放射能に向き合う日々

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧




世界を懸念させる日本のプルトニウム増産政策


2014年オランダブリュッセルで開催された核セキュリティーサミットでの日米合意に基づいてアメリカに引き渡されることが決まっていた原子爆弾40発分に相当するとされる高純度プルトニウム331キログラムが、イギリスの専用輸送船に二隻に積み込まれ、22日午後、茨城県の港から出港したことが報道されている。


プルトニウム輸送船 厳重警戒下 米に向けて出港
3月22日 15時29分
NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160322/k10010451971000.html


プルトニウム、米に引き渡しへ 輸送船、東海村から出港
2016年3月22日
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ3Q344DJ3QULBJ002.html


2014年 03月 24日 23:45 JST
関連トピックス: トップニュース
日本、高濃縮ウランとプルトニウム返還で米と合意
ロイター
http://jp.reuters.com/article/l4n0ml3f7-nuclear-usa-japan-idJPTJEA2N00I20140324


japan Timesの報道によると、安倍総理とオバマ大統領も出席する3月31日~4月1日に開催される核セキュリティーサミットを2週間以内に控えての輸送ということで、核の安全保障が進展したというパフォーマンスの意味もあるようだ。

Japan to return 331 kg of plutonium as U.S. official warns of proliferation risk

by Eric Johnston
Japan Times
3/18
http://www.japantimes.co.jp/news/2016/03/18/national/japan-return-331-kg-plutonium-u-s-official-warns-proliferation-risk/#.VvF5qJWChD4


しかし、japan Timesの報道や、世界中に配信されているAP通信の報道によると、日本はまだ国内に10.8トン、国外に37トンの原子爆弾6,000発分もの膨大なプルトニウムを抱えており、世界中に懸念を与えている。

しかも、これに六ヶ所村の再処理工場が稼働し始めれば、さらに膨大なプルトニウムが年々蓄積されていくことになるため、米国国務省を含め、世界中に懸念を与えているとJapan TimesやAP通信は解説している。


Two British ships arrive in Japan to carry plutonium to US
Some 730 pounds - used in research - will travel on vessels equipped with naval guns as Japan tries to ease proliferation fears
By AP
7:15AM GMT 21 Mar 2016 Teleglaph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/12199884/Two-British-ships-arrive-in-Japan-to-carry-plutonium-to-US.html


Two British ships in Japan to carry plutonium to US
Hindu(AP)
March 21, 2016 13:16 IST
http://www.thehindu.com/news/international/two-british-ships-in-japan-to-carry-plutonium-to-us/article8380763.ece


日本は一刻も早く核燃料サイクル政策を放棄し、再処理工場を廃止して、世界を安堵させるべきだ。


[PR]



by touten2010 | 2016-03-23 02:18 | 核兵器 | Comments(0)

東芝の原子力部門子会社が2千億円規模の減損計上を検討、いよいよ原子力事業がお荷物に

東芝が、米原発子会社のウェスチングハウス(WH)の資産価値の切り下げを実施する方向で検討に入ったことが17日わかった。収益計画の見直しの精査を進めており、資産価値を変えない従来の評価を一転させ、「減損」は2千億円規模になる可能性もあるとのことだ。


東芝、原発子会社WHの減損検討 2千億円規模の可能性
2016年3月18日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ3K7JG5J3KULFA035.html


既に、原発工事の不調などで2013年、14年3月期に計1600億円の損失を出していたことが判明しているウェスチングハウスだが、東芝は、自社の連結業績に反映させて来なかった。

東芝、米原発子会社が巨額損失 連結業績には反映せず
2015年11月12日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASHCD6J5WHCDULFA036.html

しかし、一向に原子力事業の改善が見えてこない中で、手品のような形で「損失隠し」をすることに限界が出てきたようだ。


損失隠しの「手品」は以下の通り日経ビジネスが詳報しているが、それでも解る人がどのくらいいるのだろうか(正直言って私はこの「損失隠し」の手口がなぜ会計法に違反しないのか良く解らない)


東芝はなぜ、巨額減損の隠蔽に成功したのか
「のれん」や「減損」…難しい会計用語を解き明かす
田村 賢司
2015年11月19日(木)
日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/111800148/?rt=nocnt

**********************
政治批評などのブログもやってます。
政治斜め読み
みんなの見ない視点から政治を見るとどう見えるか。
http://touten2010.seesaa.net/



[PR]



by touten2010 | 2016-03-20 22:19 | 原子力産業 | Comments(0)

米国政府が「日本が核燃料サイクル構築政策を進めるのは、理性的でなく、経済合理性が無く、世界核安全保障に問題をもたらす」と国会で証言

トーマス・カントリーマン米国務次官補(国際安全保障・不拡散担当)が17日、上院外交委員会の公聴会で、日本の核燃料サイクル政策や中国の同様の計画に対し、「核安全保障と不拡散にとって懸念をもたらす政策だ」と述べ、計画を停止することが望ましいとの考えを示したと報道されている。

 カントリーマン氏はこの中で、日中と韓国が再処理の計画を進めていることに対し、「理性的ではない形で競争が激化している。経済的にも合理性がない」と懸念を示し、「全ての国が再処理事業から撤退すれば非常に喜ばしい」と語ったとのことだ。


日本の核燃料サイクル政策、米高官が異例の懸念
2016年03月18日 17時57分
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160318-OYT1T50133.html


日本の核燃サイクル「合理性ない」 米高官、異例の懸念
2016年3月19日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S12265455.html


日本が経済合理性の無い核燃料サイクル構築を進めるのは、核兵器を持つためだと米国は懸念しているし、それが東アジアで核兵器開発競争を生み出していると米国は懸念しているということだろう。

核兵器の被害国である日本は、その兵器がどのような悲劇をもたらすか、良く知っている世界で一番の国だ。米国が指摘しているように、経済的合理性がなく、世界の核拡散に問題を生み出す核燃料政策は一刻も早く中止すべきだ。


**********************
政治批評などのブログもやってます。
政治斜め読み
みんなの見ない視点から政治を見るとどう見えるか。
http://touten2010.seesaa.net/





[PR]



by touten2010 | 2016-03-20 00:43 | 核兵器 | Comments(0)

世界にとっての3.11後5周年とは、「終わらない福島第第一原発の悲劇」

世界中のマスコミが、東日本大震災5周年の記事として、福島第一原発事故による放射能汚染が続いていること、何十万人もの避難者がそのために帰れないこと等をとりあげた特集を掲載している。

日本のマスコミの5周年特集記事は「死者を悼む人たち」をメインにして、原発事故の影響の今は補足記事の扱いだが、世界の常識は「現在も続く悲劇」を感傷で片づけることなく、立ち向い解決していくことが一番重要だということだ。


Five years on, cleanup of Fukushima's reactors remains a distant goal
Justin McCurry in Fukushima
Friday 11 March 2016 00.00 GMT
Guardian
http://www.theguardian.com/environment/2016/mar/11/fukushima-daiichi-nuclear-reactors-decommission-cleanup-japan-tsunami-meltdown


Fukushima Keeps Fighting Radioactive Tide 5 Years After Disaster
By JONATHAN SOBLEMARCH 10, 2016
New York Times
http://www.nytimes.com/2016/03/11/world/asia/japan-fukushima-nuclear-disaster.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=photo-spot-region&region=top-news&WT.nav=top-news&_r=0


Fukushima Still Rattles Japan, Five Years After Nuclear Disaster
Nation debates reopening of reactors as it continues to grapple with costly cleanup and decommissioning
By
Mayumi Negishi and
March 9, 2016
Wall Street Journal
http://www.wsj.com/articles/fukushima-still-rattles-japan-five-years-after-nuclear-disaster-1457482830


Japan marks anniversary of nuclear disaster
CNN
Added on 3:16 AM ET, Fri March 11, 2016
http://edition.cnn.com/videos/world/2016/03/11/japan-fukushima-anniversary-ripley-cnni-nr-lklv.cnn/video/playlists/fukushima-nuclear-disaster/


Fukushima 5 years later: 2011 disaster by the numbers
From shorter days to debris still washing up on the coast, aftermath of the 'Great East Japan Earthquake'
By Bevan Hamilton, CBC(Canada) News Posted: Mar 10, 2016
http://www.cbc.ca/news/world/5-years-after-fukushima-by-the-numbers-1.3480914



[PR]



by touten2010 | 2016-03-12 23:30 | 全般 | Comments(0)

高浜原発「運転差し止め仮処分」は裁判所がきちんと裁判をした結果

関西電力の高浜原発3、4号機の運転差し止めを求める仮処分申し立てで、大津地方裁判所は3月9日、原発から70キロメートル以内に住む滋賀県の住民の主張を認める決定を出した。


高浜原発、「運転差し止め仮処分」の重い意味
裁判所が安全対策と避難計画を再び問題視
岡田 広行 :東洋経済 記者
http://toyokeizai.net/articles/-/108804

最新の知見を反映させた国の新規制基準に適しているという関電の主張については、過酷事故の発生を踏まえたうえで、関電の主張や説明の程度では、新規制基準および高浜3、4号機にかかわる再稼働に必要な原子炉設置変更許可が「直ちに公共の安寧の基礎となると考えることをためらわざるをえない」と断じたとのことだ。

また、避難計画ができていないことも差し止めの理由になっている。


いずれも常識的なことだが、どの裁判官もこういうまともな裁判をしてくれる訳ではない。

特に、技術的な争点については、文系の裁判官が理解するのは大変なことだ。山のように訴訟を抱えている裁判官が、きちんと勉強して判断を下してくれたことについては、感謝した方が良い。

今回の件で、国は、今後稼働させる原発についての事故の際の避難計画の立案に主体的に参画することを迫られるだろう。原発は大都市には建てられておらず、事故が起きた際に田舎の狭い道路を使って周辺住民を一挙に移動させるということは到底無理だ。自衛隊を動員して揚陸艇のピストン輸送で海上から避難させるか、ヘリコプターを全国からかき集めて住民を運ぶしかないだろう。そのようなことは、1県レベルで検討できるような話では到底無い。



[PR]



by touten2010 | 2016-03-12 02:45 | 原発訴訟 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧