放射能に向き合う日々

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




福島県の子どもたちの甲状腺がんの発症率が上昇していると英紙が報道


福島民報によると、東京電力福島第一原発事故を受け、平成26年4月に始まった2巡目の子どもの甲状腺検査で、昨年12月末までに甲状腺がんと確定したのは16人となり、前回公表(9月末現在)の15人から1人増え、1巡目の先行検査と合わせるとがん確定は116人となったとのこと。


がん確定1人増16人 2巡目子ども甲状腺検査
福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2016021628859


英紙Teleglaph等が発症率が上昇していると報道している。

Fukushima disaster: Children cancer rates rise with 16 new cases
Growing number of cases of thyroid cases detected, reigniting the debate surrounding the impact of the disaster on children’s health
By Danielle Demetriou, Tokyo
8:41AM GMT 17 Feb 2016
Teleglaph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/12160794/Fukushima-disaster-Children-cancer-rates-rise-with-16-new-cases.html


Fukushima Disaster Impact: Rise in Cancer Among Children
hares February 18, 2016
Australianetworknews
http://www.australianetworknews.com/fukushima-disaster-impact-rise-cancer-among-children/

昨年10月に岡山大学の津田敏秀氏らが福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍になっているという研究成果をEpidemiologyに掲載したときは、世界で大きく報道された。

国はもっと体制を整えて、幅広い調査をし、早期発見・早期対応をすべきだ。


「福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍」 津田敏秀氏ら論文で指摘
The Huffington Post | 執筆者: 吉野太一郎
投稿日: 2015年10月08日 21時02分
http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/08/tsuda-toshihide-fukushima-pandemic_n_8262682.html


Epidemiology: Post Author Corrections: October 5, 2015
Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014.
Tsuda, Toshihide; Tokinobu, Akiko; Yamamoto, Eiji; Suzuki, Etsuji
http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx#


Children living near the Fukushima nuclear plant have been diagnosed with thyroid cancer at a rate FIFTY times higher than for youngsters elsewhere
Mail online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3265462/Children-living-near-Fukushima-nuclear-plant-diagnosed-thyroid-cancer-rate-FIFTY-times-higher-youngsters-elsewhere.html#ixzz40iahkOJs



[PR]



by touten2010 | 2016-02-20 23:32 | 健康への影響 | Comments(0)

「被ばく上限一ミリシーベルトに根拠なし」は本当


丸川珠代環境相は、外部被ばく上限一ミリシーベルトについて、「反放射能派が騒いで民主党政権が何の根拠も無く決めた基準」と発現したとのこと。

丸川環境相、被ばく上限「根拠なし」 野党「被災者の心を害する」
2016年2月10日 朝刊
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016021002000124.html

2月10日の東京新聞によると、「丸川氏は七日、長野県松本市であった自民党の若林健太参院議員の集会で講演した際に「『反放射能派』というと変だが、どれだけ下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で何の科学的根拠もなく、時の環境相が一ミリシーベルトまで下げると急に言った」などと発言した。」と報道されている。

丸川氏は「厳しすぎる基準」という見方で、1ミリシーベルトという基準に対して、「何の根拠も無い」と発言したわけだが、それは間違いだとしても、「ゆるすぎる基準」とした見方をすると「何の根拠も無い」というか、「誰も安全だと責任を持たない基準」であることは確かだ。

私が、2012年に紹介した以下のブログをご覧いただきたい。

外部ひばくと内部ひばくの調整者は何をしているのか
2012-02-06 22:07
http://touten2010.exblog.jp/14613369/

被ばくには、環境からの放射線によって受ける外部被ばくと食品に含まれる放射能から影響を受ける内部被ばくがあり、どちらの基準も「年間1ミリシーベルト」の被ばくを上限としている。

じゃあ、環境からの外部ひばくと食品からの内部ひばくを両方合わせて2ミリシーベルトあびても大丈夫なのか?

放射線審議会(第121回)(平成23年12月27日)の以下の通りのやりとりの通り、外部ひばくと内部ひばくの調整を行う任務を担っているはずの、内閣官房の放射性物質汚染対策室と、その下の顧問会議が、「年間1ミリシーベルト」を基準とした、食品中に含まれる放射性セシウムの基準100ベクレル/kgを厚生労働省が決定すると同時に、会議を終了させて、文字通り調整役から「逃亡」してしまったため、「内部ひばくと外部ひばくを合わせるとどこまでが安全なのか」といった議論はどこの政府機関でも行われず、いまだにほったらかしのままだ。

「両方合わせて被ばくしたらどこまでが安全なのか」
という問題については、国民1人1人が自分で考えるしかないというとんでも無い状態なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放射線審議会(第121回)(平成23年12月27日)
議事録抜粋

【小松委員】  全ての被ばく経路を考慮し、住民の被ばく線量をどうしようとかいった議論の場はどこかで設けられるのか。
【森口(厚生労働省)】  それは、内閣官房の放射性物質汚染対策室と、その下の顧問会議であり、各省庁からの情報を統合して判断されていく形になると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]



by touten2010 | 2016-02-13 15:37 | 健康への影響 | Comments(0)

福島第一原発事故後、原発南側の海岸で、貝類など無脊椎動物の種類や生息数が大幅減少


東電福島第一原発事故後、原発の南側の海岸で、貝類など無脊椎動物の種類や生息数が減少したとの調査結果を国立環境研究所のチームが四日、発表した。


東日本大震災及び福島原発事故後の岩手県から千葉県に至る潮間帯生物の調査結果
~福島第一原発近傍、特に南側の地点で種類数と棲息量が減少~
(Scientific Reports 掲載論文)
(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ、福島県政記者クラブ同時配付)
平成28年2月4日(木)
国立研究開発法人国立環境研究所
 環境リスク研究センター
https://www.nies.go.jp/whatsnew/2016/20160204/20160204.html


Windscale(現Sellafield)核燃料再処理工場での年間最大放出量(5.2PBq)3とほぼ同量の137Csが約1ヶ月半の間に1F隣接海域に漏洩したことになり、1F周辺の海産生物は137Csやその他の核種に急性あるいは亜急性被ばく(曝露)した可能性があると指摘している。

この研究成果は、Scientific reportに掲載され、世界に発信されている。


Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster: field observations
Toshihiro Horiguchi, Hiroshi Yoshii, Satoshi Mizuno & Hiroaki Shiraishi
Scientific report
http://www.nature.com/articles/srep2041

<原発事故>フジツボや巻き貝 大幅に減少
河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160205_63006.html

東日本大震災.
福島第1原発事故 原発南側、貝類が減少 環境研、放射性物質との関係調査
毎日新聞2016年2月5日
http://mainichi.jp/articles/20160205/ddm/002/040/041000c

海岸の付着生物数が減少 原発事故との関係不明
2016年02月05日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20160204-OYTNT50078.html
→さすが原発推進強行派の読売新聞「原発事故との関係は不明だが、同研究所は「事故の後、海に出た放射性物質や化学物質の影響で、一時的に大量死した可能性がある」と分析している。」というは日本語とは思えない記事を書いている。「事故の後、海に出た放射性物質や化学物質の影響で、一時的に大量死した可能性がある」のに「原発事故との関係は不明」とはどういうことなのだろうか?原発事故以外の要因で「事故の後、海に出た放射性物質や化学物質」があるということか?


[PR]



by touten2010 | 2016-02-06 03:33 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食品基準値
全般
薪・炭・きのこ原木

堆肥・落ち葉・剪定枝

タケノコ
水産物
tya

がれき
山の幸
クリ・木の実・果実
2012年12月衆議院選挙
その他農産物
放射能汚染水の海水流出
廃炉への行程
小泉銃一郎と進一郎
原子力産業
生態系への影響
火山と原発
核兵器
福島第一原発の状況
健康への影響
原発訴訟
イベント
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧