福島のような事故が起きたのを目の当たりにし、(原発には)予想できないリスクが生じることを認識した」と述べた。


メルケル首相「日本もドイツのように脱原発すべき」 7年ぶりの訪日前にメッセージ
The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二
投稿日: 2015年03月08日 20時39分
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/08/merkel-anti-nuclear-power_n_6825660.html


独メルケル首相:「脱原発の理由、福島事故を目にして…」
毎日新聞 2015年03月09
http://mainichi.jp/select/news/20150310k0000m030052000c.html


ドイツと日本の違いは、「予想できない(破滅的な)リスク」は避けようという姿勢と「予想できないリスクは、「想定外」と言い訳してすませよう」という姿勢の違いだということがはっきりした。


日本は「予想できない破滅的なリスク」から顔をそむけたままで良いのか、あらためて国民一人一人が考えるべきではないだろうか。


[PR]



by touten2010 | 2015-03-15 19:20 | 全般 | Comments(0)

中東世界も懸念する、福島第一原発廃炉・除染作業の遅れ

中東の通信社FARS NEWS Egencyが、東京電力が事故を起こした福島第一原発の周囲の土の中に「氷の壁」を張り巡らせて、地下水が原子炉建屋内に流れ込んで汚染水を膨大に増やしている状況をくいとめようとしているIce Wallの工事が遅れていることを伝えている。

ネタ元は「ジャパンタイムズにのった時事通信の記事」だが、中東社会も懸念するほど、廃炉工程の進捗は「お先真っ暗」の状況にあるということだ。


Tue Feb 03, 2015 1:23 FARS NEWS Egency
Reports: Japan’s TEPCO Unlikely to Complete Ice Wall by March
http://english.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13931114000944


Tepco unlikely to complete ice wall by March
JIJI
Japan Times
Feb 3, 2015
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/02/03/national/tepco-unlikely-complete-frozen-soil-shields-march/#.VP3RwrmCjrc


凍土壁、3月開始困難=作業遅れ工程見直しへ-福島第1汚染水対策・東電
。(2015/02/02-20:52)時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015020200797



[PR]



by touten2010 | 2015-03-10 02:07 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧