放射能に向き合う日々

国連の『核兵器禁止条約』安倍政権下で日本は「賛同せず」から「反対」「妨害」へ方針転換


国連総会第1委員会(軍縮)で、核兵器の保有や使用などを初めて法的に禁止する『核兵器禁止条約』について、来年から交渉を始めるという決議案が賛成多数で採択されたと報道されている。

唯一の被爆国として核廃絶を訴えているはずの日本は、これまでの採決では棄権してきたが、今回、初めて反対に転じた。

アメリカやロシアなどの核保有国や同盟国の多くは反対。

核を持つ国である中国とインドは棄権、北朝鮮は賛成した。

核兵器開発について、世界中から非難を浴びている北朝鮮だが、世界からの核廃絶に対しては、日本よりずっと積極的なようだ。

【報ステ】『核兵器禁止条約』日本は反対 なぜ?(2016/10/28 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000086597.html

「核兵器禁止」日本は賛同せず 被爆国なのにどうして?【NPT再検討会議】
The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
投稿日: 2015年05月24日
Huffington Post
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/24/npt-ban-nuclear-weapon-humanitarian-pledge_n_7429810.html

2016.10.28 10:24更新
核兵器禁止決議に日本反対 岸田文雄外相「わが国の立場に合致せず」 来年の条約交渉には参加の意向
産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280011-n1.html

これで、来年からの条約交渉開始方針が確定したとのことだが、これに関し岸田氏は「政府内で検討していくが、交渉が始まるのなら核兵器国と非核兵器国の協力を重視するという立場から、主張すべきことは主張すべきだと考えている」と述べ、日本も条約交渉に参加する意思を示したと報道されている。

反対の立場というのなら、もちろん条約を批准するつもりもないはず、その中で「交渉だけには参加する」ということであれば、それは、徹底的に妨害してやるという意思表明をしているということに過ぎない。

しかも、その急先鋒たる岸田外務大臣は、被爆地広島市の選出議員だ。

外務大臣、衆議院議員 岸田文雄
http://www.kishida.gr.jp/

広島市民はこのような動きについてなんとも思っていないのだろうか?

被爆地広島の方々が、「まあいいんじゃないですか」というなら、日本が核兵器廃絶を訴える必要性も薄れてしまうというものだ。

この夏には、安倍総理が、オバマ大統領が核先制不使用に言及しようとした際に、反対の意向を申し入れたと米紙Wasington Postで報道されたところだが、世界の核兵器廃止への動きを何とかして妨害しようという意思を日本政府がいよいよ公にも鮮明にしたといえる。

「首相、先制不使用に反対」報道 「核の傘」依存が浮き彫り
2016年8月17日 朝刊
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016081702000132.html

Opinions
U.S. allies unite to block Obama's nuclear 'legacy'
By Josh Rogin
August 14
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/allies-unite-to-block-an-obama-legacy/2016/08/14/cdb8d8e4-60b9-11e6-8e45-477372e89d78_story.html?utm_term=.5f7844653f0e

日本政府が「唯一の被爆国」という肩書を、核兵器廃絶の動きに対する妨害にしか用いないのであれば、早々にそんな肩書は捨てたらよい。

それでないと、世界から、日本人全体に対して「しらじらしい大嘘を堂々とつくずううずうしい民族」というレッテルがはられてしまうことになるだろう。
[PR]



# by touten2010 | 2016-10-29 14:18 | 核兵器 | Comments(0)

台湾が2025年に「原発ゼロ」にすることを決定


朝日新聞が、台湾が2025年に「原発ゼロ」にすることを決め、行政院(内閣)は、再生エネルギー事業への民間参画を促す電気事業法の改正案を閣議決定したと報じている。

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止
台北=鵜飼啓
2016年10月22日21時03分
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJBQ5Q7SJBQUHBI014.html

太陽光と風力発電を中心に再生エネの割合を20%まで高めることを目指すとのこと、東日本大震災後の反原発の民意を受けたもので、改正案は近く立法院(国会)で審議に入り、年内の可決を目指すと報道されている。

民主主義がまともに機能しているという点では、台湾の方が日本より上のようだ。
[PR]



# by touten2010 | 2016-10-23 09:18 | Comments(0)

鹿児島に続き原発再稼働知事が新潟にも誕生


東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点となった新潟県知事選が16日、投開票され、再稼働に慎重姿勢で、無所属新人の医師の米山隆一氏(共産、社民、自由推薦)が、同県長岡市の前市長の森民夫氏(自民、公明推薦)ら無所属新人を破って当選した。

遠のく東電再建=再稼働、展望できず-新潟県知事選で米山氏勝利
2016/10/16 Jijicom
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101600170&g=pol

保坂展人 ファンになる
世田谷区長。ジャーナリスト。
「原発再稼働を認めない」 新潟県知事選挙米山氏の勝利の意味は限りなく大きい
投稿日: 2016年10月16日 23時01分 JST 更新: 2016年10月16日 23時20分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/niigata_b_12513424.html

毎日新聞】 新潟県知事選 原発不信を受け止めよ
http://editorial.x-winz.net/ed-29433

7月の鹿児島県知事選に続き、原発立地県での再稼働慎重派知事の勝利だ。

鹿児島知事に三反園氏=原発再稼働の現職破る
(2016/07/11-03:21)
Jijicom
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071000228&g=po

知事に再稼働を止める権限はないが、少なくともこれまでの様に「地元の合意は得ています」という言い訳を政府ができなくなることはとてつもなく大きい。
[PR]



# by touten2010 | 2016-10-17 07:39 | Comments(0)

高速増殖炉「もんじゅ」廃炉決定後も続く本末転倒の核燃料サイクル維持

政府は9月21日の原子力関係閣僚会議で、今後も「高速炉」の研究開発を進めることを確認しつつ、高速増殖炉「もんじゅ」については「廃炉を含め抜本的な見直しを行い、年内に取り扱いに関する政府方針を決定」することを決定した。
もんじゅ.
廃炉へ 「高速炉」に看板掛け替え 日仏共同研究見通せず
毎日新聞2016年9月22日 東京朝刊
http://mainichi.jp/articles/20160922/ddm/002/040/111000c

もんじゅは廃止する方向だが、、核燃料サイクルの推進方針は堅持するということだから、六ケ所村の再処理工場の運転開始はあきらめるということではないので、再処理工場が動き始めれば、日本国内には行き場のないプルトニウムが大量に「増殖」していくことになる。

日本の原発推進を最初からリードしてきた「読売新聞」は社説で急いで変わりの高速炉開発を進めるべきと政府の提灯持ち解説をしているがその解説は突っ込みどころ満載だ

「高速炉が実用化されれば、ウラン資源を有効活用できる。放射性廃棄物の減量にもつながる。」(高速炉が核分裂反応の際に発生するエネルギーを使用して発電する以上、核分裂反応に比例して放射性廃棄物が増加してしまうはず、「放射性廃棄物の減量につながる」は大嘘でしょう。) 

 「原子力発電所の使用済み核燃料から、既に取り出したプルトニウム約48トンの消費が危うくなる。電力会社は、通常の原発で燃やすプルサーマルを進める方針だが、原発の再稼働は遅れている。」(そもそも原発を動かすからプルトニウムが増えるんですよね)

 核兵器に転用可能なプルトニウムの保有量が減らないと、国際社会の視線は厳しくなろう。
(再処理工場を稼働させればプルトニウムは桁外れに増えていきますが、それは問題じゃないんでしょうか?})

 日本は非核兵器保有国では例外的に、日米原子力協定でプルトニウム利用を認められている。高速炉を実現する能力がないと判断されれば、協定維持は難しい。
(そもそもプルトニウム利用をしなければ何の問題もないのでは?)

 青森県にある日本原燃の再処理工場も稼働は不可能になる。各原発で、使用済み核燃料の行き場がなくなり、新たな燃料を入れられずに、運転が止まる。こうした事態は回避せねばならない。
(原発の運転が止まれば、何より良いことなのでは?)

もんじゅ「廃炉」 核燃料サイクルを揺るがすな
2016年09月22日 06時01分
読売新聞社説
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160921-OYT1T50093.html

 読売新聞が社説で語っている中でも「高速炉の開発を行ってプルトニウム利用をしなければすべて原発を止めなければいけなくなる」ということだけは本当だ。

使用済み核燃料はいま青森県に最終的に運びこまれれているが、それは、再処理工場で処理するために運び込まれているのであって、処理されないということであれば、放射能汚染度の非常に高い放射性廃棄物が青森県内に続々と蓄積されちくことになってしまい、県内に運び込に自体を青森県から拒否されてしまうからだ。

廃炉 核燃サイクル多難 電力業界、旗降ろせず
毎日新聞2016年9月22日
http://mainichi.jp/articles/20160922/ddm/008/040/124000c

高速炉の開発が現状で「絵に描いた餅」にすぎない以上、とりあえず、使用済み核燃料を増えるのをふせぐために、即刻原発の運転を止めることがどうしても必要だ。

**********************
政治批評などのブログもやってます。
政治斜め読み
みんなの見ない視点から政治を見るとどう見えるか。
http://touten2010.seesaa.net/
[PR]



# by touten2010 | 2016-09-22 21:56 | 廃炉への行程 | Comments(0)

福島第一原発の護岸近くの地下水位が上昇し地表面に到達、港湾に高汚染水が流れ込む恐れ


福島第1原発の護岸近くで、台風16号の降雨で地下水の水位が上昇し、地表面に達したことから、高放射能汚染地下水が雨水と混じって港湾に流れ込む恐れが出てきた。

地下水上昇、地表面に=台風16号の降雨で-福島第1
jiji com
2016/09/21
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092100015&g=eqa

護岸近くの地下水は、最近でも数十万BQ/Lの全β線が計測されるなど、極端に高い放射能に汚染されている。

このような汚染水が海に流出したらどうなるか?

恐ろしい限りだ。


2016年9月17日
東京電力ホールディングス株式会社
福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果
(護岸地下水サンプリング箇所)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2016/images3/2tb-east_16091701-j.pdf
地下水観測孔

全β線 
No.1-6 380,000BQ/L
No.1-17 110,000BQ/L
1,2号機
ウェルポイント汲み上げ水 240,000BQ/L
[PR]



# by touten2010 | 2016-09-21 07:39 | 放射能汚染水の海水流出 | Comments(0)

福島原発事故の後、全ての日本人が放射能と向き合って暮らすことを運命付けられた。その一人として日々の放射能の情報を整理し、これに向き合う。
by touten2010
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
原発に対するテロについて
from 御言葉をください2
タコな話の数々
from ミクロネシアの小さな島・ヤッ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧