放射能に向き合う日々

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




福島第一原発で汚染水漏れから港湾中央の放射能汚染値(全β)がこれまでの最高値の2倍に

5月29日~30日、東京電力は、耐圧ホースからの汚染水漏れで、1リットルあたり全β線が110万ベクレルという高濃度汚染水が、海へ流出したおそれがあるということを発表した。


報道関係各位一斉メール 2015年
http://www.tepco.co.jp/cc/press/index_ho-j.html

2015年5月29日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251175_6818.html

2015年5月29日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251228_6818.html

2015年5月29日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報2) NEW
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251271_6818.html

2015年5月30日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報3) NEW
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251271_6818.html

2015年5月30日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報4) NEW
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251325_6818.html

2015年5月30日
側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報5) NEW
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1251331_6818.html


福島第1原発:汚染水が移送中に漏れる…東電発表
毎日新聞 2015年05月29日 19時56分
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20150530k0000m040027000c.html


移送ホースから汚染水が港湾へ 福島第一
2015年5月30 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S11781434.html


東京電力が発表している海水中の放射性物質のデータを見ると、港湾内の3箇所で全β線がこれまでの最大を汚染値を検出している。


特に、取水口からやや離れ、2重のシルトフェンス外側の地点である港湾中央の値が、190Bq/lと。これ以前の最高値 93Bq/l(5/10)の倍以上に跳ね上がっているのが、汚染の拡大の深刻さを表している。

新聞報道では、「港湾外への流出は無いという」と断定的な報道をしているが、これほど岸壁から離れたところでこれだけ検出値が高いと、「港湾外への流出は無い」と断定することは難しいのではないか。


2015 年5 月30 日
東京電力株式会社
福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(海水サンプリング箇所)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/2tb-east_15053001-j.pdf


福島第一1号機取水口
(遮水壁前)
全β 290 Bq/l(これ以前の最高値 180Bq/l 4/27)


福島第一2号機取水口
(遮水壁前)
全β 240 Bq/l(これ以前の最高値 190Bq/l 1/5)


福島第一
港湾中央
全β 190Bq/l(これ以前の最高値 93Bq/l 5/10)




[PR]



by touten2010 | 2015-05-31 18:28 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島第一原発でタンクからの汚染水漏れから水素爆発の恐れ

福島第一原発でタンクからの汚染水漏れから水素爆発の恐れ福島第一原発でタンクからの汚染水漏れから水素爆発がおこる恐れがあると、世界中で報道されている。国内Mediaによる日本語の報道が見つからないのはなぜ?(朝日新聞の英語報道はある)

福島第一原発で水素爆発の危険性
IRIBラジオ日本語
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/55079-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A7%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E7%88%86%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E6%80%A7

Fukushima leak 'could cause hydrogen explosion' at nuclear plant
Warnings of risk of hydrogen explosion due to build up of gases in containers leaking radioactive water at Japan's disaster-hit Fukushima nuclear power plant
By Danielle Demetriou, Tokyo
8:19AM BST 25 May 2015
Teleglaph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/11627983/Fukushima-leak-could-cause-hydrogen-explosion-at-nuclear-plant.html

​Leaking Fukushima containers could lead to hydrogen explosions
Published time: May 25, 2015 11:26
Edited time: May 25, 2015 12:26
http://rt.com/news/261793-fukushima-containers-hydrogen-explosions/


Risk of hydrogen explosion from leaking containers at Fukushima plant
May 23, 2015 Asahi Shinbun
http://ajw.asahi.com/article/0311disaster/fukushima/AJ201505230059




[PR]



by touten2010 | 2015-05-29 07:44 | Comments(0)

福島第一原発2号機におけるベント失敗の可能性が事故後3年以上たってやっと判明

20日、東京電力福島第一原発の事故で、2号機の格納容器から圧力を逃がすベントが失敗していた可能性が高いと東京電力が発表した。

福島第一原発2号機 ベント失敗の可能性高まる
5月20日 5時26分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150520/k10010085001000.html

福島第一、2号ベントは「失敗」-ラプチャーディスク作動確認できず 
2015/05/21 電気新聞
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20150521_03.html

2号機のベントは「失敗」 東電、福島第一の調査結果
東山正宜
2015年5月20日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH5N4R7RH5NULBJ007.html

プレスリリース
福島原子力事故発生後の詳細な進展メカニズムに関する未確認・未解明事項の調査・検討結果「第3回進捗報告」について
2015年5月20日
東京電力株式会社
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2015/1250923_6818.html

別紙
〇「福島原子力事故発生後の詳細な進展メカニズムに関する未確認・未解明事項の調査・検討結果のご報告~第3回進捗報告~」(PDF 2.01MB)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu15_j/images/150520j0101.pdf
ラプチャディスク近辺では汚染は確認されなかった。
⇒ラプチャディスクは作動しなかった可能性が高い。p.15

それにしても、こんなに重要な知見が3年以上もわからなかったのはなぜなのか。

この資料は「3月20日頃に計測された敷地内の線量上昇は、定常的に放出されていた放射性物質が風向きの変化により検知されたものである可能性が考えられる。」という記載もあるが、これなどは、大事故がおきていた可能性についての検証で、「なぜこの時期に調査が着手されたのか」ということの方が大きな疑問として残る。


[PR]



by touten2010 | 2015-05-23 02:20 | Comments(0)

福島第一原発事故が突然明日私たちの未来を断つかもしれない「再臨界」の可能性


5月17日NHK特集「廃炉への道」は、韓国の研究所で原発事故でとけ落ちた核燃料デブリの元素構成を実験でシミレーションした結果として、デブリの中で核分裂反応を抑制する性質を持つ炭化ホウ素の濃度が低く放射性物質のウランの濃度が高い部分があるという結果を示し「再臨界の可能性があるという点では良くない結果だ」という研究者たちのコメントを照会した。

廃炉への道 2015 NHK特集
"核燃料デブリ" 未知なる闘い
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0517/

事故を起こした福島第一原発の核燃料は、格納容器の底に溶けおちている可能性が高いことが解っており、さらに、格納容器の底の建屋のコンクリートを突き抜けて地下水に達したり、最悪の場合、冷却水による核分裂反応の制御ができなくなり、臨海事故を引き起こす可能性があることは、これまで、以下の週刊プレイボーイの記事でも指摘されている。

“フクイチ”で新たな恐怖! 海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中?
週プレNEWS 4月28日
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150428-00046924-playboyz-soci


臨海事故がおきれば、事故の影響は、日本国だけにとどまらず、東アジアいったいを広く高い放射能汚染が襲う可能性がある。

私たちの未来が突然明日断たれる可能性が存在していることを、私たちは認識しておく必要がある。



[PR]



by touten2010 | 2015-05-17 22:13 | 食品基準値 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧